PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > Blackmagic Design製品事例:テーブルゲームシリーズ「Into the Mist」の場合

News

Blackmagic Design製品事例:テーブルゲームシリーズ「Into the Mist」の場合

2020-05-07 掲載

Blackmagic Designの発表によると、RealmSmith.tvがBlackmagic Design製品を使用して、Twitchで人気のテーブルゲーム番組「Into the Mist」をライブ配信しているという。また、RealmSmith.tvはDaVinci Resolve Studioのカットページを使用して同番組のハイライトをすばやく編集し、YouTubeでも配信を行っている。

RealmSmith.tvは、オンタリオ州トロントを拠点とするライブ配信&テーブルゲーム会社。「Into the Mist」は、ダンジョンズ&ドラゴンズの「Curse of Strahd」をキャンペーンプレイを生配信する番組。RealmSmith.tvの創設者・代表者であるジェイソン・アゼベド氏がダンジョンマスターとなり、毎週集まるプレーヤーたちとゲームを行う。彼らが囲むテーブルは、プレーヤーも視聴者もゲームの世界の一員となれる没入型のテーブルセットアップだ。配信の制作・ワークフローのあらゆる側面を管理しているのは、RealmSmith.tvの共同創設者であるジョエル・オージュ氏だ。

RealmSmith.tvが「Into the Mist」に着手した際、彼らは各エピソードを通して視聴者を楽めるよう、同番組をマルチカメラライブ配信として制作することに決めた。そして最初に、より映画的な雰囲気を得るために、ATEM Telesvision Studio HDライブプロダクションスイッチャーを1台、Blackmagic Micro Cinema Cameraを2台、Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kを2台購入した。その後、Pocket Cinema Camera 4Kをさらに2台追加し、より多くのカメラアングルから撮影することで、視聴者の体験を向上させることに成功した。

アゼベド氏:多くのライブ配信番組は、各プレーヤーがそれぞれ自宅からウェブカムで参加する様子を前から映すスタイルです。しかし「Into the Mist」は、全プレーヤーを同じ部屋に集め、複数のカメラときちんとした照明を使用して撮影したいと考えました。プロフェッショナルで映画的なルックでライブ配信を行うことで、他との差別化を徹底しています。

2台のPocket Cinema Camera 4Kはフロントショット用にセットアップされ、1台はダンジョンマスター用、もう1台は6人のプレーヤーが囲むテーブル全体のワイドショット用として使用されている。2台のPocket Cinema Camera 4Kはテーブルの両側に配置され、プレーヤーの肩越しにテーブルの逆側を撮影するセットアップだ。

また、RealmSmith.tvはATEM Television Studio HDを使用して、それらのカメラの切り替えや、カメラの変更とアニメーションのシーケンスのマッピングを行っている。2年前にガレージでライブ配信を開始して以来、ATEM Television Studio HDを含めた機器は、RealmSmith.tvが撮影場所に関わらずプロフェッショナルな配信を行う上で重要な役割を担っている。

オージュ氏:ATEM Television Studio HDは、私たちの配信の中軸です。これがなければ、その場でタイトルショットを撮影したり、動的に制作されるライブ番組のスイッチングを自宅で行ったりすることはできません。

制作チームが離れた場所から配信する必要がある際、オージュ氏はBlackmagic Web Presenterによる自宅からのワークフローを用いる。

通常のワークフローを変化させて離れた場所から配信する必要がある場合でも、大きく貢献してくれます。低速なインターネット環境でも高品質の配信が行えますね。

3時間にわたる各週のライブ配信がダンジョンズ&ドラゴンズおよびRealmSmith.tvのTwitchチャンネルで配信される一方で、RealmSmith.tvはDaVinci Resolve Studioのカットページを使用し、同番組の冒頭部分を要約したリキャップ映像を作成して、それぞれのYouTubeチャンネルでも配信している。

生配信の翌日、配信全体をチェックして、リキャップ映像で強調したい部分にマーカーをつけてハイライトし、それをエディターに渡します。エディターはライブ配信のフッテージをDaVinci Resolve Studioのタイムラインに取り込み、カットページでリキャップ映像を作成します。

カットページのタイムラインでは、3時間のゲームセッション全体を確認しながら、カットからカットへすばやくナビゲートできる。

基本的には、3時間のゲームプレイを約3分間のリキャップ映像にまとめます。カットページの編集ワークフローは合理的で、コンテンツをスピーディに編集できるので、すぐにYouTubeに投稿できます。DaVinci Resolve Studioがなければ非常に時間のかかる作業で、生配信と最終的なビデオの間に大きな時差が生じてしまいます。

また、RealmSmith.tvはDaVinci Resolve Studioを使用して「Into the Mist」シリーズのイントロも作成している。各プレイヤーの生活とそれぞれのキャラクターをブレンドするアニメーションシーケンスだ。制作チームは、エディットページのリタイムカーブツールを駆使して、イントロ中に各キャラクターの間に表示するドラマチックな煙エフェクトも作成した。その後、オーディオの各セグメントをマーカーでマッピングして映像の速度を変更し、ビデオクリップを音楽に合わせて調整した。

他の小さなビジネスと一緒で、予算は非常に重要です。Blackmagic DesignのPocket Cinema Camera 4KやDaVinci Resolve Studioのように、低価格で豊富な機能を搭載し、素晴らしいシネマルックの映像を作成できる機器は、私たちがこのプロジェクトを始める上で完璧な選択肢でしたね。


[ Category : ]
[ DATE : 2020-05-07 ]
[ TAG : ]

関連する記事

Blackmagic Design製品事例:コナミクリエイティブセンター銀座のeスポーツスタジオの場合

Blackmagic Designの発表によると、コナミクリエイティブセンター銀座で、Blackmagic URSA BroadcastカメラやATEM 2 M/E Product... 続きを読む

Blackmagic Design製品事例:メディアコープ・シンガポールのコメディー・ドラマ「Classmates」の場合

Blackmagic Designの発表によると、シンガポールに拠点を置くEcho Entertainmentが、メディアコープ・シンガポールの近日公開予定のコメディー・ドラマ「C... 続きを読む

Blackmagic Design製品事例:ライトストーム・エンターテインメント「アバター」続編の場合

Blackmagic Designの発表によると、ライトストーム・エンターテインメントが「アバター」の続編制作に、Teranex AV、Smart VideoHub 12G 40x... 続きを読む

ブラックマジックデザイン、Blackmagic URSA Mini Pro 4.6Kのアップデートを発表

Blackmagic Designは、Blackmagic URSA Mini Pro 4.6Kのメジャーソフトウェアアップデートを発表した。Blackmagic Camera 6... 続きを読む

Blackmagic Design製品事例:ジャスミン・アッシュのミュージックビデオ「Same Sun」の場合

Blackmagic Designの発表によると、ジャスミン・アッシュ氏の新しいシングル「Same Sun」がブレンダン・ウォルター氏によりPocket Cinema Camera... 続きを読む

トップ > ニュース > Blackmagic Design製品事例:テーブルゲームシリーズ「Into the Mist」の場合