PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. 「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命 ――人は明日どう生きるのか」が開催中
News

「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命 ――人は明日どう生きるのか」が開催中

#EVENT #AI

2020-01-10 掲載

2019年11月19日~2020年3月29日の期間中、森美術館にて、「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命 人は明日どう生きるのか」が開催中だ。入館料は一般1,800円、学生(高校・大学生)1,200円、子供(4歳~中学生)600円、シニア(65歳以上)1,500円。

同展示会は、「都市の新たな可能性」「ネオ・メタボリズム建築へ」「ライフスタイルとデザインの革新」「身体の拡張と倫理」「変容する社会と人間」の5つのセクションで構成されており、100点を超えるプロジェクトや作品を紹介している。AI、バイオ技術、ロボット工学、AR(拡張現実)など最先端のテクノロジーとその影響を受けて生まれたアート、デザイン、建築を通して、近未来の都市、環境問題からライフスタイル、そして社会や人間のあり方を一緒に考える展示会となっている。

未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命 ――人は明日どう生きるのか


[ Category : ]
[ DATE : 2020-01-10 ]
[ TAG : ]

関連する記事

アスクとEIZO、「HDR制作ワークフローに関する無料Webセミナー」を開催

株式会社アスク メディア&エンタープライズ事業部(アスク・エムイー)とEIZO株式会社は共催で、「HDR制作ワークフローに関する無料Webセミナー」を2020年8月20日に開催する... 続きを読む

オーディオストックとスペースシャワーネットワークが共同でオンラインセミナー「実践!放送&配信でおさえておきたい著作権」を開催

ストックミュージックサービス「Audiostock」を運営する株式会社オーディオストックは、株式会社スペースシャワーネットワー クと共同で、放送業界や映像制作業界の人を対象にした... 続きを読む

ソニー、「SSFF & ASIA」のオフィシャルコンペティションを2021年度もサポート。新たに「スマートフォン映画作品部門」を始動

ソニーは、米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア(以下:SSFF & ASIA)」が2020年8月1日より作品募集を開始... 続きを読む

RODE、短編映画コンテスト「My RØDE Reel」を開催

豪州RODE MICROPHONES社は、今年で7回目を迎える短編映画コンテスト「My RØDE Reel」を開催する。応募期限は2020年10月7日午前10時(日本時間)まで、受... 続きを読む

ソニー、ジャンルの垣根を超えデジタルエンターテインメントの新たな才能を発掘する「Sony Talent League by THU」を開催

ソニーは、クリエイティブコミュニティ「Trojan Horse was a Unicorn(THU)」とともに、2020年7月31日~10月19日の期間中、ジャンルの垣根を超えデジ... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. 「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命 ――人は明日どう生きるのか」が開催中