PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [再現NAB2020:ソニー]カメラやポストプロダクション関連製品の機能向上アップデート
Special

[再現NAB2020:ソニー]カメラやポストプロダクション関連製品の機能向上アップデート

2020-05-01 掲載

動画レポート

PXW−Z750にHDR/SDR同時制作をサポートする機能追加

ソニーに、NABで公開予定だった映像制作ソリューションの最新動向について取材を行った。数々のアップデート情報をご紹介頂いたので、早速紹介しよう。

ソニーは、2019年のIBCやInterBEEでXDCAMショルダーカムコーダー最上位機種「PXW-Z750」や、ラージセンサーカメラ「FX9」などのカメラを発表し、豊富なラインナップを実現している。今回これらのカメラに対して機能向上アップデートの計画が公開された。

Z750は、4K HDR/HD SDRの同時収録が可能で4K HDRライブ制作のワークフロー「SR Live for HDR」にも対応しているが、こちらの機能がさらに強化される。現場でHDRやSDRを同時に撮った際の設定情報などが、SDIを通してメタデータのファイル記録が可能となる。現場で撮ったニュアンスの違いを後から参照できるようになる。

また、これま4K60P HDRとHD SDRの同時収録に関してHD側は60i MPEG2たけだったが、60P XAVC-Iにも対応する。

FX9は収録モード追加や、瞳AFなどのフォーカス性能が向上

FX9は2019年12月10日に発売されたばかりの新製品だが、さっそくメジャーバージョンアップデートとなる。FX9はフルサイズセンサーだが、6Kフルサイズ撮像での4K収録は29.97pまでだった。「なんとか60P撮れないの?」という市場の要望に応え、6Kフルサイズでは実現できないものの、5Kスキャンによる60P撮影を実現する。発売当初は予定していなかった機能だが、さっそく市場のニーズに応えて実現される機能だ。

また、収録モードの追加に加えて、HD 180Pに対応。昨年の発表時点で4096✕2160の収録対応を将来的にサポートする発表していたが、今回のファームウェアアップデートでDCI 4K収録を実現する。

今回のバージョンアップの中でも特に面白いのは、タッチスクリーン対応だ。FX9のモニター、伏せられていたが実はタッチスクリーン対応デバイスで、アップデートによりタッチデバイスとして使用可能となる。専用のUIも起こされており、画を見ながら設定変更が可能になる。また、フォーカス機能も強化され、αシリーズで話題の瞳AFや、任意のところをタッチしてフォーカスを合わせるフォーカスタッチコントロールAFにも対応する。待望のHLG対応、3D LUT対応なども盛り込まれた非常に魅力的なアップデートとなっている。

VENICEはワークフローに磨きをかける機能追加を実現

シネマカメラのVENICEは、発売当初に発表した将来へのファームウェアロードマップを今年2月のバージョン5のリリースですべて実現。バージョン6以降は市場のニーズに合わせた機能を実装していく形になる。早速、次期バージョンではハリウッドなども含めてハイエンドなワークフローで使われるCG合成に使える機能が搭載される。

具体的には、カメラの中に実は搭載されていたジャイロ情報をメタデータに付加したり、フジノンのラージフォーマットセンサーに対応したPremistaで、ZEISS eXtended Dataを収録に対応する。加えて、モニターの出力として3D LUTを使用できたが、ハイクオリティな画が出るARTファイルの対応も実現する。

「PXW-Z280」と「PXW-190」は配信機能を強化

4Kのハンドヘルドの兄弟機「PXW-Z280」と「PXW-190」は、既にPXW-Z90やHXR-NX80などに搭載されているシンプルライブストリーミング機能に対応する。ネットワーク環境に接続すれば、特別な配信サーバーなどの追加機材なしに、主要なSNSのストリーミング配信にカメラからダイレクトにアクセスが可能になる。今回のアップデートは、フルHDの解像度に対応。

業務用4K液晶モニター「PVM-X2400」と「PVM-X1800」にHDR-SDRの変換ライセンスを開発中

「PVM-X2400」と「PVM-1800」は、今年夏に発売予定の24型と18型の4K業務用液晶モニターだ。両機種とも特徴はすでに発表の通り、マスターモニターであるBVM-HX310とのカラーマッチングや全白時1,000nitsが可能でありながら値段の面でもコストパフォーマンスの高さを特徴とする。

その2機種に対応するHDR-SDRの変換ライセンス「PVM-HSX1」が現在、有償機能として現在開発中であることが明かされた。HDR-SDR同時制作の現場では、両者を比較をしたいというニーズが強く、ポスプロで変換したり、変換器を購入して間に噛ませることで実現をしている。PVM-HSX1を使えば、HDR入力信号を入力してモニター側の設定を変えるだけで、変換後のSDR信号を確認できる。また、HDR入力信号と変換後のSDR信号の並列表示も可能になる。

さらにHDR入力信号を、背面のエンハンスドモニターアウトより変換後のSDR信号出力が可能。これはモニタリング専用の機能だが、モニターがコンバーターの役割としても使える大変ユニークな機能とのことだ。

以上が、カメラやポストプロダクション関連のアップデートとなる。ここまでのアップデートの中でも特に印象的なのはHDR-SDR同時制作アシスト機能だろう。中継などのジャンルでHDR-SDR同時制作を先行してきたソニーだからこそ、その技術を他のジャンルでも転用しつつあるようだ。


[ Category : , , ]
[ DATE : 2020-05-01 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CP+2021]Vol.03 シグマ、山木社長が語る28-70mm F2.8 DG DNのContemporary版とArt版の違いとは?

txt・構成:編集部 山木社長がオンラインプレゼンテーションでContemporary版とArt版の違いを解説 シグマは2月24日、ミラーレス専用フルサイズ標準ズー... 続きを読む

[CP+2021]Vol.00 オンラインで開催されるCP+はいかに?

オンライン開催はいかに CP+の季節がやってきた。残念ながらは昨年のCP+2020は開催中止となったが、今年は、オンラインのみでCP+2021 ONLINEとして、2021年2月... 続きを読む

ソニーFX3メイン写真

[CP+2021]Vol.02 ソニー、小型シネマカメラ「FX3」発売。トップハンドルや冷却ファン、タリーランプなど動画専用機としての操作性や拡張性が魅力

txt・構成:編集部 ソニーは、フルサイズイメージセンサー搭載のCinema Lineの映像制作用カメラ「FX3」を2021年3月12日に発売する。受注開始は3月2日10時よ... 続きを読む

CP2021ズームレンズメイン

[CP+2021]Vol.01 パナソニック、焦点距離300mmでマクロ撮影が可能な望遠ズームレンズ「LUMIX S 70-300mm F4.5-5.6 O.I.S.」発売

txt・構成:編集部 小型化と軽量化を実現した望遠ズームレンズ登場 パナソニックは、フルサイズミラーレス一眼カメラLマウントシステム用交換レンズ「LUMIX S 70-... 続きを読む

CES2021_06

[CES2021]Vol.06 ALL DIGITALのCES2021で感じたこれからのビジネスコンベンションの行方

txt:江口靖二 構成:編集部 「CES2021 IS ALL DIGITAL」ということで、CES2021は紆余曲折を経て最終的に完全オンライン開催となった。こうした環境下... 続きを読む

[CES2021]Vol.05 インフラとしての責任を表明したTechGiantsとテクノロジーの未来とは

txt:平野陽子(大広) 構成:編集部 CES2021は全てオンラインで開催したことは周知の通りだ。そのテクノロジーパートナーとしてて支えたのがMicrosoftだ。そう今回... 続きを読む

CES2021_04_LG_top

[CES2021]Vol.04 元気になる「LG Future Talk」がオススメ!

txt:江口靖二 構成:編集部 LGがイメージするニューノーマルの世界観とは CES2020において、LGはプレスカンファレンスに加えてCES Spotlight Se... 続きを読む

Verizon_CES_keynote

[CES2021]Vol.03 5Gが映像業界を後押し、最高のエンターテインメントを生む

txt:平野陽子(大広) 構成:編集部 オール・デジタルで始まったCES2021 その年の重要なテクノロジートレンドを体現する企業が務めるKeynoteトップバッタ... 続きを読む

[CES2021]Vol.02 今年のテックトレンドとは?〜CTA’s 2021 Tech Trends to Watch解剖

txt:西村真里子 構成:編集部 手探りのCES2021はどうなるのか? オール・デジタルのCESが開幕した。CESツイッターアカウントもこのデジタル化の波を楽しむかの... 続きを読む

特集記事

ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [再現NAB2020:ソニー]カメラやポストプロダクション関連製品の機能向上アップデート