PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命 ――人は明日どう生きるのか」が開催中

News

「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命 ――人は明日どう生きるのか」が開催中

2020-01-10 掲載

2019年11月19日~2020年3月29日の期間中、森美術館にて、「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命 人は明日どう生きるのか」が開催中だ。入館料は一般1,800円、学生(高校・大学生)1,200円、子供(4歳~中学生)600円、シニア(65歳以上)1,500円。

同展示会は、「都市の新たな可能性」「ネオ・メタボリズム建築へ」「ライフスタイルとデザインの革新」「身体の拡張と倫理」「変容する社会と人間」の5つのセクションで構成されており、100点を超えるプロジェクトや作品を紹介している。AI、バイオ技術、ロボット工学、AR(拡張現実)など最先端のテクノロジーとその影響を受けて生まれたアート、デザイン、建築を通して、近未来の都市、環境問題からライフスタイル、そして社会や人間のあり方を一緒に考える展示会となっている。

未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命 ――人は明日どう生きるのか


[ Category : ]
[ DATE : 2020-01-10 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ティッフェンと銀一、「Steadicam Bronze Workshop 2020 Tokyo」を開催

ティッフェン・インターナショナル社と銀一株式会社は、2020年3月10日~11日の2日間で「Steadicam Bronze Workshop 2020 Tokyo」を開催する。会... 続きを読む

2019年の「社会映画」をめぐる、次なる対話のための上映&シンポジウム「Social Cinema Social Club」が開催

NOddIN 4th Exhibitionのイベントとして、2019年のすぐれた「社会映画」を上映し、映画製作者同士と市民との対話を試みるシンポジウム「Social Cinema ... 続きを読む

日本の風景を題材としたフォトコンテスト「Adobe × JNTO Present EXPLORE JAPAN LIGHTROOM CONTEST」が開催

アドビ システムズ 株式会社(以下:アドビ)と日本政府観光局(以下:JNTO)は、フォトコンテスト「Adobe × JNTO Present EXPLORE JAPAN LIGHT... 続きを読む

「世界のクリエイティブがやってきた!2019」展が開催

アドミュージアム東京(東京・汐留)は、2020年3月21日まで「世界のクリエイティブがやってきた!2019」展を開催している。 同展示会は、期間中、ロンドン、カンヌ、ニューヨーク... 続きを読む

アドビとワコム、アニメ制作を描いた話題作「映像研には手を出すな!」とスペシャルコラボコンテストを開催

アドビ システムズ 株式会社と株式会社ワコムは、マンガ「映像研には手を出すな!」(大童澄瞳氏原作)のアニメ化を受け、同作品と「映像研には手を出すな!×アドビ×ワコム スペシャルコラ... 続きを読む

トップ > ニュース > 「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命 ――人は明日どう生きるのか」が開催中