PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ライカ、大口径で単焦点の望遠レンズ「ライカ ズミルックスM f1.5/90mm ASPH.」を発売

News

ライカ、大口径で単焦点の望遠レンズ「ライカ ズミルックスM f1.5/90mm ASPH.」を発売

2019-12-13 掲載

ライカカメラ社(以下:ライカ)は、Mレンズのラインアップを拡充する新製品として、大口径で単焦点の望遠レンズ「ライカ ズミルックスM f1.5/90mm ASPH.」を2019年12月21日に発売する。希望小売価格は税別1,500,000円。

ライカズミルックスM f1.5/90mm ASPH.は、さまざまなジャンルでクリエイティブな表現ができるレンズ。ポートレート撮影では被写界深度を浅くして人物だけを際立たせたり、人物のシャープな部分からソフトに背景までぼかすこともできるという。

焦点距離は中望遠といえる90mmで、ポートレート撮影に最適。開放F値はF1.5と明るく、定常光での撮影にも対応している。最短撮影距離も短いため、被写体に近づいて細部をとらえることも可能。

ライカ ズミルックスM f1.5/90mm ASPH.の光学デザインは複雑な構造で、レンズは6群8枚で構成されており、そのうち2枚は特殊なガラスを使用した非球面レンズを使用。フローティングシステムも採用し、全撮影距離において高画質の実現が可能だという。

また、明るいレンズでは回避できない口径食や歪曲収差なども、実用レベルでは問題にならない程度にまで抑えている。レンズフードは内蔵式で、素早く簡単に引き出し固定して使用可能。

最短撮影距離は1m、最大撮影倍率は1:8.8で、ポートレート撮影に適している。90mmの中望遠レンズとしては明るく、その光学設計と構造は「ライカ ノクティルックスM f1.25/75mm ASPH.」に似ており、被写界深度も同程度で、「ライカ ノクティルックスM f0.95/50mm ASPH.」の半分程度と浅くなっているという。


[ Category : ]
[ DATE : 2019-12-13 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ライカカメラ、モノクローム撮影専用レンジファインダー式デジタルカメラ「ライカM10モノクローム」を発売

ライカカメラは、モノクローム撮影専用レンジファインダー式デジタルカメラの次世代モデルとして「ライカM10モノクローム」を2020年1月25日に発売する。希望小売価格は税別1,050... 続きを読む

LeicaとInsta360、戦略的パートナーシップを締結。アクションカメラ「Insta360 ONE R」を共同開発

Insta360 Japan株式会社(以下:Insta360)とLeica Camera AG(以下:Leica)は、長期的なパートナーシップの締結を発表した。 アクションカメラ... 続きを読む

ライカ、「ライカM10-P」特別限定モデル2機種を発売

ライカカメラ社は、同社のレンジファインダー式カメラシステム「ライカMシステム」の「ライカM10-P」の特別限定モデルとして、「ライカM10–P“White”」および「ライカM10-... 続きを読む

[Report Now!]新型Lマウントフルフレームカメラ「Leica SL2」国内発表

txt:手塚一佳 構成:編集部 2019年11月13日。銀座にあるライカプロフェッショナルストア東京にて、ライカカメラ社の新型Lマウントフルフレームカメラ「Leica SL2... 続きを読む

ライカ、ミラーレスシステムカメラ「ライカSL2」を発売

ライカカメラ社(以下:ライカ)は、ライカSLシステムの次世代モデル「ライカSL2」を2019年11月末に発売する。希望小売価格は税込891,000円。 ライカSL2は、ドイツ... 続きを読む

トップ > ニュース > ライカ、大口径で単焦点の望遠レンズ「ライカ ズミルックスM f1.5/90mm ASPH.」を発売