PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. Blackmagic Design製品事例:シンガポールで開催されたDARTSLIVEカップのトーナメント配信の場合
News

Blackmagic Design製品事例:シンガポールで開催されたDARTSLIVEカップのトーナメント配信の場合

2020-06-12 掲載

Blackmagic Designの発表によると、先日シンガポールで開催されたDARTSLIVEカップのトーナメントの配信に、9Darts.HKが多数のBlackmagic Designの配信および放送機器を使用したという。マルチカムで行われた同ライブ配信は、ATEM 2 M/E Production Studio 4KおよびATEM Television Studio HDを組み合わせてスイッチングされ、HyperDeck Studio MiniがATEM 2 M/E Production Studio 4Kから直接イベントを収録した。

DARTSLIVEは、ネットワークで接続された電子ソフトダーツボードで、世界中で高い人気を集めている。このボードを使用したトーナメントやリーグは、各地で年間を通して開催されている。9Darts.HKは、ダーツの開発およびダーツをメインストリームのスポーツに押し上げるための活動に励んでおり、ダーツに関する情報源の第一人者だ。9Darts.HKは、最新のリーグ情報、ダーツ関連アクティビティの開発、世界各地のファンに向けたイベントのライブ配信を多数のチャンネルで行なっている。

9Darts.HKはシンガポールで開催されたDARTSLIVEの優勝決定戦の放送を行なった。試合は、シンガポールのショッピングセンターであるBugis+から、4台のカメラでライブ配信され、ATEM 2 M/E Production Studio 4Kがメインのスイッチャーとして使用された。ATEM Television Studio HDは、出演者やアスリートにより様々なラップトップで情報をスイッチングするために使用され、会場に設置されたスクリーンにチャートやスコアの表示も行なった。9Darts.HKの創始者であり、ディレクターのアラン・イップ氏は次のようにコメントしている。

ダーツトーナメントの放送および配信は、他にはないチャレンジが伴います。会場の大きさが毎回変わることに加え、アクションのクローズアップが求められるからです。視聴者は、試合に関する多くの情報を求めており、ダーツプレイヤーのクローズアップは欠かせません。しかし、撮影がアクションを邪魔することは決してあってはなりません。

ATEMスイッチャーは、必要に応じてクリエイティブな使い方ができます。また、小型で可搬性に優れているので、ショッピングモールでも小さなゲームルームでも、場所を問わずにセットアップできます。

シンガポールでの試合には、プレイヤーを映したメインのショット、ダーツボード、様々なグラフィックを3分割したスクリーンに割り当てて配信を行なった。今回の配信では、9Darts.HKは特にATEM 2 M/E Production Studio 4KのSuperSourceを頻繁に使用したという。この機能では、最大4つのピクチャー・イン・ピクチャーDVEとあらゆるATEMビデオ出力に割り当て可能な4つのキーヤーが使用できる。

配信のすべてのピクチャー・イン・ピクチャーを実行するために、ATEM 2 M/E Production Studio 4KのSuperSourceを繰り返し使用しました。その良い一例が、左下のピクチャー・イン・ピクチャーです。ここには、スコアのグラフィックを表示し、プレイヤーが毎回ダーツを投げるたびにトリガーする必要があります。ダーツの機械自体から取ったVGAソースをATEM 2 M/E Production Studio 4Kにフィードし、SuperSourceと共に使用しました。これにより、全プロセスを自動化でき、瞬時にアクションを呼び出すことができました。

Blackmagic Designのワークフローは、セットアップや機材の移動が簡単であり、使用するスペースが小さいことも、9Darts.HKが同社の製品を選んだ重要な要素だという。シンガポールでの試合は、Bugis+ショッピングモールの2階で通常の営業時間内に開催されたため、制作がアスリートとモールの買い物客に与える影響を最小限に抑える必要があった。

このイベントでは、セットアップのスペースも時間も限られており、2名のスタッフですべてに対応する必要がありました。Blackmagic Designの機材は、ポータブルでセットアップが簡単なため、大変助けられました。同社の製品は最高レベルの放送機能を備えていながらも、家庭やオフィスなどの狭いスペースで使用でき、規模の小さなライブ配信を高品質に実行できます。


[ Category : ]
[ DATE : 2020-06-12 ]
[ TAG : ]

関連する記事

Phoenix Sessions

Blackmagic Design製品事例:ジミー・イート・ワールドのコンサート「Phoenix Sessions」の場合

Blackmagic Designの発表によると、ロックバンド、ジミー・イート・ワールドが世界配信したコンサートシリーズ「Phoenix Sessions」の撮影に、URSA Mi... 続きを読む

MixOne Sound

Blackmagic Design製品事例:MixOne Soundのライブ演奏収録およびライブ配信の場合

Blackmagic Designの発表によると、オーディオビジュアルおよびステージ演出を専門とするMixOne Soundが、ライブ演奏の収録およびライブ配信用にBlackmag... 続きを読む

Blackmagic Design製品事例:インディーズのスリラー映画「Outlier」の場合

Blackmagic Designの発表によると、インディーズ映画「Outlier(原題)」が、Blackmagic Pocket Cinema Camera 6Kで撮影され、ポス... 続きを読む

記事のタイトル

Blackmagic Design、roomsとファッション業界に向けた映像制作セミナー共催

Blackmagic Designは、2021年3月16日に、アッシュ・ペー・フランス株式会社rooms事業部と映像制作オンラインセミナーを共催する。 同セミナーでは、DRA... 続きを読む

ATEM Mini事例:救急救命のボランティア組織「セント・ジョン・アンビュランス」の場合

Blackmagic Designの発表によると、救急救命のボランティア組織であるセント・ジョン・アンビュランスが、コロナ禍における必要不可欠なコミュニケーションおよびトレーニング... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. Blackmagic Design製品事例:シンガポールで開催されたDARTSLIVEカップのトーナメント配信の場合