PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [再現NAB2020:Carl Zeiss]Supreme Primeの光学設計をベースに、より個性的な描写が特徴の限定版レンズ「ZEISS Supreme P…
Special

[再現NAB2020:Carl Zeiss]Supreme Primeの光学設計をベースに、より個性的な描写が特徴の限定版レンズ「ZEISS Supreme Prime Radiance」

2020-04-21 掲載

ショーリール「Metamorphosis」の撮影現場より。Radianceはレンズ鏡筒上部の刻印と、マウント近くの金色のラインが目印(写真:Kozo Takahashi)

60seconds Shoots

ユーザーへのデリバリーが順次開始となった「ZEISS Supreme Prime Radiance」

Carl Zeissの新製品は「ZEISS Supreme Prime Radiance(以下:Radiance)」シネプライムレンズ。この製品はすでに受注が終了しているが、4月から予約していたユーザーへのデリバリーが順次始まっており、NABではそのラインナップと映像効果を展示予定だった。

ショーリール「Metamorphosis」の撮影現場で、自らカメラを構える石坂拓郎JSC。レンズは小型軽量なため、肩載せのスタイルでも撮影者の負担は軽減されている(写真:Kozo Takahashi)

Radianceは、映画・TVドラマおよびコマーシャルなどで使われている35mmフルサイズ対応のSupreme Primeの光学設計をベースに、より個性的な描写をする限定バージョンのレンズ。レンズに新開発のT* blueコーティングが施されており、逆光撮影時には画面隅々まで高いコントラストとディテールを保ちつつ、印象的なブルーのフレアが入るのが特長だという。

ツァイスは過去100年の間、常にシャープでコントラストが高く、ヌケが良くフレアを抑えたレンズを目指して製品開発を行っており、Radiance最大の特長である「綺麗なフレアを生むレンズ」は、設計者にとって前代未聞の開発目標だったため、当初は社内でも戸惑いがあったという。しかし、「より印象的で感情豊かな映像表現にはフレアもひとつの表現手段として重要である」という共通認識のもと、設計部と製造部が団結し、今回のRadianceが実現した。

ショーリール「Metamorphosis」撮影テストのモニター映像。照明光源には綺麗なサンスター(光芒)、そしてその周囲にフレアが発生しているが画面全体のディテールは失われていない(写真:Carl Zeiss)

同レンズは普通の照明条件(順光)では通常のSupreme Primeと同じようにシャープな映像を結び、逆光のシチュエーションでは、美しい円弧を描くブルーのフレアを生むという。広角側では小さなフレアが幾重にも重なりダイナミックな遠近感を、望遠側では大きなフレアが被写体を浮き立たせ、いずれも映画・ドラマでの感情演出に効果的だとしている。また、このフレアのルックはすべての焦点距離で揃えられており、レンズを交換しても急に描写が変わることがない。どの焦点距離を使っても均一な描写が得られ、同じ照明のもとであれば何度リテイクしても同じ効果が得られるので、撮影時間に制約のあるコマーシャルの現場でも、一回のリハーサルで照明効果を把握できるのがとても便利だとしている。

フレアというと、一般的には古い年代のビンテージレンズや、あえてコーティングを剥がしたレンズ、あるいはフレア耐性を意図的に下げたコーティングをしたレンズを連想する方が多いかと思うが、そういったレンズはフレア時に画面全体がホワイトアウトしてしまい、ビンテージ感は演出できても役者の表情が不鮮明となる。また、フレア演出のためにコーティング効率が下がり、レンズの開放値Tストップが暗くなる場合もあるという。

Radianceはそれらとは異なり、画面隅々まで高いコントラストとディテールを保ち、開放値も通常のSupreme Primeと同じT1.5をキープ。T* blueコーティングは、焦点距離に応じてレシピが異なる。前から何番目のガラスのどの面にT* blueコーティングを施すか、ということを美的な評価点にもとづいて最適解を探るためには、長い研究期間が必要だったという。

昨年、レンタル会社とプロダクション会社向けに行われた内覧会の様子(写真:Carl Zeiss)

内覧会でSupreme Prime(左)とRadiance(右)を同じ85mmの焦点距離で描写比較する来場者(写真:Carl Zeiss)

■一言アピール!

Radianceは21mmから100mmまでの7本セットで、4月中旬から麹町の三和映材社さんと赤坂のナックレンタルさんで、それぞれレンタルが開始されます。ご自分の作品にRadianceを使ってみたいという方は、ぜひこれらのレンタル会社にお問い合わせください。


[ Category : , , ]
[ DATE : 2020-04-21 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

特集記事

Virtual Production Field Guide Season2 Virtual Production Field Guide Season2
バーチャルプロダクション特集のSeason2。引き続き国内の最新の動向やワークフローを追う。
ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [再現NAB2020:Carl Zeiss]Supreme Primeの光学設計をベースに、より個性的な描写が特徴の限定版レンズ「ZEISS Supreme P…