PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [再現NAB2020:パナソニック]新しいコンセプトとアーキテクチャーによるライブ映像制作プラットフォーム
News

[再現NAB2020:パナソニック]新しいコンセプトとアーキテクチャーによるライブ映像制作プラットフォーム

#Panasonic #NAB2020 #再現NAB2020

2020-05-07 掲載

ST2110、NDIなどのパケットをCPUおよびGPUの能力で処理する独自のソフトウェア開発によって実現したIT/IPプラットフォーム

パナソニックは、NAB2020で展示予定だった新たなプロダクトとしてIT/IPプラットフォームを発表した。IT/IPプラットフォームは、新しいコンセプトとアーキテクチャーによるライブ映像制作プラットフォーム。ST2110、NDIなどのパケットをCPUおよびGPUの能力で処理する独自のソフトウェア開発によって実現された。機器のリソースが最大限に活用され、ハードウェア構成による制約を免れなかった既存のシステムでは実現できないパフォーマンスをもたらすとしている。

すべての映像信号をGPU/CPUの能力で処理することにより様々な映像フォーマットの混在運用やスケーリング機能やマルチスクリーン出力が可能であり、従来のスイッチャーのようにME数・KEY数の制約に縛られないGPUパワーの許す限りレイヤーを重ねていく映像制作が可能である点がこだわりポイントだという。さらに、GPUで一括処理するため、リエントリを繰り返してもその度にフレーム遅延が増える事はない。最短1フレームの低遅延で処理が可能なため、ライブイベントでも十分に活用できるパフォーマンスを有している。

スタジオおよびライブステージでの使用を推奨、想定している。ベースバンドやIPの混在運用が容易であり、リモートスタジオを視野に入れた今後のスタジオIP化に適する事や、オープンなプラットフォームにより外部機器連携などシステムの統合化が容易なので、今後のスタジオの統合化に適しているという。また、前述の通りマルチスクリーン出力が容易で、大型映像によるステージ演出に適しているだろう。

開発時の苦労点・こだわりポイントとしては、ユーザフレンドリーなインターフェースが挙げられる。直感的で使いやすいGUIとレイアウトを自由にカスタマイズできるコントロールパネルなど、使いやすさの新しいスタンダードになると同社はコメントしている。一方で、新しいインターフェースは従来機器に慣れたユーザーには戸惑いを与えるとよく言われるが、その点をいかに配慮するかにもこだわっている。具体的にはコントロールパネルに従来機器同等の操作ができるモードを用意。従来機器になれたユーザーにも戸惑いなく使用できるだろう。

■一言アピール!

このプラットフォームは非常に高い柔軟性・拡張性を備えています。ITベースのオープンアーキテクチャーであるため、アプリケーションソフトウェアの追加による機能拡張や外部機器連携が可能でシステムの拡張や統合化が容易に図れます。進化し続けるプラットフォームにご期待頂ければ幸いです。

また、日本時間5月7日に開催予定のオンラインイベントにてこのプラットフォームの愛称を発表予定です。今後はその愛称にて親しみを持って呼んで頂ければ幸いです。


[ Category : , , ]
[ DATE : 2020-05-07 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Camera Preview 2020]Vol.04 パナソニック、S1H Ver.2.0メジャーアップデートを提供開始

txt・構成:編集部 動画RAWデータ出力機能は急遽延期 パナソニックは5月25日、S1H初のメジャーアップデートなるファームウェア2.0を無償で提供開始した。しかし、... 続きを読む

[再現NAB2020:動画]エーディテクノ「LCD1017」

NAB2020で展示予定だった製品を1分間の動画で紹介するコーナー。エーディテクノ社から「LCD1017」をご紹介いただきました! ... 続きを読む

[再現NAB2020:動画]エーディテクノ「UH2380S」

NAB2020で展示予定だった製品を1分間の動画で紹介するコーナー。エーディテクノ社から「UH2380S」をご紹介いただきました! ... 続きを読む

[再現NAB2020:動画]Digital Forecast「UHD_SOT/UHD_OSR」

NAB2020で展示予定だった製品を1分間の動画で紹介するコーナー。Digital Forecast社から「UHD_SOT/UHD_OSR」をご紹介いただきました! ... 続きを読む

[PRN Magazine]ISSUE 13 特別版をPDFにて配布中!

PRN MagazineをPDFにて限定配布中! 緊急事態宣言も解除されましたが、まだまだ予断は許されない状況です。通常印刷物で配布中の「PRN Magazine」を今号限定で、... 続きを読む

[再現NAB2020]まとめ:パナソニック(ビジネス)編

製品レポート AW-UE100 AK-HC3900GJ/AK-HC3900GSJ KAI... 続きを読む

[再現NAB2020]まとめ:朋栄編

製品レポート MV-1640IP ... 続きを読む

[再現NAB2020]まとめ:ソニー編

動画レポート ■映像制作ソリューション最新動向 Part01 ■映像制作ソリューション最新動向 Part02 製品レポート ... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [再現NAB2020:パナソニック]新しいコンセプトとアーキテクチャーによるライブ映像制作プラットフォーム