PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > [NAB2020]キヤノン、新開発4Kスーパー35mm DGOセンサー搭載「EOS C300 Mark III」を発表

News

[NAB2020]キヤノン、新開発4Kスーパー35mm DGOセンサー搭載「EOS C300 Mark III」を発表

2020-04-21 掲載

キヤノンは、映像制作機器CINEMA EOS SYSTEMの新製品として、デジタルシネマカメラ「EOS C300 Mark III」を2020年6月下旬に発売する。希望小売価格はオープン。市場想定価格はボディーのみで税別1,200,000円前後。

EOS C300 Mark IIIは、1つの画素出力に対して異なるゲインで出力することで、低ノイズのHDR動画を生成する新開発の4Kスーパー35mmのCMOSセンター「DGOセンサー」を搭載。明るい部分は飽和優先アンプの画像を使い、暗い部分はノイズの少ないノイズ優先アンプを使うことで、撮影した画像をHDR合成し低ノイズを実現。明暗差の大きい環境でも、像ズレがなく、豊かな階調を持つ4K/60Pの映像撮影が可能だとしている。

高速処理が可能な映像処理プラットフォーム「DIGIC DV 7」の搭載により、4K/120Pのハイフレームレート記録が可能。スロー再生時でも滑らかな映像表現ができる。本体寸法は、約幅153mm×高さ148mm×奥行き168mm、本体質量は約1,750g。

動画撮影に適したAF動作と追従性を持つ「デュアルピクセルCMOS AF」により、厳しい合焦精度が求められる撮影時でも、撮影スタイルに合わせて高精度なピント調整が可能だという。

映像の情報量を維持しながらデータサイズを軽くすることができるビデオフォーマット「Cinema RAW Light」を採用しており、外部レコーダーを使用せずにRAWデータを本体内部に記録可能。動画データを圧縮し効率的に記録する「XF-AVC」にも対応している。従来の圧縮方式「Intra Frame」に加え、前後のフレームの差分を圧縮し、高圧縮で長時間の録画ができるフレーム感圧縮方式「Long GOP」を追加。

記録メディアは、CFexpress Type Bカードと、SDカードのUHS-II規格に対応。CFexpress Type Bカードスロットを2基搭載することにより、2枚の記録メディアにRAWデータを同時記録可能で、データのバックアップや受け渡しに有効。RAW撮影時だけでなく、新たに「XF-AVC」撮影時でも、同時にSDカード(1枚)にProxyデータを記録することも可能。

HDR方式は、映画制作やネット配信に適した「PQ(Perceptual Quantization)」に対応。同社独自のLogガンマ「Canon Log 2」「Canon Log 3」を搭載。

本体付属品

別売りのマウントキットを使用することで、撮影環境や目的に合わせてユーザー自身でEFシネマロックマウントまたはPLマウントに交換することができる。サービス店への持ち込みが不要となり、映像表現や撮影目的に合わせた柔軟な撮影システムの構築をサポートしたとしている。

別売アクセサリーのEFシネマロックマウントキット「CM-V1」(左)、PLマウントキット「PM-V1」(右)。六角ボルト4本を取り外すことで、ユーザー自身でマウントを変更可能

また、0.46型の有機EL電子ビューファインダー「EVF-V50」や、REMOTE B(RS-422)端子やEthernet端子などの接続端子を拡張する拡張ユニット1「EU-V1」、様々な拡張入出力端子と市販のVマウントバッテリーの装備を可能にする拡張ユニット2「EU-V2」など、別売りの拡張ユニットを装着することで、複数台のカメラによる撮影や遠隔操作が必要なドローン撮影などのさまざまな撮影スタイルに対応。


[ Category : ]
[ DATE : 2020-04-21 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する商品

【特典付き】Canon EOS C300 Mark III デジタルシネマカメラ EOS C 300 Mark III(ボディのみ) [SYSTEM5]
【特典付き】Canon EOS C300 Mark III デジタルシネマカメラ EOS C 300 Mark III(ボディのみ) [SYSTEM5]
在庫あり
販売価格: ¥1,320,000(税込)
4K 120P の撮影を可能にし、 新開発の 4K スーパー 35 mm DGO(DualGain Output)セン…

関連する記事

キヤノン、約4500万画素・最高約20コマ/秒連写と8K動画撮影を実現したフルサイズミラーレスカメラ「EOS R5」を発売

キヤノンは、新開発の有効画素数約4500万画素(総画素数約4710万画素)フルサイズCMOSセンサーと新映像エンジン「DIGIC X」、「RFレンズ」により、カメラの基本機能を総合... 続きを読む

キヤノン、最高約20コマ/秒連写のフルサイズミラーレスカメラ「EOS R6」を発売

キヤノンは、同社のフラッグシップモデル「EOS-1D X Mark III」を基にした有効画素数約2010万画素(総画素数約2140万画素)フルサイズCMOS センサーと新映像エン... 続きを読む

キヤノン、小型軽量の超望遠単焦点レンズ「RF600mm F11 IS STM」「RF800mm F11 IS STM」を発売

写真は「RF600mm F11 IS STM」 キヤノンは、同社の交換レンズ「RFレンズ」の新製品として、小型軽量の超望遠単焦点レンズ「RF600mm F11 IS STM」... 続きを読む

キヤノン、小型・軽量の中望遠単焦点レンズ「RF85mm F2 MACRO IS STM」を発売

キヤノンは、同社の交換レンズ「RFレンズ」の新製品として、小型・軽量の中望遠単焦点レンズ「RF85mm F2 MACRO IS STM」を2020年10月下旬に発売する。希望小売価... 続きを読む

キヤノン、RFマウントの超望遠ズームレンズ「RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM」を発売

キヤノンは、同社の交換レンズ「RFレンズ」の新製品として、プロ・ハイアマチュアユーザー向けの超望遠ズームレンズとして、「RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM」... 続きを読む

トップ > ニュース > [NAB2020]キヤノン、新開発4Kスーパー35mm DGOセンサー搭載「EOS C300 Mark III」を発表