PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. アドビ、Premiere Proの新機能「プロダクション」を提供開始
News

アドビ、Premiere Proの新機能「プロダクション」を提供開始

#Adobe #Adobe Premiere Pro CC

2020-04-15 掲載

アドビはビデオ製品アップデートとして、Premiere Proの新機能「プロダクション」の提供を開始した。複数プロジェクトの管理と相互間でのアセットの共有、あらゆるものの整理を行う新しいツールが含まれ、個人でもチームでも「プロダクション」機能の恩恵を受けることができる。

Premiere Proの新しいプロダクション機能セットは、トップクラスの映画制作者とハリウッドの編集チームからの意見をもとに、一から設計されたもの。ベースとなるテクノロジーは、「ターミネーター:ニュー・フェイト」(原題:Terminator: Dark Fate)や「ルディ・レイ・ムーア」(原題:Dolemite is My Name)をはじめとする映画制作の現場で使用された。そのフィードバックを反映したPremiere Proの特別なビルド(一般向けと異なるバージョンのソフトウェア)が現在、デビッド フィンチャー監督の新作「Mank」のような映画の編集現場で使われているという。

プロダクション機能を使えば、大規模または複雑なプロジェクトを、より小さな構成要素に分割して扱える。例えば映画の編集チームであれば、リール単位あるいはシーン単位に分割したワークフローが可能。

逆に、複数エピソードで構成された番組の1シーズン全体を1つのグループとして「プロダクション」にまとめれば、タイトルシーケンスやオーディオのような共通エレメントをエピソード間で相互にアクセスすることが容易になる。制作代理店がそれぞれの顧客ごとに「プロダクション」をセットアップして振り分けておけば、既存プロジェクトで使ったアセットの参照や取得が容易になり、効率化が図れるという。


[ Category : ]
[ DATE : 2020-04-15 ]
[ TAG : ]

関連する記事

アドビ、Premiere Rushの2020年10月リリースを公開。トランジションやパン、ズームを機能強化

アドビは、Premiere Rushの2020年10月アップデートを公開した。グラフィックおよびオーディオのブラウジング機能が搭載されたほか、サウンドトラック、サウンドエフェクト、... 続きを読む

アドビ、After Effectsの2020年10月リリースを公開。ロトスコーピングツール「ロトブラシ2」を搭載

アドビは、After Effectsの2020年10月アップデートを公開した。「ロトブラシ 2」の搭載や3Dデザインスペースでの作業、3D変形ギズモなどの改善が図られている。 ... 続きを読む

[Report Now!]アドビ、Creative Cloudの未来をプロダクト責任者のスコット・ベルスキー氏に聞く

txt・構成:編集部 スコット・ベルスキー氏が未来のCreative Cloudを語る 2020年10月21日~23日まで無料オンラインイベントとして開催されるAdob... 続きを読む

アドビ、最新版Creative CloudのイノベーションをAdobe MAX 2020で披露。Photoshopは5つのAI機能の初搭載

新しく搭載された「ニューラルフィルター」の「スマートポートレート」のインターフェイス デスクトップ版Photoshopは、5つのAI機能を初搭載 アドビは、年次クリ... 続きを読む

Avid、Adobe Premiere Proワークフロー内でAvidのアセットマネージメントとストレージにアクセス可能に

Avidは、Adobe Premiere Proを使用するコンテンツクリエーターとビデオエディターが、Avidベースの製品環境でシームレスにコラボレーションができる「MediaCe... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. アドビ、Premiere Proの新機能「プロダクション」を提供開始