PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. ファーウェイ、シネマカメラ搭載スマートフォン「HUAWEI Mate 30 Pro 5G」を発売。ソフトウェアアップデートで5Gに対応
News

ファーウェイ、シネマカメラ搭載スマートフォン「HUAWEI Mate 30 Pro 5G」を発売。ソフトウェアアップデートで5Gに対応

#5G #Leica #HUAWEI

2020-03-16 掲載

華為技術日本株式会社(ファーウェイ・ジャパン)は、Mateシリーズの最新機種として「HUAWEI Mate 30 Pro 5G」を発売する。2020年3月28日に先行販売として限定100名に販売し、その後4月中旬より一般発売を行う。市場想定価格は税別128,800円。

HUAWEI Mate 30 Pro 5Gは、HMS(Huawei Mobile Services)を搭載し、HUAWEI AppGalleryよりアプリがダウンロードできるスマートフォン。7mm+EUVを採用した同社のフラグシップ5G SoC、HUAWEI Kirin 990 5Gを搭載。Big-Tiny Core NPU構造などの最新構造を擁し、電力効率やパフォーマンスがHUAWEI Kirin 980と比べて大幅に向上し、よりソフトウェアの処理速度が速くなり、より精度の高いAI機能を楽しむことが可能だとしている。通信方式は、2G/3G/4Gネットワークと、NSA(ノンスタンドアローン)、SA(スタンドアローン)両方の5G運用方式に対応。また、デュアルSIM、デュアルスタンバイ対応で、4GのSIMと5GのSIM両方を同時に使用可能。

約6.53インチのOLEDディスプレイは88°のカーブを描くホライゾンディスプレイを採用。背面の素材には上質感のある、ビーガンレザーを用いている。

アウトカメラには、約4000万画素シネマカメラ(超広角)(f/1.8)、約4000万画素のSuper Sensingカメラ(広角)(f/1.6)、約800万画素の望遠カメラ(f/2.4)、3D被写界深度カメラのLeicaクアッドカメラ、インカメラには約3200万画素のカメラ(f/2.0)と3D被写界深度カメラを搭載。

約4000万画素のシネマカメラ(超広角)は1/1.54inchの超大型センサーを搭載し、ISO感度最大51,200までのビデオ撮影とカメラ撮影をサポートし、暗い場所でも十分な光を取り込んだ撮影が可能。また、4K/60fpsタイムラプスで花の開花や、超広角を利用した広大な星の軌跡など、ダイナミックな自然の動きの撮影や、最高7680fpsのスーパースローモーションビデオ機能を用いて鳥が羽ばたく瞬間などの一瞬しか目にすることのできない風景を簡単に撮影できるとしている。さらに、背景をリアルタイムでボカす、リアルタイムボケ効果撮影も可能。また、OIS(光学式手振れ補正)+AIS(AIによる安定化技術)による手振れ補正も搭載。同じく、約4000万画素のSuperSenisngカメラ(広角)は1/1.7inchのRYYBセンサーを搭載し、ISO感度最大409,600までをサポート。

約800万画素の望遠カメラは3倍光学ズームと、5倍ハイブリットズームで、遠く離れた場所にある建築物や被写体のディテールを明瞭かつ高解像度で撮影可能。また、最大30倍のデジタルズームは、肉眼では見ることのできない距離の景色まで捉えるという。

HUAWEI Mate 30 Pro 5Gの前面のノッチにはジェスチャーセンサーが搭載されており、タッチレスジェスチャーコントロール機能が使用可能。画面の前で手をかざすとアイコンが現れ、そのまま手を握るだけで簡単に画面をキャプチャできる。指を上下にスライドさせるだけでWebサイトのページやギャラリー内の写真をめくることができ、手が離せない状況でスマートフォンを操作したいときに便利な機能だ。

シームレスなデザインを実現するウルトラカーブディスプレイの側面には物理ボタンがなく、サイドタッチコントロールにより、音量調節やゲーム操作、カメラのシャッターボタンなど様々な機能を果たす。カメラのシャッターボタンは画面の右左に自由に配置することができ、撮影しやすい位置に配置したボタンを軽く押すと、アウトカメラまたはインカメラで写真撮影が可能。

ファーウェイ デバイス 日本・韓国リージョン プレジデント 呉波氏は次のようにコメントしている。

ファーウェイは、スマートフォンからタブレット、そしてPCの領域まで、世界をリードするテックブランドとして更なる新しい製品体験をお届けできるよう研究に邁進しています。今回発表するHUAWEI Mate 30 Pro 5Gは、フラグシップモデルであるMateシリーズで5Gに対応している最新機種となり、SuperSensingシネマカメラを始めとするクアッドカメラを搭載し、写真のみならず動画においても感動の撮影体験を提供します。

さらに当社最新のSoCであるHUAWEI Kirin 990 5Gは前モデルと比べ、非常にパワフルになったパフォーマンスと5G通信をお楽しみいただける、まさに5G商用化の年にふさわしい次世代のデバイスであり、時代の最先端を体感したいイノベーターの方々に向けたハイエンドのスマートフォンになっております。ファーウェイは今後も継続して技術とデザインの先進に励み、日本のユーザーの皆様へ革新的で先端のスマホ体験をお届けできるように努力してまいります。


[ Category : ]
[ DATE : 2020-03-16 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ライカ、4000万画素センサーを搭載したレンジファインダーカメラ「ライカM10-R」を発売

ライカカメラ社は、レンジファインダーカメラ、M型カメラの高解像度デジタルカメラ「ライカM10-R」を2020年7月24日に発売する。ライカM10-Rは、ブラッククローム仕上げとシル... 続きを読む

ライカカメラ、コンパクトデジタルカメラの新カラー「ライカD-LUX7 ブラック」を発売

ライカカメラは、コンパクトデジタルカメラ「ライカD-LUX7」の新色「ライカD-LUX7 ブラック」を2020年6月中に発売する。希望小売価格は税別162,000円。 ライカ... 続きを読む

三信電気、中継現場で最大4chのカメラ入力をスイッチング可能なLiveUの送信機「LU800」を発表。4K HDR、5Gにも対応

12G-SDIの4K入力に対応した「LU800-PRO」 三信電気は、同社が取り扱うLiveU社の新製品「LU800」を2020年7月に発売する。12G-SDIの4K入力に対... 続きを読む

ライカ、トレードインサービスを拡充。現行ライカ交換レンズの下取りサービスを開始

ライカカメラジャパン株式会社は、2017年よりライカ銀座店にて実施してきたトレードインサービスを拡充し、カメラボディに加え、現行ライカ交換レンズの下取りサービスを開始する。 ... 続きを読む

ライカ、ミドルフォーマットのライカSシステムの新機種「ライカS3」を発売

ライカカメラ社(以下:ライカ)は、ミドルフォーマットのデジタル一眼レフカメラシステムのライカSシステムの新機種として「ライカS3」を2020年3月28日に発売する。価格は税別2,3... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. ファーウェイ、シネマカメラ搭載スマートフォン「HUAWEI Mate 30 Pro 5G」を発売。ソフトウェアアップデートで5Gに対応