PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. キヤノンオプトロン、人工蛍石結晶を日本カメラ博物館に寄贈
News

キヤノンオプトロン、人工蛍石結晶を日本カメラ博物館に寄贈

#Canon

2020-07-02 掲載

「人工蛍石結晶」寄贈の様子

キヤノンオプトロン株式会社は7月2日、茨城県結城市の本社内で製造する「人工蛍石結晶」を一般財団法人日本カメラ博物館財団(以下、JCII)に寄贈した。寄贈した「人工蛍石結晶」は、明日より、JCIIが運営する日本カメラ博物館(東京都・千代田区)で展示される。

寄贈するのは、放送用レンズに使われる大口径の人工蛍石結晶で、JCIIの要請を受けて実現。人工蛍石結晶の製造を通じた半世紀以上にわたる光学産業への貢献が評価されたという。

寄贈した「人工蛍石結晶」

蛍石は、高温で熱したとき、夏の夜に舞う蛍のように美しく発光することから名付けられたフッ化カルシウム(CaF2)の結晶。光学ガラスと組み合わせることで、色収差の補正を理想に近い形で行える光学特性を備えている。

キヤノンは人工蛍石を採用したカメラ用交換レンズ「FL-F300mm F5.6」を1969年5月に世界で初めて一般消費者向けに発売して以来、今日に至るまで半世紀以上にわたり性能の高いレンズを設計する一つの手段として人工蛍石を用いている。

日本カメラ博物館の運営委員、市川泰憲氏は次のようにコメントしている。

蛍石は極めて特徴的な光学特性や、可視光線から紫外線・赤外線領域までの幅広い波長の光を透過することから、古くから顕微鏡や科学写真用特殊レンズなどに使われてきました。今日のレンズでは特殊低分散ガラスの多用も進みますが、キヤノンは半世紀以上にわたり、高性能レンズの設計で蛍石を採用しており、結晶を成長させて得られる優れた特徴を持つ光学素材としての人工蛍石の存在は歴史的に意義あるものと考えます。人工蛍石結晶は、明日より、日本カメラ博物館常設のレンズコーナー内で展示します。

日本カメラ博物館の開館時間は、10:00~17:00。休館日は、毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日の火曜日)。入場料金は税込で、一般300円、中学生以下は無料。団体割引は10名以上で一般200円。

寄贈したルツボから取り出したままの非加工の状態の放送用レンズに用いられる直径210mm円盤状の人工蛍石結晶(下)。蛍石の原石(右)。1969年5月には人工蛍石を採用した交換レンズ「FL-F300mm F5.6」を発売した(左上)

[ Category : ]
[ DATE : 2020-07-02 ]
[ TAG : ]

関連する記事

キヤノン、業務用4Kディスプレイ7製品の機能修正を盛り込んだ無償ファームウェアを提供開始

業務用31型4K/HDRリファレンスディスプレイ「DP-V3120」 キヤノンは、同社の業務用ディスプレイ7製品(DP-V1710/V1711/V2410/V2411/V24... 続きを読む

キヤノン、フルサイズミラーレスカメラ「EOS R5」や交換レンズなどの発売日が決定

キヤノンは、フルサイズミラーレスカメラ「EOS R5」や、交換レンズなどを2020年7月30日に発売することを発表した。以前、2020年7月下旬発売としていたもの。 EOS ... 続きを読む

キヤノン、「EOS R5」「EOS R6」の4K/8K動画撮影時の発熱低減対策を公開

キヤノンは、同社のフルサイズミラーレスカメラ「EOS R5」「EOS R6」の温度上昇にともなう撮影時間の制限についての案内を公開し、温度上昇を踏まえた記録可能時間と待機・回復時間... 続きを読む

キヤノン、約4500万画素・最高約20コマ/秒連写と8K動画撮影を実現したフルサイズミラーレスカメラ「EOS R5」を発売

キヤノンは、新開発の有効画素数約4500万画素(総画素数約4710万画素)フルサイズCMOSセンサーと新映像エンジン「DIGIC X」、「RFレンズ」により、カメラの基本機能を総合... 続きを読む

キヤノン、最高約20コマ/秒連写のフルサイズミラーレスカメラ「EOS R6」を発売

キヤノンは、同社のフラッグシップモデル「EOS-1D X Mark III」を基にした有効画素数約2010万画素(総画素数約2140万画素)フルサイズCMOS センサーと新映像エン... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. キヤノンオプトロン、人工蛍石結晶を日本カメラ博物館に寄贈