PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > キヤノン、小型・軽量標準ズームレンズ「RF24-105mm F4-7.1 IS STM」を発表

News

キヤノン、小型・軽量標準ズームレンズ「RF24-105mm F4-7.1 IS STM」を発表

2020-02-13 掲載

キヤノンは、同社の交換レンズ「RFレンズ」の新製品として、小型・軽量標準ズームレンズ「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」を2020年4月に発売する。希望小売価格はオープン、同社オンラインショップでの販売予定価格は税別60,000円。

RF24-105mm F4-7.1 IS STMは同じズーム域を持つEF24-105mm F3.5-5.6 IS STMに比べて、全長約15%の短縮化と質量約25%の軽量化を実現。カメラ側の撮像面近くに大口径レンズを配置し、「非球面レンズ」1枚を含む11群13枚の光学設計により、広角24mmから望遠105mmのズーム全域で画面の中心部から周辺部まで高画質に写真や映像の撮影が可能。

リードスクリュータイプのステッピングモーター(STM)を採用し、「EOS Rシステム」のミラーレスカメラに搭載している「デュアルピクセルCMOS AF」との組み合わせにより、静止画撮影時は高速・高精度なAFを、動画撮影時は被写体の動きに合わせた滑らかなAFを実現。シャッタースピード換算で約5段分の高い手ブレ補正効果を実現し、薄暗い室内や夜景など手ブレが発生しやすいシーンでも快適な撮影が可能。

リアフォーカス方式を採用するとともに、フォーカス群を含む後方のレンズ構成を最適化したことで、AF撮影時に最短撮影距離0.2mと最大撮影倍率0.4倍を実現し、近接撮影が可能。また、MF撮影時は「Center Focus Macro」機能により、最短撮影距離(撮像面から被写体までの距離)0.13mと最大撮影倍率0.5倍を実現し、レンズ先端から最短約2.5cmまで被写体に近づいて撮影することができる。

「Center Focus Macro」機能を使用するとレンズ先端から約2cmぐらいまで近づくことができる 女の子の顔にピントがきて、周りが少しボケているのがわかる

[ Category : ]
[ DATE : 2020-02-13 ]
[ TAG : ]

関連する記事

キヤノン、「EOS-1D X Mark III撮影体験会」開催。内部記録可能な5.5K 12bit RAW動画を検証

txt:倉田良太 構成:編集部 キヤノンマーケティングジャパンは、東京都町田市にて、EOS-1D X Mark III(以下:1D X Mark III)を体験できる撮影体験... 続きを読む

[CP+2020]キヤノン、8K動画撮影対応のフルサイズミラーレスカメラ「EOS R5」と「RFレンズ」を開発

「EOS R5」 キヤノンは、「EOS Rシステム」のフルサイズミラーレスカメラ「EOS R5」の開発を発表した。2020年中の発売を目指し、その他にも計9機種のRFレンズの... 続きを読む

キヤノン、カメラとつながるクラウドプラットフォーム「image.canon」を発表

キヤノンは、カメラとつながり、PC、スマホ、外部のWebサービスと連携するクラウドプラットフォーム「image.canon」を2020年4月上旬に開始する。 サービスイメ... 続きを読む

キヤノン、4K UHD動画撮影可能な「EOS Kiss X10i」を発表

キヤノンは、同社のEOS Kiss X9iの後継モデルとして「EOS Kiss X10i」を2020年4月下旬に発売する。希望小売価格はオープン。同社オンラインショップでの販売価格... 続きを読む

キヤノン、超高感度多目的カメラ「ME20F-SH」がテクノロジー&エンジニアリングエミー賞を受賞

キヤノンは、同社の超高感度多目的カメラ「ME20F-SH」が評価され、全米テレビ芸術科学アカデミーより、第71回目となるテクノロジー&エンジニアリングエミー賞を受賞したことを発表し... 続きを読む

トップ > ニュース > キヤノン、小型・軽量標準ズームレンズ「RF24-105mm F4-7.1 IS STM」を発表