PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > キヤノン、カメラとつながるクラウドプラットフォーム「image.canon」を発表

News

キヤノン、カメラとつながるクラウドプラットフォーム「image.canon」を発表

2020-02-13 掲載

キヤノンは、カメラとつながり、PC、スマホ、外部のWebサービスと連携するクラウドプラットフォーム「image.canon」を2020年4月上旬に開始する。

サービスイメージ(iOS/Androidアプリをリリース予定)

image.canonは、カメラとクラウドが一体化する「コネクテッド・カメラ」をコンセプトとした新しいクラウドプラットフォーム。開発中の「EOS R5」をはじめ、今後発売予定の自動転送機能搭載のカメラでは、電源を入れるだけで、容量を気にせずに、静止画・動画をオリジナル画質のままimage.canonに自動転送でき、30日間保管できるようになる。30日経過後もオリジナル画質の静止画・動画をimage.canonに保管したい場合は、10GBのストレージへの移行操作を行うことで長期間保管が可能。なお、EOS R5より前に発売されたWi-Fi対応のカメラは、2020年4月のサービス開始時から手動で選択してアップロードが可能。

外部のWebサービスへ自動転送可能

2020年4月のサービス開始時には、image.canonから「Google Drive」などへ自動で静止画・動画が転送行える。2020年6月からは、クラウドストレージサービス「Google One」(メンバーシッププラン)を介した「Google Photos」ならびに「Adobe Creative Cloud」(メンバーシッププラン)との連携を予定。自動転送された静止画は、連携先のサービスやアプリ上でオリジナル画質のまま編集できるほか、保管や共有も容易になるとしている。

今後、AIや5Gを活用し、例えば、屋外イベントで撮影された写真や映像を遠隔地でリアルタイムに楽しむことや、クラウド上でのRAW編集、撮影者の好みに合わせた撮影をアシストするなど、カメラと双方向につながることで新たなカメラの楽しみ方、撮影方法を提供していく予定だとしている。

なお、image.canonは現行サービス「CANON iMAGE GATEWAYオンラインアルバムサービス」の後継サービスのため、現行サービスは2020年3月中旬に終了となる。4月のサービス開始時まではデータ移行期間のため、移行が完了するまで、オンラインアルバムにアップロード済の全ての静止画・動画ファイルおよびアルバムはアクセスができなくなる。


[ Category : ]
[ DATE : 2020-02-13 ]
[ TAG : ]

関連する記事

キヤノン、「EOS-1D X Mark III撮影体験会」開催。内部記録可能な5.5K 12bit RAW動画を検証

txt:倉田良太 構成:編集部 キヤノンマーケティングジャパンは、東京都町田市にて、EOS-1D X Mark III(以下:1D X Mark III)を体験できる撮影体験... 続きを読む

[CP+2020]キヤノン、8K動画撮影対応のフルサイズミラーレスカメラ「EOS R5」と「RFレンズ」を開発

「EOS R5」 キヤノンは、「EOS Rシステム」のフルサイズミラーレスカメラ「EOS R5」の開発を発表した。2020年中の発売を目指し、その他にも計9機種のRFレンズの... 続きを読む

キヤノン、小型・軽量標準ズームレンズ「RF24-105mm F4-7.1 IS STM」を発表

キヤノンは、同社の交換レンズ「RFレンズ」の新製品として、小型・軽量標準ズームレンズ「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」を2020年4月に発売する。希望小売価格はオ... 続きを読む

キヤノン、4K UHD動画撮影可能な「EOS Kiss X10i」を発表

キヤノンは、同社のEOS Kiss X9iの後継モデルとして「EOS Kiss X10i」を2020年4月下旬に発売する。希望小売価格はオープン。同社オンラインショップでの販売価格... 続きを読む

キヤノン、超高感度多目的カメラ「ME20F-SH」がテクノロジー&エンジニアリングエミー賞を受賞

キヤノンは、同社の超高感度多目的カメラ「ME20F-SH」が評価され、全米テレビ芸術科学アカデミーより、第71回目となるテクノロジー&エンジニアリングエミー賞を受賞したことを発表し... 続きを読む

トップ > ニュース > キヤノン、カメラとつながるクラウドプラットフォーム「image.canon」を発表