PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > LeicaとInsta360、戦略的パートナーシップを締結。アクションカメラ「Insta360 ONE R」を共同開発

News

LeicaとInsta360、戦略的パートナーシップを締結。アクションカメラ「Insta360 ONE R」を共同開発

2020-01-07 掲載

Insta360 Japan株式会社(以下:Insta360)とLeica Camera AG(以下:Leica)は、長期的なパートナーシップの締結を発表した。 アクションカメラと360°カメラの領域において、本格的な技術革新と最先端の画像品質を実現することが目標だとしている。

パートナーシップ締結に伴い、LeicaとInsta360はアクションカメラ「Insta360 ONE R」を共同開発した。5.3Kの高画質と1インチセンサーのダイナミックレンジをInsta360の特徴であるFlowState手ブレ補正と結合たオプションをユーザーに提供。また、レンズは交換可能なモジュール構造のため、この5.3K広角モジュールを簡単にあらゆる角度を捉える360°モジュールに交換し、様々なクリエイティブテクニックを駆使して360°でのみ可能なビューも撮影できるとしている。

LeicaのCEO Matthias Harsch氏は次のようにコメントしている。

数十年にわたって蓄積してきたLeicaの光学およびデジタルイメージングにおける専門知識を新しい分野の製品に取り入れるための適切なパートナーを見つけました。Insta360はソフトウェア分野、とりわけ360°撮影の技術領域において非常にハイレベルなノウハウを持っています。今回のパートナーシップ締結の目的は、テクノロジーの可能性を最大限に引き出し、最高水準の画像および品質を実現できる環境下において、革新的な技術開発をすることにあります。

Insta360創業者のJK Liu(劉靖康)氏は次のようにコメントしている。

1世紀以上にわたって、Leicaはカメラの可能性を追求し続けてきました。職人技と品質のリード精神を一貫して、写真家へ創作のインスピレーションを与え続けてきました。撮影から編集、そして共有まで、創作プロセスのあらゆる段階においてユーザーにベストな体験をもたらすことを目標とした次世代カメラを開発するにあたって、Leicaが理想なパートナーだと確信しています。Leicaの光学的専門知識とInsta360のジンバルなしで実現する手ブレ補正技術やスマート編集技術の結合によって、両社は旧態依然なこの領域を刷新し、新しいカメラフォーマットの作りと撮影モードの可能性を最大限に引き出してまいります。


[ Category : ]
[ DATE : 2020-01-07 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ライカ、Mレンズの新カラー1本と、特別限定レンズ2本を発売

ライカカメラ社(以下:ライカ)は、Mレンズのラインアップを拡充する「ライカ アポ・ズミクロンM f2/75mm ASPH.」の新カラーとしてシルバーアルマイト仕上げと、本体カラーに... 続きを読む

ライカカメラ、モノクローム撮影専用レンジファインダー式デジタルカメラ「ライカM10モノクローム」を発売

ライカカメラは、モノクローム撮影専用レンジファインダー式デジタルカメラの次世代モデルとして「ライカM10モノクローム」を2020年1月25日に発売する。希望小売価格は税別1,050... 続きを読む

Insta360、レンズ交換可能なアクションカメラ「Insta360 ONE R」を発売

Insta360 Japan株式会社(以下:Insta360)は、レンズ交換可能なアクションカメラ「Insta360 ONE R」(以下:ONE R)を発表した。ラインナップと希望... 続きを読む

ライカ、「ライカM10-P」特別限定モデル2機種を発売

ライカカメラ社は、同社のレンジファインダー式カメラシステム「ライカMシステム」の「ライカM10-P」の特別限定モデルとして、「ライカM10–P“White”」および「ライカM10-... 続きを読む

ライカ、大口径で単焦点の望遠レンズ「ライカ ズミルックスM f1.5/90mm ASPH.」を発売

ライカカメラ社(以下:ライカ)は、Mレンズのラインアップを拡充する新製品として、大口径で単焦点の望遠レンズ「ライカ ズミルックスM f1.5/90mm ASPH.」を2019年12... 続きを読む

トップ > ニュース > LeicaとInsta360、戦略的パートナーシップを締結。アクションカメラ「Insta360 ONE R」を共同開発