PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. 東京国際プロジェクションマッピングアワードVol.5のエントリー受付開始
News

東京国際プロジェクションマッピングアワードVol.5のエントリー受付開始

#プロジェクションマッピング #EVENT

2020-05-22 掲載

東京国際プロジェクションマッピングアワード実行委員会は、若手クリエイターを対象とした「東京国際プロジェクションマッピングアワードVol.5」のエントリー受付を5月15日より開始したことを発表した。エントリーの締切は6月14日まで。

「東京国際プロジェクションマッピングアワード」は、若手空間映像クリエイターを対象としたプロジェクションマッピングのコンテスト。将来のコンテンツ産業の中核となる人材の発掘・育成と、プロジェクションマッピングという空間映像技術の高度化と普及を目的に開催している。今年は新型コロナウイルス感染症による影響を考慮し、ワークショップはオンラインにて実施予定。

前回Vol.4会場の様子

5回目の開催を迎える今年のテーマは「CONNECT with」。世界が変化しつつある今、未来に向かって何と繋がっていきたいか、枠にとらわれずあらゆる発想で想いが伝わる作品を募集する。また、今年は学生部門に加えて、25歳以下のクリエイターに向けたU-25部門を新設した。

(以下、プレスリリースより引用)

■スケジュール(※予定)
エントリー期間:2020年5月15日(金)~6月19日(金)
第一次審査結果発表:6月26日(金)
映像制作期間:7月~10月
上映会および表彰式:2020年11月14日(土)東京ビッグサイト(会場)

■各賞/副賞(賞金総額100万円)
応募作品の中から優秀と認められた作品に対し、以下の各賞および副賞を授与します。

「学生部門」

  • 最優秀賞(賞金、トロフィー、賞状)
  • 優秀賞(賞金、トロフィー、賞状)

「U-25部門」

  • 最優秀賞(賞金、トロフィー、賞状)
  • 優秀賞(賞金、トロフィー、賞状)

東京国際プロジェクションマッピングアワードVol.5


[ Category : ]
[ DATE : 2020-05-22 ]
[ TAG : ]

関連する記事

アスクとEIZO、「HDR制作ワークフローに関する無料Webセミナー」を開催

株式会社アスク メディア&エンタープライズ事業部(アスク・エムイー)とEIZO株式会社は共催で、「HDR制作ワークフローに関する無料Webセミナー」を2020年8月20日に開催する... 続きを読む

オーディオストックとスペースシャワーネットワークが共同でオンラインセミナー「実践!放送&配信でおさえておきたい著作権」を開催

ストックミュージックサービス「Audiostock」を運営する株式会社オーディオストックは、株式会社スペースシャワーネットワー クと共同で、放送業界や映像制作業界の人を対象にした... 続きを読む

ソニー、「SSFF & ASIA」のオフィシャルコンペティションを2021年度もサポート。新たに「スマートフォン映画作品部門」を始動

ソニーは、米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア(以下:SSFF & ASIA)」が2020年8月1日より作品募集を開始... 続きを読む

RODE、短編映画コンテスト「My RØDE Reel」を開催

豪州RODE MICROPHONES社は、今年で7回目を迎える短編映画コンテスト「My RØDE Reel」を開催する。応募期限は2020年10月7日午前10時(日本時間)まで、受... 続きを読む

ソニー、ジャンルの垣根を超えデジタルエンターテインメントの新たな才能を発掘する「Sony Talent League by THU」を開催

ソニーは、クリエイティブコミュニティ「Trojan Horse was a Unicorn(THU)」とともに、2020年7月31日~10月19日の期間中、ジャンルの垣根を超えデジ... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. 東京国際プロジェクションマッピングアワードVol.5のエントリー受付開始