PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. NHK、有機膜を積層した3層カラー撮像素子を開発
News

NHK、有機膜を積層した3層カラー撮像素子を開発

2020-06-26 掲載

開発した3層カラー撮像素子と動作原理

NHKは、青色のみ、緑色のみの光を検出する有機膜を、赤色の光を検出するCMOSイメージセンサーの上に垂直方向に重ねて配置した、3層構造のカラー撮像素子を開発した。3層カラー撮像素子の仕様は以下の通り。

(以下、プレスリリースより引用)

  • 素子構造:青色用有機膜(ガラス基板上に積層)+緑色用有機膜(赤色用CMOSイメージセンサー上に積層)
  • 画素数:横320×縦240
  • 画素ピッチ:20μm
  • フレームレート:60フレーム/秒

同社は高精細な小型単板カラーカメラの実現を目指し、光を電気信号に変換する有機膜を用いた撮像素子の研究開発を進めている。⼀般的な小型単板カラーカメラ用の撮像素子は、青・緑・赤のフィルターを取り付けた画素をモザイク状に並べて配置しているが、複数の画素からの色情報を集めてカラー映像を生成するため、素子が本来持つ解像度や光の利用効率が低くなることが課題だった。

開発した3層カラー撮像素子の出力画像(左)と分光特性(右)

入射した光は、最初に青色の成分のみが1層目の有機膜で検出され、緑色と赤色の成分が透過する。次に緑色の成分のみが2層目の有機膜で、最後に赤色の成分がCMOSイメージセンサーで検出される。有機膜には透明な薄膜トランジスターを組み合わせてあり、各層から出力された信号を足し合わせると、カラー映像が出力できる。1つの画素で青・緑・赤すべての色情報が得られる構造により、光をより効率的に利用しながら、高精細な撮像素子が実現できるとしている。


[ Category : ]
[ DATE : 2020-06-26 ]
[ TAG : ]

関連記事

HOLLYLAND、常時同時通話ワイヤレスインターカム「MARS T1000」モニターを募集

HOLLYLAND社は、同時通話が可能なワイヤレスインターカムシステム「MARS T1000」が体験できるモニターキャンペーンを2021年5月10日~5月25日で実施する。 ... 続きを読む

Lot2 Media

Blackmagic Design製品事例:映像制作スタジオLot2 Mediaの場合

Blackmagic Designの発表によると、映像制作スタジオであるLot2 Mediaが、Blackmagic URSA Mini Pro 12Kデジタルフィルムカメラおよび... 続きを読む

Blackmagic Design

Blackmagic Design製品事例:Artlistのドキュメンタリー制作の場合

Blackmagic Designの発表によると、著作権使用料無料の音楽ライセンスおよび素材映像企業であるArtlist.ioが、Blackmagic URSA Mini Pro ... 続きを読む

HOLLYLAND、ワイヤレスインターカムシステム「MARS T1000」発売。1,000FTの常時同時通話可能

ワイヤレスビデオ·オーディオ伝送システムやワイヤレスインカムソリューションを提供するShenzhen Hollyland Technology Co., Ltd. (以下:Holl... 続きを読む

[週刊アクセスランキングTOP10]2021年4月26日~5月9日

こんにちは!PRONEWS編集部です。 毎週月曜日に前週に人気だった記事TOP10を発表する「週刊アクセスランキング」!今回はゴールデンウイークを含めた2021年4月26日~... 続きを読む

IDK

IDK、4K HDR対応HDMI分配器をリニューアル発売

株式会社アイ・ディ・ケイは、同社のHDMI分配器「VAC-S Uシリーズ」を2021年5月10日にリニューアル発売した。ラインナップと希望小売価格は以下の通り。 1入力2出力... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. NHK、有機膜を積層した3層カラー撮像素子を開発