PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. パナソニック、HDMI経由での動画RAWデータ出力に対応するLUMIX S1Hのファームウェアバージョン2.1を公開
News

パナソニック、HDMI経由での動画RAWデータ出力に対応するLUMIX S1Hのファームウェアバージョン2.1を公開

#Panasonic #LUMIX S1H

2020-07-28 掲載

パナソニックは、RAW映像データ出力をサポートするLUMIX S1Hファームウェアアップデートプログラムバージョン2.1を公開した。同社Webサイトよりダウンロード可能。

ファームウェアバージョン2.1は、ATOMOS社製HDRモニター/レコーダーNinja Vへの動画RAWデータ出力をサポート。Ninja Vへ5.9K、29.97p、4K59.94pなどの動画RAWデータの出力が可能になる。ポストプロダクション時の編集やグレーディングに有効なApple ProRes RAWをNinja Vで記録でき、プロの映像制作ワークフローへ柔軟に応えるとしている。

https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2020/07/2007028_S1H_01.jpg ※画像をクリックすると拡大します

また、動画RAWデータ出力中に、LUMIX S1Hのモニターやファインダーで映像の確認が可能になる。V-Log撮影時に相当する映像を確認できるほか、「V-Logビューアシスト」機能を使えば、プリセットのVlog_709のルックアップテーブルを適用した「LUTビューアシスト(モニター)」機能での映像確認ができるという。

Ninja Vで記録したApple ProRes RAWデータは、対応する編集ソフトウェアを使用してカラーグレーディングが可能。さらに、V-Log/V-Gamutと同じ色合いで動画RAWデータをソフトウェアで編集できる専用のLUTが用意される。慣れ親しんだV-Log/V-Gamutの色合いに変換してカラーグレーディングができ、VARICAMやEVA1LUMIX GH5シリーズなどと容易に絵合わせを行うことができるという。


[ Category : ]
[ DATE : 2020-07-28 ]
[ TAG : ]

関連する記事

AJA、パナソニックが設立したKAIROS Allianceへの参入発表

AJA Video Systems社は、パナソニックが設立したKAIROSアライアンスパートナープログラムへの参入を発表した。同プログラムへの参加により、KAIROS IPライブ映... 続きを読む

パナソニック システムソリューションズ ジャパン、ロケーションフリーな制作環境を実現する番組制作システムを開発

パナソニック システムソリューションズ ジャパンは、放送局向けにロケーションフリーなコンテンツ制作を実現する番組制作システムの開発を発表した。受注開始は2021年4月予定。希望小売... 続きを読む

パナソニック、自由なソフトウェア開発が可能なLUMIX制御用SDKを公開

パナソニック株式会社は、自由なソフトウェア開発が可能なLUMIXのSDK(Software Development Kit)を公開した。対象モデルはDC-BGH1/S1/S1R/S... 続きを読む

パナソニック、最大12台のLUMIX BGH1を制御可能なソフトウェア「LUMIX Tether for Multicam」を発表

パナソニック株式会社は、最大12台までのマルチカメラリモート操作が行えるカメラ制御ソフトウェア「LUMIX Tether for Multicam」を発表した。同ソフトウェアの対象... 続きを読む

パナソニック、C4K60p 10bit内部記録対応の新コンセプトボックススタイルデジタルカメラ「LUMIX DC-BGH1」発売

パナソニック株式会社は、LUMIXとして初めてボックススタイルを採用したミラーレス一眼「LUMIX DC-BGH1」(以下:BGH1)を2020年11月19日に発売する。希望小売価... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. パナソニック、HDMI経由での動画RAWデータ出力に対応するLUMIX S1Hのファームウェアバージョン2.1を公開