PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [再現NAB2020:IDX]小型機器にも最適なマイクロサイズハイレートバッテリー「Imicro-150」「Imicro-98」
Special

[再現NAB2020:IDX]小型機器にも最適なマイクロサイズハイレートバッテリー「Imicro-150」「Imicro-98」

2020-04-20 掲載

60seconds Shot!

小型機器にも最適なマイクロサイズハイレートバッテリー「Imicro-150」「Imicro-98」

IDXの新製品、マイクロサイズバッテリー「Imicro-150」「Imicro-98」は、小型サイズだが最大出力154W(14A/11V時)と、大電流を流すことが可能なバッテリー。最大出力100WのD-Tapが2か所あり、ライト・モニター・レコーダーなどへも同時に電源供給可能。夜間撮影で便利なV-Torchも装備している。また、データ通信機能を搭載しており、カメラのビューファインダー上にバッテリーの残量表示が可能。

D-Tapの片方はAdvanced端子(水色部分)となっており、外部電源からの充電に対応。VL-DT1を使用することで簡易的な充電が可能

同マイクロサイズバッテリー開発にあたり、小型であっても機能を妥協しないことに注力したという。小さくてもハイレートにするにはどうしたらいいか、小さいからこそのメリットは何かを追求して出した答えは2つ。1つはバッテリー単体としてのパフォーマンスを上げること。そしてもう1つはシステムとしての使い勝手を上げることだ。

単体のパフォーマンスはハイレートだが、ハイレートにも限界がある。ユーザーがこの限界を超えた時でも認識せずに使用してしまうことを想定し、温度、過電流のワーニングを出すことにしたという。この機能は初めて搭載された機能。同機能により、不慮の事故を少しでも防ぐことができるだろう。

システムにおいては、A-Vmicro2(ホットスワップアダプター)に注力している。バッテリーを傷めやすい単純な並列出力ではなく、IPLバッテリーのように順次出力をすることで、完全にホットスワップとして機能するようになっている。こちらも業界初として、同アダプターは充電器としても使用でき、順次充電が可能。2枚のA-Vmicro2を使用することで、2ch同時充電器は2ch同時+2ch順次で合わせて4ch充電器となる。

同社は当初、小さい(=ワンマンオペレーション)、もしくは少人数による撮影での使用を想定していたが、ハイレートで規模に関係なくシネマカメラへの電源として、そしてA-Vmicro2によりシネマカメラの長時間撮影が可能なことがわかり、開発が進むにつれて想定ターゲットが少しずつ変化してきたという。

Imicroバッテリーとそのシステムはジンバル撮影、報道撮影、シネマカメラでの撮影にと、幅広く使えるバッテリーとなりました。様々な撮影スタイルにおいて、「私の撮影スタイルにちょうど良い」と多くのお客様に思っていただけると期待しております。

とコメントしている。

開発の際にこだわったポイントは、筐体を小さくすることによる弊害をなくすこと。体積が小さいと熱がこもりやすくなり、温度が上昇しすぎると、パフォーマンスが下がるだけでなく安全装置が働き出力しなくなる。熱を出さないという課題をクリアできたからこそハイレートが達成できたとしている。

周辺アクセサリーとして「A-CPmicro」「P-Vmicro」「A-Vmicro2」をラインナップ

また、同バッテリーの周辺アクセサリーもラインナップ。P-Vmicroのリリースレバーは、小さな手でも大きな手でもスムーズに操作できるよう、何度もモックアップを作っては操作性のチェックを行った。また、A-Vmicro2は順次「放電」だけでなく、順次「充電」にも対応させる電気的なところに苦労したという。「一筋縄ではいかないことでも他メーカーがやれないことに挑戦するのは楽しいことです」とコメント。

■一言アピール!

世界で一番安心して使える、そして頼れるバッテリーをこれからも開発していきますので、これからも末永くお付き合いのほどよろしくお願いいたします。


[ Category : , , ]
[ DATE : 2020-04-20 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CP+2021]Vol.03 シグマ、山木社長が語る28-70mm F2.8 DG DNのContemporary版とArt版の違いとは?

txt・構成:編集部 山木社長がオンラインプレゼンテーションでContemporary版とArt版の違いを解説 シグマは2月24日、ミラーレス専用フルサイズ標準ズー... 続きを読む

[CP+2021]Vol.00 オンラインで開催されるCP+はいかに?

オンライン開催はいかに CP+の季節がやってきた。残念ながらは昨年のCP+2020は開催中止となったが、今年は、オンラインのみでCP+2021 ONLINEとして、2021年2月... 続きを読む

ソニーFX3メイン写真

[CP+2021]Vol.02 ソニー、小型シネマカメラ「FX3」発売。トップハンドルや冷却ファン、タリーランプなど動画専用機としての操作性や拡張性が魅力

txt・構成:編集部 ソニーは、フルサイズイメージセンサー搭載のCinema Lineの映像制作用カメラ「FX3」を2021年3月12日に発売する。受注開始は3月2日10時よ... 続きを読む

CP2021ズームレンズメイン

[CP+2021]Vol.01 パナソニック、焦点距離300mmでマクロ撮影が可能な望遠ズームレンズ「LUMIX S 70-300mm F4.5-5.6 O.I.S.」発売

txt・構成:編集部 小型化と軽量化を実現した望遠ズームレンズ登場 パナソニックは、フルサイズミラーレス一眼カメラLマウントシステム用交換レンズ「LUMIX S 70-... 続きを読む

CES2021_06

[CES2021]Vol.06 ALL DIGITALのCES2021で感じたこれからのビジネスコンベンションの行方

txt:江口靖二 構成:編集部 「CES2021 IS ALL DIGITAL」ということで、CES2021は紆余曲折を経て最終的に完全オンライン開催となった。こうした環境下... 続きを読む

[CES2021]Vol.05 インフラとしての責任を表明したTechGiantsとテクノロジーの未来とは

txt:平野陽子(大広) 構成:編集部 CES2021は全てオンラインで開催したことは周知の通りだ。そのテクノロジーパートナーとしてて支えたのがMicrosoftだ。そう今回... 続きを読む

CES2021_04_LG_top

[CES2021]Vol.04 元気になる「LG Future Talk」がオススメ!

txt:江口靖二 構成:編集部 LGがイメージするニューノーマルの世界観とは CES2020において、LGはプレスカンファレンスに加えてCES Spotlight Se... 続きを読む

Verizon_CES_keynote

[CES2021]Vol.03 5Gが映像業界を後押し、最高のエンターテインメントを生む

txt:平野陽子(大広) 構成:編集部 オール・デジタルで始まったCES2021 その年の重要なテクノロジートレンドを体現する企業が務めるKeynoteトップバッタ... 続きを読む

[CES2021]Vol.02 今年のテックトレンドとは?〜CTA’s 2021 Tech Trends to Watch解剖

txt:西村真里子 構成:編集部 手探りのCES2021はどうなるのか? オール・デジタルのCESが開幕した。CESツイッターアカウントもこのデジタル化の波を楽しむかの... 続きを読む

特集記事

ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [再現NAB2020:IDX]小型機器にも最適なマイクロサイズハイレートバッテリー「Imicro-150」「Imicro-98」