PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 北欧の映画作家の新旧作・劇場未公開作品を上映する「トーキョー ノーザンライツ フェスティバル 2020」が開催

News

北欧の映画作家の新旧作・劇場未公開作品を上映する「トーキョー ノーザンライツ フェスティバル 2020」が開催

2020-02-07 掲載

2020年2月8日~2月14日までの期間中、「トーキョー ノーザンライツ フェスティバル 2020」が開催される。会場はユーロスペース&アップリンク渋谷。チケットは各作品上映3日前より、劇場Webサイト、窓口にて販売開始する。

同映画祭では、北欧の映画作家の新旧作・劇場未公開作品を上映。今年で10周年を迎える。上映プログラム「スペシャル・アンコール」では、第1回開催時に上映された「ショー・ミー・ラヴ」(デジタルリマスター版)、「初期傑作選」では、カール・ドライヤーが切望した企画を、トリアー監督が新解釈を加えて映像化した「メディア」、ミカ・カウリスマキ氏が監督、アキ・カウリスマキ氏が脚本・主演を務めた「嘘つき」を上映予定。スウェーデン出身のアンナ・オデル監督にフォーカスを当てる特集では、北欧のトップ俳優たちが結集した「X&Y」と「同窓会アンナの場合」。さらに、“スウェーデン映画の父”ビクトル・シェストレムの初期傑作「生恋死恋」が、ピアニスト・柳下美恵氏の伴奏付で上映される。

「アンデルセン短編集」では、学研のアート・アニメーション「マッチ売りの少女」「王様とナイチンゲール」「みにくいアヒルの子」「雪の女王」。「北欧パノラマ」では、サンダンス映画祭観客賞を獲得した「クィーン・オブ・ハーツ(原題)」のほか、「HARAJUKU」「ザ・コミューン」「ホワイト、ホワイト・デイ」「ロード・オブ・カオス」「サイコピッチ」「陰謀のデンマーク」「ディスコ」といったジャパンプレミア&劇場未公開作品上映予定。

トーキョー ノーザンライツ フェスティバル 2020


[ Category : ]
[ DATE : 2020-02-07 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ブラックマジックデザイン、「DaVinci Resolve Monthly SAMPLER Vol.9」を開催。テーマはDaVinci Resolveの編集ページ

Blackmagic Designは、2020年2月27日に「DaVinci Resolve Monthly SAMPLER Vol.9 EDIT, CUT, Editor Key... 続きを読む

「特別上映 ダムタイプ」が開催。ダムタイプによるパフォーマンス作品の記録映像を上映

2020年3月1日までの期間中、東京・新宿にあるNTTインターコミュニケーション・センター(ICC)4階シアターにて「特別上映 ダムタイプ」が開催中だ。入場料は無料。 ダムタ... 続きを読む

小池健輔&トーマス・ソヴァン展「No More No Less」が開催

3月21日までの期間中、アートフォト専門ギャラリー「IMA gallery」にて小池健輔氏とトーマス・ソヴァン氏による展覧会「No More No Less」が開催中だ。入場料は無... 続きを読む

「第38回専門学校映像フェスティバル」が開催

2020年2月20~21日に、東京都美術館 講堂にて「第38回専門学校映像フェスティバル」が開催される。入場料は無料。 同フェスティバルでは、東京都内の映像系専門学校生が制作... 続きを読む

「新虎CINEMA LOUNGE 映画好きのための映画交流会」が開催。第1回目のテーマは「A24」

太陽企画株式会社のオウンドメディアチームCINEMOREは、2020年2月19日に「新虎CINEMA LOUNGE 映画好きのための映画交流会」を開催する。会場は東京・新橋にあるT... 続きを読む

トップ > ニュース > 北欧の映画作家の新旧作・劇場未公開作品を上映する「トーキョー ノーザンライツ フェスティバル 2020」が開催