PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. ATOMOS、ラージフォーマット対応GFX100から12ビット4K ProRes RAW収録対応を発表
News

ATOMOS、ラージフォーマット対応GFX100から12ビット4K ProRes RAW収録対応を発表

#ATOMOS #富士フイルム #NINJA #GFX

2020-06-30 掲載

ATOMOSは、富士フイルムのラージフォーマットCMOSセンサーを搭載した「GFX100」と、ATOMOSのHDMIフィールドモニター/レコーダー「NINJA V」がHDMI経由での収録に対応することを発表した。富士フイルムはGFX100対応ファームウェアアップデートVer.2.00の提供を開始し、ATOMOSは2020年7月にAtomOSアップデートを無料提供する。

NINJA Vは、GFX100の大型CMOSセンサーから最大4K30P 12ビットApple ProRes RAWの記録に対応したことで、世界初の商業利用可能な中判RAWビデオ撮影システムとなる。RAW以外では、GFX100のHDMI出力から最大10bit 4:2:2 ProResとAvid DNxHD記録に対応。各収録フォーマットは、NINJA VのAtomX SSD miniに記録可能。また、NINJA VからATOMOS SUMO19にビデオ信号を出力でき、監督、クライアント、フォーカスプラー、または正確な色味を確認したい人向けのオンセットHDRモニタリングもできるとしている。

ATOMOSのCEO ジェロミー・ヤング氏は次のようにコメントしている。

RAW撮影が可能な大型センサービデオカメラという選択肢を撮影監督に提供し、シネマ制作を民主化という私たちの使命を継続します。当社のHDRテクノロジーと富士フイルムの卓越した色の長い歴史とAppleのProRes RAWコーデックは、最高の組み合わせを実現します。 この素晴らしいセットアップで撮影された映画、テレビ番組、コマーシャルを楽しみにしています。


[ Category : ]
[ DATE : 2020-06-30 ]
[ TAG : ]

関連する記事

HP12×7.6メイン

富士フイルム、広角7.6mmから91mmまでの焦点距離を備えた8K対応放送用ズームレンズ「HP12×7.6」の発売日が決定

富士フイルム株式会社は、8K映像の撮影を実現する放送用ズームレンズ「FUJINON HP12×7.6ERD-S9」(以下:HP12×7.6)を2021年2月より発売する。以前、20... 続きを読む

HP66×15.2メイン

富士フイルム、66倍ズーム・望遠11000mmのボックスタイプの8K対応放送用ズームレンズ「HP66×15.2」の発売日が決定

富士フイルム株式会社は8K映像の撮影を実現する放送用ズームレンズ「FUJINON HP66×15.2-ESM」(以下:HP66×15.2)を2021年2月より発売する。以前、202... 続きを読む

Irix 45mm f1.4 GFXメイン

Irix、富士フイルムGFXシステム対応「Irix 45mm f/1.4 GFX」を発表

Irixは、中判センサーを搭載した富士フイルムGFXシステムで使用できる「Irix 45mm f/1.4 GFX」を発表した。ヨーロッパでの希望小売価格は845,00ユーロ。日本国... 続きを読む

FUJINON Premista19-45mmT2.9メイン

富士フイルム、「Premista」シリーズの広角ズームタイプ「FUJINON Premista19-45mmT2.9」の発売日が決定

富士フイルム株式会社は、ラージフォーマットセンサーに対応した焦点距離19-45mmの広角ズームレンズ「Premista19-45mmT2.9」を2021年1月28日より発売する。以... 続きを読む

[再現InterBEE2020]まとめ:富士フイルム編

製品レポート FUJINON Premista19-45mmT2.9 関連記事 Premist... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. ATOMOS、ラージフォーマット対応GFX100から12ビット4K ProRes RAW収録対応を発表