PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > Blackmagic Design製品事例:ライブ音楽&メディア会社Dayglo Presentsの場合

News

Blackmagic Design製品事例:ライブ音楽&メディア会社Dayglo Presentsの場合

2019-12-20 掲載

Blackmagic Designの発表によると、Dayglo Presentsがライブプロダクションおよびライブストリーミング・ワークフローにBlackmagic Design製品を使用しているという。これには、同社の所有する会場で行うコンサートやツアーなども含まれ、これまでにVulfpeck、テデスキ・トラックス・バンド、Trey Anastasio Band、Dead & Company、Phil Lesh and Friends、プライマス、Jason Isbell、Jason Isbell and the 400 Unit、The Marcus King Band、チャック・リーヴェルなどのプロダクションを手掛けてきた。

Dayglo Presentsは、ニューヨークを拠点とするライブ音楽&メディア会社で、独立音楽プロモーターのピーター・シャピーロ氏により創立された。同社では、Blackmagic DesignのATEMライブプロダクションスイッチャー、HyperDeck放送デッキ、Videohubルーター、SmartViewモニター、DeckLinkキャプチャー・再生カードなどを使用して、同社の所有する会場や担当プロジェクトで年間500公演を扱っている。これには、マディソン・スクエア・ガーデン、ラジオシティ・ミュージックホール、Civic Theatre、Gramercy Theater、アポロ・シアター、Lockn’ Festival、The Scoot Innでの公演に加え、ニューヨーク州ポートチェスターにある著名なコンサート会場であるThe Capitol Theatreや、ニューヨーク州ウィリアムズバーグとネバダ州ラスベガスに展開するBrooklyn Bowlにおける固定インスタレーションも含まれる。Brooklyn Bowlは、音楽、ボーリング場、地ビール、名高いBlue Ribbonレストラングループの食事を融合させた複合施設。また、雑誌「Relix」および音楽サイトRelix.comとJambands.comで知られるRelix Media Groupとも仕事を行なっている。

テキサス州オースティンのコンサート・フィルム技術会社TourGigsが、Dayglo Presentsの移動ビデオキット構築の支援、The Capitol TheatreおよびラスベガスのBrooklyn Bowlのストリーミングソリューションに関するアドバイスを行なった。

Dayglo Presentsのマーケティングおよびデジタル戦略部長ジョナサン・ヒーリー氏は次のようにコメントしている。

DaygloとRelixは、ATEM 1 M/E Production Studio 4K、HyperDeck Studio、DeckLink Studio 4Kで構成される移動ビデオシステムを所有しており、10台のHyperDeck Studio Miniを先日追加しました。

このフライパックを使用して、ツアーで60公演以上、Relix MagazineのThe Relix Sessionsのビデオを100本以上ライブストリーミングしました。コンテンツは、The Relix Channel、YouTube、Facebookやその他のSNSチャンネルでストリーミングされています。

多数のプロジェクトを扱っているため、常に移動を続けているので、Blackmagic Design製品の柔軟性と使いやすさを本当に気に入っています。例えば、ラジオシティ・ミュージックホールで先日行われた「イージー・ライダー」の50周年記念イベントに、このフライパックを使用しました。バンドが映画のサウンドトラックを生演奏する中、映画とIMAGの切り替えをATEMで実行しました。また、先日フライパックに追加したHyperDeck Studio MiniでISO収録を行いました。HyperDeck Studio Miniは、ツアーで使用していない時は、The Capitol Theatreに設置されています。

1,800席を有する劇場The Capitol Theatreでは、モニタリングにSmartView Duo、17台のモニターからのフィードのルーティングにSmart Videohub 20×20を使用している。HyperDeck Studio Miniは、10台のカメラのISO収録に使用されている。

32レーンのボーリングレーンと収容人数2000人のイベント会場を有する、ラスベガスのBrooklyn Bowlでも同様のアプローチが取られた。ATEM 4 M/E Broadcast Studio 4KとATEM 2 M/E Broadcast Panelを1台ずつ、5台のHyperDeck Studioが会場のSNSチャンネルで公演をライブストリーミングするために使用され、収録および会場内に設置された45台のモニターへの送信にも使われた。これにより、各ボーリングレーンの端に設置された3mのビデオウォールにもイメージが映し出された。

ポストプロダクションでDaVinci Resolve Studioを使用し、VODやアーティストのマネジメント用にショットの選択を行いました。Blackmagic Designを全ての面にわたって使用しました。単純に、きちんと機能するからです。手頃な価格でトップレベルの性能を提供してくれます。また、新しいプロジェクトに取り組むに当たって、常に新しい使用方法を見出すことができる製品です。


[ Category : ]
[ DATE : 2019-12-20 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ブラックマジックデザイン、「DaVinci Resolve Monthly SAMPLER Vol.9」を開催。テーマはDaVinci Resolveの編集ページ

Blackmagic Designは、2020年2月27日に「DaVinci Resolve Monthly SAMPLER Vol.9 EDIT, CUT, Editor Key... 続きを読む

Blackmagic Design製品事例:クリエイティブエージェンシーのバーチャルスタジオセットの場合

Blackmagic Designの発表によると、イタリアのクリエイティブエージェンシーViSo Video Solutionsが、Ultimatte 12合成プロセッサーおよびU... 続きを読む

Blackmagic Design製品事例:株式会社鉄人化計画のカラオケ機器集中管理システムの場合

Blackmagic Designの発表によると、「カラオケの鉄人」を運営する株式会社鉄人化計画がカラオケ機器の集中管理システムにUniversal Videohub 72およびS... 続きを読む

DaVinci Resolve Studio/Editor Keyboard事例:ドイツのテレビ番組「Quatsch Comedy Club」の場合

Blackmagic Designの発表によると、ドイツのスタンダップコメディ番組「Quatsch Comedy Club」が、DaVinci Resolve Studioで編集お... 続きを読む

ブラックマジックデザイン、「DaVinci Resolve Monthly SAMPLER Vol.8」を開催。DaVinci ResolveからみたMac Pro/Pro Display XDRの魅力を紹介

ブラックマジックデザインは、2020年1月30日に「DaVinci Resolve Monthly SAMPLER Vol.8 Power to change everything... 続きを読む

トップ > ニュース > Blackmagic Design製品事例:ライブ音楽&メディア会社Dayglo Presentsの場合