PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > キヤノン、「EOS C500 Mark II」の発売日が決定

News

キヤノン、「EOS C500 Mark II」の発売日が決定

2019-12-13 掲載

キヤノンは、映像制作機器CINEMA EOS SYSTEMの新製品「EOS C500 Mark II」を2019年12月24日に発売することを発表した。希望小売価格はオープン、市場想定価格はボディーのみで税別1,760,000円前後。以前、2019年12月下旬に発売としていたもの。

EOS C500 Mark IIは、最大5.9K(5952×3140画素)の映像を記録可能な38.1mm×20.1mmのフルサイズセンサーを搭載。5.9KRAW 60Pおよび4K60P記録のほかに、2K120P記録が可能。本体寸法は約幅153mm×高さ148mm×奥行き168mm、本体質量は約1,750gと小型・軽量。また、映像の情報量を維持しながらデータサイズを軽くすることができるビデオフォーマット「Cinema RAW Light」を採用しており、外部レコーダーを使用せずにRAWデータを本体内部に記録可能。動画データを圧縮し効率的に記録する「XF-AVC」にも対応している。


[ Category : ]
[ DATE : 2019-12-13 ]
[ TAG : ]

関連する記事

キヤノン、「EOS-1D X Mark III撮影体験会」開催。内部記録可能な5.5K 12bit RAW動画を検証

txt:倉田良太 構成:編集部 キヤノンマーケティングジャパンは、東京都町田市にて、EOS-1D X Mark III(以下:1D X Mark III)を体験できる撮影体験... 続きを読む

[CP+2020]キヤノン、8K動画撮影対応のフルサイズミラーレスカメラ「EOS R5」と「RFレンズ」を開発

「EOS R5」 キヤノンは、「EOS Rシステム」のフルサイズミラーレスカメラ「EOS R5」の開発を発表した。2020年中の発売を目指し、その他にも計9機種のRFレンズの... 続きを読む

キヤノン、小型・軽量標準ズームレンズ「RF24-105mm F4-7.1 IS STM」を発表

キヤノンは、同社の交換レンズ「RFレンズ」の新製品として、小型・軽量標準ズームレンズ「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」を2020年4月に発売する。希望小売価格はオ... 続きを読む

キヤノン、カメラとつながるクラウドプラットフォーム「image.canon」を発表

キヤノンは、カメラとつながり、PC、スマホ、外部のWebサービスと連携するクラウドプラットフォーム「image.canon」を2020年4月上旬に開始する。 サービスイメ... 続きを読む

キヤノン、4K UHD動画撮影可能な「EOS Kiss X10i」を発表

キヤノンは、同社のEOS Kiss X9iの後継モデルとして「EOS Kiss X10i」を2020年4月下旬に発売する。希望小売価格はオープン。同社オンラインショップでの販売価格... 続きを読む

トップ > ニュース > キヤノン、「EOS C500 Mark II」の発売日が決定