PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > イメージニクス、4K映像に対応したHDMI信号同軸延長器・受信器「CRO-URS2」を発売

News

イメージニクス、4K映像に対応したHDMI信号同軸延長器・受信器「CRO-URS2」を発売

2019-12-11 掲載

イメージニクス株式会社は、4K映像対応のHDMI信号同軸延長器・受信器「CRO-URS2」を2020年1月に発売する。希望小売価格は税別120,000円。

CRO-URS2は、HDMIを同軸1本で伝送する独自規格「IMG.Link」のフレームシンクロナイザー機能付受信器。入力された映像信号を4K解像度へ統一変換する。CRO-URS2を後段に接続することでIMG.Linkスイッチャー「ILSシリーズ」での切替をシームレス化可能だとしている。切替効果はフリーズ型とフェード型で選択可能。

ILSシリーズと組み合わせたシステム例

CRO-URS2の主な特長は以下の通り。

(以下、同社Webページより引用)

  • 同軸ケーブル1本で、4K HDMI信号とRS-232C信号を、最長210mの伝送。
  • 4K60p(4:4:4)、HDCP2.2対応。
  • フレームシンクロナイザー機能を装備した、IMG.Link受信器です。
  • 圧縮率は映像の解像度に応じて1/2から1/5程度のビジュアルロスレス伝送。
  • ロングリーチ動作に対応し、最長300mの伝送が可能。
  • 入力信号の解像度が変化したり、途切れたりした場合でも、本機からの 映像出力は、同一解像度で常時出力していますので、表示器に負担がかかりません。
  • 従来のIMG.Link分配器・スイッチャーを使用可能。
  • アナログ音声のデエンベデット機能装備。
  • はがきサイズのコンパクトボディ、メタルケース採用の堅牢設計。
  • 電源は外部ACアダプタより給電。
※CRO-URS2は、SILEX INSIGHT社のVC-2 HQ低遅延映像圧縮技術を採用している

[ Category : ]
[ DATE : 2019-12-11 ]
[ TAG : ]

関連する記事

イメージニクス、1入力4出力の12G-SDI分配器「ISD-U104」を発表

イメージニクス株式会社は、1入力4出力の12G-SDI分配器「ISD-U104」を2020年4月に発売する。希望小売価格は税別90,000円。 ISD-U104は、12G-S... 続きを読む

イメージニクス、HDMI信号をCAT5e/6信号に変換して最大2分配する送信器「HCE-102TX」を発売

イメージニクス株式会社は、HDMI入力、CAT5e/6出力、2分配送信器「HCE-102TX」を2020年1月に発売する。希望小売価格は税別140,000円。 HCE-102... 続きを読む

イメージニクス、4K映像に対応したHDMI信号同軸延長器・送信器「DCE-U1TX」と受信器「DCE-U1RX」を発表

イメージニクス株式会社は、4K映像対応のHDMI信号同軸延長器・送信器「DCE-U1TX」と受信器「DCE-U1RX」を2020年5月に発売する。希望小売価格はともに税別78,00... 続きを読む

[Pre-InterBEE2010]イメージニクス、新製品10機種と参考出品製品2機種を出展

写真は昨年開催時の様子 イメージニクス株式会社は、11月17日より幕張メッセで開催される「InterBEE2010」にて10機種の新製品と2機種の参考出品製品を展示する(ブース番号... 続きを読む

トップ > ニュース > イメージニクス、4K映像に対応したHDMI信号同軸延長器・受信器「CRO-URS2」を発売