PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. YouTube、720pをHD定義から外す
News

YouTube、720pをHD定義から外す

#YouTube

2020-05-21 掲載

YouTubeのHTML5ビデオプレイヤーにある720p設定からHDのタグが消えていることに気が付かれただろうか?YouTubeのプレイヤーでは、一般的に“FHD(フルHD)”として知られる1080p(画素数1920×1080)のコンテンツをHDと定義するようになった。

パンデミックのさなか、YouTubeはネットワークのトラフィックと帯域確保の施策として、標準解像度SDでの視聴をデフォルトにする展開を、グローバルで行っている。HDでコンテンツを観るには、都度、設定でHDに変更しないと観られないようになっている。

今までは、360pまたは480p(画素数720×480)のストリーミングコンテンツは「標準解像度SD」で、720p(画素数1280×720)と1080p(画素数1920×1080)はHDとして分類されていた。720pフォーマットといえば、10年前では「高精細度ビデオ」に分類され、HDTVで使用されていた2つのフォーマット(720pと1080i)の1つであった。何が画像の品質に影響を与えるかについて深堀されずに「ピクセルが多いほど良い」という概念が定着しているが、実際、一般の視聴者の肉眼では、スマートフォンのディスプレイやPC上で鑑賞する720pと1080pの画質差異は、わずかにしか感じられない(同じフレームレートと仮定)。

YouTubeでは、動画コーデックをH.264/VP9/AV1の3種類を使い分けているようだが、720pと1080pの配信ビットレートの差は1.5倍ほどになり、視認による画質差異感よりも大幅に違う。よってYouTubeは、ネットワークのトラフィックを抑制しながらもユーザーの視聴エクスペリエンス品質を保つために、このタイミングで720pからHDバッチを外したのかもしれない。

(ザッカメッカ)


[ Category : ]
[ DATE : 2020-05-21 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ビデオ配信サービス、帯域幅の使用量削減作戦

動画配信サービスYouTubeは、新型コロナウイルス感染症対策の影響によるネットワークへの負担を軽減するため、標準解像度SDでの視聴をデフォルトにする展開をグローバルで開始した。Y... 続きを読む

ワンメディアとサイバーエージェント、企業YouTubeアカウントの開発&運用を行う広告ソリューション「ブランデッドチャンネル」を提供開始

ワンメディア株式会社は、株式会社サイバーエージェントと共同で、広告主企業の自社YouTubeチャンネルの開発・運用を行うコンテンツマーケティングソリューション「ブランデッドチャンネ... 続きを読む

YouTube、一部の米国都市でテレビ放送をモバイル端末で視聴できる月額定額サービス「YouTube TV」をスタート

YouTubeは、ニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコベイエリア、シカゴ、フィラデルフィアなどのエリアを対象に、テレビ放送をモバイル端末で視聴できる月額定額サービス「You... 続きを読む

Apple Safari、YouTubeの4K動画再生非対応に。YouTube、4K VP9エンコードのみに切り替え

AppleのブラウザSafari上で、YouTubeの解像度オプションに2160pの4K解像度が表示されなくなっている問題が、昨年末あたりからApple公式のコミュニティサイトをは... 続きを読む

YouTube、4Kライブストリーミングに対応。4Kインターネットテレビ、Chromecast Ultraで新たな視聴体験

YouTubeは11月30日に、360°VRを含めて4K解像度でライブストリーミングが行えることを公式ブログにて発表した。12月1日には、ゲームアワード2016のイベントにて、初4... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. YouTube、720pをHD定義から外す