Avidは、ワークフローの速度と使いやすさが向上した「Media Composer 2020.4」の提供を開始した。同社Webサイトよりダウンロード可能。

Media Composer 2020.4では、macOS v10.15.4(Catalina)に対応。「Universal Media Engine」がアップデートされ、メディアのインポート、再生、編集、およびエクスポートのパフォーマンスを向上させている。

また、Windowsユーザーでも、ネイティブでProResメディアを作成、編集、コラボレーション、エクスポートに対応。.MOVエクスポート、MXF OP1a、MXF OP-Atomワークフローなど、PCのMedia ComposerでもmacOSと同じProRes機能を実現する。

そのほかのMedia Composer v2020.4の新機能は以下の通り。

Media Composer v2020.4の新機能

  • Apple ProResサポート
  • macOS Catalinaのサポート
  • Avid Universal Media Engine(UME)
  • Avid S1コントロールサーフェス
  • Avid MediaFilesフォルダーの場所
  • 解決名の変更
  • 新しくなったプロジェクト選択ウィンドウ
  • タイムラインシーケンスマップ
  • 一括編集
  • ブランクパネル
  • エフェクトパレットの更新
  • ミュートされたクリップを選択
  • Avid Titler+の変更
  • インターフェース設定の更新
  • トリム設定の更新
  • 新しいACES出力変換
  • マスクマージンプリセット
  • 改善された色補正制御
  • ストリップサイレンス
  • タイムラインの下部にあるボタンのマッピング