PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. Blackmagic Design製品事例:Bando Cameraのライブ配信スタジオの場合
News

Blackmagic Design製品事例:Bando Cameraのライブ配信スタジオの場合

2020-06-23 掲載

Blackmagic Designの発表によると、Bando CameraがATEM 1 M/E Production Studio 4KATEM MiniATEM Mini ProなどのBlackmagic Design製品を使用して、ライブ配信スタジオ3室を構築したという。同スタジオは、すでにK-POPの人気歌手エリック・ナムやイ・スヒョンによるパフォーマンスに加え、MBCテレビ麗水市支局のプログラム制作など、様々な配信に利用されている。

韓国のソウルに拠点を置くBando Cameraは、韓国最大の視覚映像関連ショップの一つ。この新しいスタジオは、個人から大規模なグループまで様々なレベルのマルチカム配信を行う人々に貸し出されている。2019年後半に開業して以来、韓国の超人気ポップスター、グローバル企業、主要放送局により同スタジオは使用されているという。

同スタジオは、ミニコンサートなどのイベント用のオープンスペース大型スタジオと、個人使用向けの2つの防音ブースで構成されている。ブースには、ビデオのスイッチングおよびグラフィック挿入用のATEM 1 M/E Production Studio 4KおよびATEM Mini、施設内でメディアを共有するためのSmart Videohub 40×40ルーター、ATEMスイッチャーから直接収録を行うHyperDeck Studio Miniが設置されている。

SmartView 4KおよびSmartView Duoモニターは、配信を監督するBando Cameraのスタッフ2名により使用されており、DeckLink SDI 4Kカードおよび多数のTeranex Miniコンバーターでキャプチャー・再生と変換を行なっている。Bando Cameraの新メディアチーム長のキム・ビョンジュン氏は次のようにコメントしている。

大型のATEM 1 M/E Production Studio 4Kおよび新製品のATEM Miniを含む、Blackmagic Designのライブプロダクション用ソリューションを選んだ理由は、撮影からポストプロダクションまでを一括してカバーできると判断したからです。また、将来的に拡大しやすいシステムだと思います。

ATEMで実行できることは多様です。弊社では、クロマキーとピクチャー・イン・ピクチャーを常に使用しています。企業や、コンサートなどのコンテンツ制作を行うテレビ局にとっては、複数の入力ソースを同時に確認できるATEMのマルチビューは必須の機能です。

ATEM Miniは、コンテンツ制作を始めたばかりのYouTubeのクリエイターに特に適している製品です。ATEM Miniは4つの入力を接続でき、以前はコンピューターで行なっていた作業をスイッチャーで実行でき、極めてポータブルで、すぐに配信できるシンプルさが気に入っています。

開業直後に大型スタジオで開催された主要な配信イベントの多くに、韓国の人気ポップスターがライブ出演した。その一つは、AKMUのイ・スヒョンによるライブ配信で、YouTubeのチャンネル登録者数が100万人を超えたことを祝い、同スタジオからコンサートが配信された。また、エリック・ナムはYouTube用にライブコンサートを配信した。

韓国三大地上波テレビ局の一つであるMBCテレビの麗水市支局も、同新スタジオで多数のライブ配信を行なった。コンテンツ作成のために、セレブやその他のゲストにソウルから麗水市まで移動を依頼する必要がないように、MBCテレビ麗水市支局はYouTubeの同社のチャンネルおよびTROT CLASSチャンネル用のライブ配信をBando Cameraのスタジオから行なった。これらの配信にはすべて、ATEM 1 M/E Production Studio 4Kを中心としたBlackmagic Designの配信ワークフローが使用された。

スタジオは、すべてBlackmagic Designのワークフローで構築されています。これにより、高品質でコンパクトでありながら、ユーザーフレンドリーな配信用コンテンツの制作が行える環境を作ることができました。コンテンツの作成がはるかに簡素化され、視聴者の好みや興味に合わせた様々なコンテンツが制作しやすくなりました。スタジオがオープンしてからわずか数ヶ月ですが、芸能事務所がYouTubeチャンネル用の制作に使用したり、すでにあらゆるタイプのクリエイターが弊社のスタジオを使用しています。


[ Category : ]
[ DATE : 2020-06-23 ]
[ TAG : ]

関連記事

MOZAAir2Sメイン写真

Gudsen Technology、Airシリーズの新製品「MOZA Air 2S」発表。動きを正確に制御できるスマートマイクロハンドホイールを搭載

Gudsen Technologyは、MOZA Air 2の後継機種となる新製品「MOZA Air 2S」を発表した。予約注文を開始しており、米国での小売希望価格は499ドル。 ... 続きを読む

ZEISS、175年の歴史を迎える。未来に向けた革新の力とは?

2021年に創業175周年を迎えるZEISSは、歴史を振り返る特設サイトを公開した。 特設サイトでは、顕微鏡、月面着陸、ノーベル賞、EUVリソグラフィなどは、ZEISSが歴史に名... 続きを読む

Sony

ソニー、「Camera Remote SDK」Version 1.04提供開始。複数台撮影の対応、有線LAN接続が可能に

ソニーは、リモートからソニー製デジタルカメラの操作・設定変更が可能なソフトウェア開発キット「Camera Remote SDK」の新バージョン(Version 1.04)を、202... 続きを読む

Tokina Cinema 25-75mm T2.9メイン写真

Tokina Cinema、シネマズームレンズ「25-75mm T2.9」のプレオーダー開始

Tokina Cinemaは、シネマズームレンズ「25-75mm T2.9」をプレオーダーを開始した。以前、2021年春に発売予定としていたもの。出荷開始は2021年7月予定。米国... 続きを読む

BenQ

BenQ、プロクリエイター向けモニター「PD2725U」発売。4K UHD解像度、VESA Display HDR400対応

ベンキュージャパン株式会社は、AQCOLORシリーズの新製品として、4K UHD解像度、VESA Display HDR400に対応し、Thunderbolt 3端子付きの27イン... 続きを読む

Xceed

Blackmagic URSA Mini Pro 12K事例:起亜自動車Xceed新CMの場合

Blackmagic Designの発表によると、ザルツブルグに拠点を置くコンテンツ制作会社freystilが、起亜自動車オーストリアの最新広告キャンペーンをBlackmagic ... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. Blackmagic Design製品事例:Bando Cameraのライブ配信スタジオの場合