PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. 富士フイルム、15コマ/秒の高速連写と最短約0.02秒のAFを実現したミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T4」を発売
News

富士フイルム、15コマ/秒の高速連写と最短約0.02秒のAFを実現したミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T4」を発売

#FUJIFILM #富士フイルム

2020-02-26 掲載

X-T4のシルバーモデル

富士フイルム株式会社は、同社の「Xシリーズ」の最新モデルとして、ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T4」(以下:X-T4)を2020年4月に発売する。希望小売価格はオープン、市場想定価格はボディのみが税別204,500円前後、ズームレンズキット(ボディ+ズームレンズXF16-80mmF4 R OIS WR)が税別264,500円前後。

X-T4は、X-Tシリーズの特長である「センターファインダースタイル」を採用した、小型軽量のミラーレスデジタルカメラ。新開発のフォーカルプレーンシャッターを採用したことで、15コマ/秒の高速連写が可能。アルゴリズムの進化などにより最短約0.02秒の高速・高精度AFも実現。

X-T4のブラックモデル

さらに、X-Tシリーズとして初めて、5軸・最大6.5段のボディ内手ブレ補正機能を採用しており、スポーツをはじめとするアクティブな撮影シーンで威力を発揮する。また、同社の写真用フィルム「Velvia」や映画用フィルム「ETERNA」などの色・階調を再現できる「フィルムシミュレーション」に、低彩度・高コントラストの「ETERNA ブリーチバイパス」モードを新たに搭載している。

動画機能では、4K60P 4:2:0 10bitでのカメラ内SDカード記録が可能。HDMI出力では、4K60P 4:2:2 10bitに対応。電子式手ブレ補正機能を新たに搭載。手ブレに合わせてフレーミングを微調整することで、手持ちによる動画撮影で生じるブレを補正する。

また、フルHD・240Pのハイスピード動画撮影が可能。素早く動く被写体のアクションも、最大10倍のスローモーション映像で再生することができるという。


[ Category : ]
[ DATE : 2020-02-26 ]
[ TAG : ]

関連する記事

HP12×7.6メイン

富士フイルム、広角7.6mmから91mmまでの焦点距離を備えた8K対応放送用ズームレンズ「HP12×7.6」の発売日が決定

富士フイルム株式会社は、8K映像の撮影を実現する放送用ズームレンズ「FUJINON HP12×7.6ERD-S9」(以下:HP12×7.6)を2021年2月より発売する。以前、20... 続きを読む

HP66×15.2メイン

富士フイルム、66倍ズーム・望遠11000mmのボックスタイプの8K対応放送用ズームレンズ「HP66×15.2」の発売日が決定

富士フイルム株式会社は8K映像の撮影を実現する放送用ズームレンズ「FUJINON HP66×15.2-ESM」(以下:HP66×15.2)を2021年2月より発売する。以前、202... 続きを読む

X Summit GLOBAL 2021メイン

富士フイルム、X Summit GLOBALを1月27日に開催

富士フイルムは、2021年1月27日22時より同社YouTubeチャンネルにてオンラインイベント「X Summit GLOBAL 2021」を開催する。発表内容は明かされていない。... 続きを読む

FUJINON Premista19-45mmT2.9メイン

富士フイルム、「Premista」シリーズの広角ズームタイプ「FUJINON Premista19-45mmT2.9」の発売日が決定

富士フイルム株式会社は、ラージフォーマットセンサーに対応した焦点距離19-45mmの広角ズームレンズ「Premista19-45mmT2.9」を2021年1月28日より発売する。以... 続きを読む

[再現InterBEE2020]まとめ:富士フイルム編

製品レポート FUJINON Premista19-45mmT2.9 関連記事 Premist... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. 富士フイルム、15コマ/秒の高速連写と最短約0.02秒のAFを実現したミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T4」を発売