PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > Blackmagic Design製品事例:クリエイティブエージェンシーのバーチャルスタジオセットの場合

News

Blackmagic Design製品事例:クリエイティブエージェンシーのバーチャルスタジオセットの場合

2020-02-14 掲載

Blackmagic Designの発表によると、イタリアのクリエイティブエージェンシーViSo Video Solutionsが、Ultimatte 12合成プロセッサーおよびURSA Broadcastカメラを導入して、バーチャルリアリティスタジオをアップグレードしたという。同社は、全国ネットのCMやテレビ番組を作成しており、Sky Italia、Mediaset、ESL、Netco Sportsなどがクライアントとして名を連ねている。

2010年に設立された同社は、クライアントにVRサービスを提供しているだけでなく、インハウスで必要なすべてのCGおよび3Dアセットを作成し、さらにDaVinci Resolve Studioを使用した編集およびカラーグレーディングなど、あらゆるポストプロダクションサービスを提供している。

Visoのゼネラルマネージャーのルイジ・ニーノ氏は次のようにコメントしている。

拡張スタジオやバーチャルスタジオ環境は、プロダクションに非常に多くの恩恵をもたらしてくれます。私たちがインハウスでVRシステムを開発することを決めた理由は、すべての面をコントロールでき、それぞれのクライアントのニーズに応じて素材、アニメーション、エフェクトをカスタマイズできるからです。

スタジオのVRセットは130平方メートルの広さで、三脚にマウントした3台のURSA Broadcast、6メートルのトラック上のドリーにマウントした4.5メートルのジブが使用されている。また、ライブスイッチングには、ATEM 4 M/E Broadcast Studio 4KとATEM 1 M/E Advanced Panelが使用されている。

このように、複数台のカメラを異なるアングルで設置している場合、多少のスピルを見逃してしまうことがありますが、各カメラネットワークに専用のUltimatteを取り付けて適切な照明を使用することで、最高品質のキーイングを実現できます。これまではUltimatteを使用していたのですが、今回Ultimatte 12へのアップグレードを決めたのは、グリーンのスピルの扱いが大幅に改善されたためです。また、非常に正確なガベージマットをすばやく作成できることも大きかったですね。

セット内でCGオブジェクトを動かす際は、独自に開発したインハウスのソフトウェアでシーン内のすべての3D/CGエレメントをコントロールして編集できます。これらはリアルタイムで視覚化できます。そして変更する必要があれば、モデルを読み込んでそれらをプリビズしたり、動かしたり、サイズを変更したりと、思い通りの処理が可能です。

シーンのルックが決定したら、シーンを「冷凍」すれば、Ultimatteを使用していつでも収録できる。

私が気に入っているのは、「House of Esports 」と呼ばれるショーです。これはESL Italyが2週間に一度、DMAXHDで放送している番組です。この番組は、その回で取り上げているゲームの中に司会者とゲストを放り込みます。彼らはセットの中を歩き回るのですが、信じられない見栄えです。彼らが入り込むシーンには、ゲームの登場人物やエフェクト、アニメーションなどが溢れており、バックグラウンドとフォアグラウンドのエレメントにより、非常にリアルなバーチャルセットになっています。

Ultimatteのクロマキーはもともと優れていましたが、Blackmagic DesignがUltimatteを買収してからというもの、さらに改善されていくことに驚かされっぱなしです。他のBlackmagicハードウェアと組み合わせることで、驚くような価格で、完全な撮影およびコントロールシステムを実現でき、品質目標もクリアすることができました。


[ Category : ]
[ DATE : 2020-02-14 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ブラックマジックデザイン、「DaVinci Resolve Monthly SAMPLER Vol.9」を開催。テーマはDaVinci Resolveの編集ページ

Blackmagic Designは、2020年2月27日に「DaVinci Resolve Monthly SAMPLER Vol.9 EDIT, CUT, Editor Key... 続きを読む

Blackmagic Design製品事例:株式会社鉄人化計画のカラオケ機器集中管理システムの場合

Blackmagic Designの発表によると、「カラオケの鉄人」を運営する株式会社鉄人化計画がカラオケ機器の集中管理システムにUniversal Videohub 72およびS... 続きを読む

DaVinci Resolve Studio/Editor Keyboard事例:ドイツのテレビ番組「Quatsch Comedy Club」の場合

Blackmagic Designの発表によると、ドイツのスタンダップコメディ番組「Quatsch Comedy Club」が、DaVinci Resolve Studioで編集お... 続きを読む

ブラックマジックデザイン、「DaVinci Resolve Monthly SAMPLER Vol.8」を開催。DaVinci ResolveからみたMac Pro/Pro Display XDRの魅力を紹介

ブラックマジックデザインは、2020年1月30日に「DaVinci Resolve Monthly SAMPLER Vol.8 Power to change everything... 続きを読む

Blackmagic Design製品事例:NSAVの資金集めイベント「Baby2Baby」の場合

Blackmagic Designの発表によると、LAに拠点を置くイベント制作会社のNo Static AV(以下:NSAV)が、URSA BroadcastカメラおよびATEMス... 続きを読む

トップ > ニュース > Blackmagic Design製品事例:クリエイティブエージェンシーのバーチャルスタジオセットの場合