PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [再現NAB2020:パナソニック]ディレクターカメラとしての使い勝手にこだわったデジタル4Kビデオカメラ「HC-X2000」

News

[再現NAB2020:パナソニック]ディレクターカメラとしての使い勝手にこだわったデジタル4Kビデオカメラ「HC-X2000」

2020-04-21 掲載

4K60p 10bit撮影対応のデジタル4Kビデオカメラ「HC-X2000」

パナソニックが今年の2月に発表したデジタル4Kビデオカメラ「HC-X2000」は、4K60p 10bit、FHD60p 10bit、広角25mm、24倍光学ズームに対応し、2つのマニュアルリングやSDI出力を搭載した業務用クラスのビデオカメラ。スペックの割にはコンパクトで、オートで誰でも簡単に撮影できるのが特長だ。例えば、水準器を搭載したことで、手持ち撮影でも簡単に水平を取れるように配慮されていたり、顔検出追尾AE&AFに対応し、被写体の顔がピンボケするのを防ぐことで、ワンマンでの取材中にフォーカスコントロールに追われることなく撮影することができる。画素数を4K撮影ぎりぎりまで削減したことによって、ピクセルサイズ自体は従来機のX1000よりも約1.7倍大型化し、低照度時の撮影耐性も向上している。HC-X2000に搭載しているCINE D/CINE Vを活用することでLUMIXのシネライクモードとLOOKを合わせることも可能。

HC-X2000は徹底してディレクターカメラ(いわゆる“Dカメ”)としての使い勝手にこだわっている。ワンマンでディレクションから撮影までこなさなければいけないDカメにとって最も重要なのは、“撮影の失敗を防ぐこと”。取材中やインタビュー中、カメラマンであれば撮影に集中できるが、最近はディレクターやADがワンマンで回す現場も多く、そういった場合、どうしても脳内のCPUは撮れ高、番組の構成、面白い話の引き出し方などに回さざるをえず、カメラの機能や撮影技術には頭が回らないと考えた同社は、水平が取れていて、ピントが合っていて、ブレないことが重要だと考え、そのあたりの性能に徹底的に配慮したという。また、単なるDカメだけにとどまらず、マニュアルリングを使った撮影や、ハイクオリティの映像記録モードに対応したことで、カメラマンからADまで幅広く使えるように配慮されている。

兄弟機モデルのHC-X1500

また、SDI出力非対応、ハンドル別売、その他機能は共通の兄弟機モデル「HC-X1500」もラインナップされており、HC-X1500はハイアマチュアの方から好評で、60pを必須だと考えるビデオカメラ愛好家やLUMIXと合わせて映像編集される方などが多い印象だという。

想定される使用状況として、特に屋外での取材やインタビュー、密着番組などと相性が良いとしている。密着番組では機動力とバッテリー持ちが求められるとし、スペックに対してかなりの小型軽量を実現しており、4K60p時であっても最長で約4時間35分もバッテリーが持続し、現場から現場に飛び回るのに負担が少ないだろう。また、密着番組は撮影環境の振れ幅が大きいため、室内で至近距離から撮影する場面、一方で練習場の外や劇場の最後部からズームで狙う場面などが考えられ、こういった環境では広角25mmから24倍光学ズームができるこのカメラの光学性能が生きてくるとしている。

上下左右のブレや回転ブレや水平ブレなどさまざまな手ブレをリアルタイムに検知し補正する5軸ハイブリッド手ブレ補正に対応

ロケや取材などで手軽に使ってもらえるように「小型軽量4K60p撮影」かつ「撮影しやすい」ということを実現する点が最も苦労して、こだわった点だという。LUMIXと同じVenusエンジンを搭載することで、映像処理能力は格段に向上したが消費電力も高くなるため、小型化との両立が非常に困難だった。小型化とは言いつつも、ターゲットユーザーへのヒヤリングを実施していく中で、バッテリー切れなどの余計な心配をせずに撮影できるほどの長時間撮影に耐えうるバッテリー搭載が求められている、という現状課題が明確になったため、大容量のバッテリーを搭載する方針となった。そうなると、さらに小型化のハードルが上がってしまうが、カメラ本体に薄型ファンを搭載し、放熱構造を新規に設計することで前モデルHCX1000に対して60%程度の小型化を実現した。

「撮影しやすい」という点については、撮影時のバランスが保たれるよう工夫されている。ハンドルを装着して撮影という基本スタイルだと、ハンドル前方のマイクユニット部とカメラ本体のレンズ鏡筒でどうしても前重になってしまう。しかし、大容量バッテリーに対応し、バッテリーをカメラ後方に装着することで、カメラ前後のバランスが取れ、撮影時のバランスが保てるようになり、長時間の撮影でも疲れにくくなり、この点でもユーザーの困りごとを解決することができたとしている。

■一言アピール!

X2000とX1500に共通して言えることですが、Wi-Fi機能を使ったライブストリーミング配信に対応しています。ご自宅やオフィスでインターネットに接続されているルーターなどにWi-Fiでアクセスすれば、Facebook LIVEやYouTube Liveなどでライブ配信がお楽しみいただけます。PCやHDMI機器などが無くてもカメラとネットワーク環境だけで簡単にお使いいただけます。

現在、新型コロナウイルスの影響でストリーミング配信の需要が高まっていると思いますので是非ご活用いただければ嬉しいです。


[ Category : , , ]
[ DATE : 2020-04-21 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[PRN Magazine]ISSUE 13 特別版をPDFにて配布中!

PRN MagazineをPDFにて限定配布中! 緊急事態宣言も解除されましたが、まだまだ予断は許されない状況です。通常印刷物で配布中の「PRN Magazine」を今号限定で、... 続きを読む

[再現NAB2020]まとめ:パナソニック(ビジネス)編

製品レポート AW-UE100 AK-HC3900GJ/AK-HC3900GSJ KAI... 続きを読む

[再現NAB2020]まとめ:朋栄編

製品レポート MV-1640IP ... 続きを読む

[再現NAB2020]まとめ:ソニー編

動画レポート ■映像制作ソリューション最新動向 Part01 ■映像制作ソリューション最新動向 Part02 製品レポート ... 続きを読む

[再現NAB2020]まとめ:Leitz編

製品レポート Leitz Prime Leitz Zoom ... 続きを読む

[再現NAB2020]まとめ:ローランド編

60seconds Shot! ■V-600UHD Ver2.0 ■VR-50HD MK II Ver2.0 ■V-60HD/XS-62S Ver... 続きを読む

[再現NAB2020]まとめ:平和精機工業編

動画レポート ■650EX ■GF-3B ■T150F 製品レポート 650EX ... 続きを読む

[再現NAB2020]まとめ:LiveU編

製品レポート LU600シリーズ LU300シリーズ LU-Smart ... 続きを読む

特集記事

AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。

トップ > 特集 > [再現NAB2020:パナソニック]ディレクターカメラとしての使い勝手にこだわったデジタル4Kビデオカメラ「HC-X2000」