PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 北欧の映画作家の新旧作・劇場未公開作品を上映する「トーキョー ノーザンライツ フェスティバル 2020」が開催

News

北欧の映画作家の新旧作・劇場未公開作品を上映する「トーキョー ノーザンライツ フェスティバル 2020」が開催

2020-02-07 掲載

2020年2月8日~2月14日までの期間中、「トーキョー ノーザンライツ フェスティバル 2020」が開催される。会場はユーロスペース&アップリンク渋谷。チケットは各作品上映3日前より、劇場Webサイト、窓口にて販売開始する。

同映画祭では、北欧の映画作家の新旧作・劇場未公開作品を上映。今年で10周年を迎える。上映プログラム「スペシャル・アンコール」では、第1回開催時に上映された「ショー・ミー・ラヴ」(デジタルリマスター版)、「初期傑作選」では、カール・ドライヤーが切望した企画を、トリアー監督が新解釈を加えて映像化した「メディア」、ミカ・カウリスマキ氏が監督、アキ・カウリスマキ氏が脚本・主演を務めた「嘘つき」を上映予定。スウェーデン出身のアンナ・オデル監督にフォーカスを当てる特集では、北欧のトップ俳優たちが結集した「X&Y」と「同窓会アンナの場合」。さらに、“スウェーデン映画の父”ビクトル・シェストレムの初期傑作「生恋死恋」が、ピアニスト・柳下美恵氏の伴奏付で上映される。

「アンデルセン短編集」では、学研のアート・アニメーション「マッチ売りの少女」「王様とナイチンゲール」「みにくいアヒルの子」「雪の女王」。「北欧パノラマ」では、サンダンス映画祭観客賞を獲得した「クィーン・オブ・ハーツ(原題)」のほか、「HARAJUKU」「ザ・コミューン」「ホワイト、ホワイト・デイ」「ロード・オブ・カオス」「サイコピッチ」「陰謀のデンマーク」「ディスコ」といったジャパンプレミア&劇場未公開作品上映予定。

トーキョー ノーザンライツ フェスティバル 2020


[ Category : ]
[ DATE : 2020-02-07 ]
[ TAG : ]

関連する記事

Insta360、動画コンテスト「Let’s GO Spring」を開催

Insta360 Japan株式会社は、2020年4月20日までの期間中、動画コンテスト「Let’s GO Spring」を開催中だ。 同コンテストの募集テーマは... 続きを読む

ソニー、次世代クリエイター活躍の場を世界へと拓く「Sony Creators Gate」の2つの新しいプロジェクトが始動

ソニーは、次世代を担うクリエイターの育成を推進する活動プラットフォーム「Sony Creators Gate(ソニークリエイターズゲート)」をさらに深化させる取り組みとして、米国ア... 続きを読む

48時間で短編映画を製作するショートフィルムのコンペティション「The TOKYO 48 Hour Film Project 2020」が開催

東京を中心に関東で活躍する映像クリエイター達が集い、どのチームが48時間で最も優れたショートフィルムを作るのかを競い合う「The TOKYO 48 Hour Film Projec... 続きを読む

[CP+2020]ニコン、ライブ配信「CP+2020 SPECIAL LIVE by Nikon」を実施

株式会社ニコンの子会社、株式会社ニコンイメージングジャパンは、2020年3月28日・29日の2日間にわたり、「CP+2020」で予定していた様々なジャンルで活躍する多数の写真家、ニ... 続きを読む

「地獄の黙示録 ファイナル・カット」がドルビーシネマ他にてアンコール上映決定

2020年4月17日より、丸の内ピカデリー、ミッドランドスクエア シネマ、MOVIXさいたま、MOVIX京都、梅田ブルク7、T-JOY博多の「ドルビーシネマ」にて、「地獄の黙示録 ... 続きを読む

トップ > ニュース > 北欧の映画作家の新旧作・劇場未公開作品を上映する「トーキョー ノーザンライツ フェスティバル 2020」が開催