PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > キヤノン、Sumire Primeシリーズ焦点距離135mm「CN-E135mm T2.2 FP X」の発売日が決定

News

キヤノン、Sumire Primeシリーズ焦点距離135mm「CN-E135mm T2.2 FP X」の発売日が決定

2019-12-13 掲載

キヤノンは、PLマウントを採用したデジタルシネマカメラ用単焦点レンズシリーズSumire Primeの「CN-E135mm T2.2 FP X」を2019年12月24日に発売することを発表した。希望小売価格はオープン、市場想定価格は税別750,000円前後。以前、2019年12月下旬に発売としていたもの。

Sumire Prime Lensシリーズは、スーパー35mm相当、35mmフルサイズのセンサーサイズに対応する、PLマウントを採用した単焦点レンズ。独自の光学設計により、芯があり、かつやわらかな映像描写を実現。11枚絞り羽根の採用により背景になめらかに溶け込むようなボケ感をもたらし、印象深いシーンを情緒豊かに表現するとしている。焦点距離135mmとしては小型軽量。また、操作性にも配慮しており、フォーカスの回転角(操作角度)は約300°と大きく、微妙なピント合わせが容易。


[ Category : ]
[ DATE : 2019-12-13 ]
[ TAG : ]

関連する記事

キヤノン、「EOS-1D X Mark III撮影体験会」開催。内部記録可能な5.5K 12bit RAW動画を検証

txt:倉田良太 構成:編集部 キヤノンマーケティングジャパンは、東京都町田市にて、EOS-1D X Mark III(以下:1D X Mark III)を体験できる撮影体験... 続きを読む

[CP+2020]キヤノン、8K動画撮影対応のフルサイズミラーレスカメラ「EOS R5」と「RFレンズ」を開発

「EOS R5」 キヤノンは、「EOS Rシステム」のフルサイズミラーレスカメラ「EOS R5」の開発を発表した。2020年中の発売を目指し、その他にも計9機種のRFレンズの... 続きを読む

キヤノン、小型・軽量標準ズームレンズ「RF24-105mm F4-7.1 IS STM」を発表

キヤノンは、同社の交換レンズ「RFレンズ」の新製品として、小型・軽量標準ズームレンズ「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」を2020年4月に発売する。希望小売価格はオ... 続きを読む

キヤノン、カメラとつながるクラウドプラットフォーム「image.canon」を発表

キヤノンは、カメラとつながり、PC、スマホ、外部のWebサービスと連携するクラウドプラットフォーム「image.canon」を2020年4月上旬に開始する。 サービスイメ... 続きを読む

キヤノン、4K UHD動画撮影可能な「EOS Kiss X10i」を発表

キヤノンは、同社のEOS Kiss X9iの後継モデルとして「EOS Kiss X10i」を2020年4月下旬に発売する。希望小売価格はオープン。同社オンラインショップでの販売価格... 続きを読む

トップ > ニュース > キヤノン、Sumire Primeシリーズ焦点距離135mm「CN-E135mm T2.2 FP X」の発売日が決定