PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. Blackmagic Design製品事例:Flying Turtle Postの新作コメディー映画 「Looks That Kill」の場合
News

Blackmagic Design製品事例:Flying Turtle Postの新作コメディー映画 「Looks That Kill」の場合

#BlackmagicDesign #Fusion Studio

2020-07-29 掲載

Blackmagic Designの発表によると、VFX会社のFlying Turtle Postが、新作コメディー「Looks That Kill」の制作においてVFX・モーショングラフィックス用ソフトウェアFusion Studioを使用したという。

「Looks That Kill」は、“致命的に魅力的”という疾患を持つ十代の若者、マックス・リチャードの物語。マックスの人生は、同じく奇妙な病気を持つ女の子、アレックスとの出会いによって大きく変化する。ケレン・ムーア氏が脚本・監督を担当し、ブランドン・フリン、 ジュリア・ゴルダニ・テレス、キー・ホン・リー、アニー・マモロー、ピーター・スコラーリ氏らが出演し、「Big Time Adolescence」や「Banana Split」を制作したシラキュースの制作会社American Highの最新作だ。「Looks That Kill」の配給は、Red Arrow Studiosが運営するGravitas Ventures。

流れるようなカメラの動きと連続的なテイクで構成される同作品の制作において、Flying Turtle Postチームの課題は長尺でシームレスなVFXシーケンスの作成だった。VFXスーパーバイザー兼Flying Turtle Postのオーナー、シャイナ・ホームズ氏は次のようにコメントしている。

私たちは最大のチャレンジだったシーケンスを「大きいの」と呼んでいました。私たちが受け取ったプレートは、1ショットで7000フレーム以上あったからです。5分以上のフッテージです。主人公のマックスが様々な場所を移動するのを撮影したタイムラプスショットだったので、多くのグリーンバックショットや、高速、スロー、通常と切り替わる速度ランプをシームレスにつなぐ必要がありました。

病室や告別式、その他の場所を行き来するマックスの感情の動きを表現するために、Flying Turtle PostチームはFusion Studioを使用して、それらのショットを1つのシームレスな長尺ショットにまとめた。

このショットは、レストランのキッチンシンクオムレツと比較しました。すべてが含まれているショットだからです。多くのアーチファクトをきれいにする必要がありました。その他にもリグの除去、壁にオブジェクトをスライドさせるためのクリーンプレートの作成、日光の変動への対処、カメラのパンや時刻が異なる2つの森のプレートの結合など、多くの作業が必要でした。すべての速度変更やショットの切り替えを適用した結果、4分のショットになりました。その結果に私たちは非常に満足できました。

また、ホームズ氏と彼のチームはFusion Studioを使用して、複数プレートの合成(木に火をつける、空中を飛ぶタバコを掴むなど)、風化した看板の作成・強調、電球の点灯・点滅、シーンに不要な人物や安全装置、タトゥーの除去など、目立たないながらも重要なVFX作業を行った。

携帯電話のスクリーンの置き換えやコスメティックな修正、最高の演技をつなげるためのスクリーン分割など、目に見えないVFXは映画における縁の下の力持ちです。これらの作業のおかげで、技術的な不完全さを露呈することなく、視聴者を魅了し続けることができます。「Looks That Kill」ではFusion Studioを駆使して、アーチファクトのクリーンアップ、スタビライゼーション、モーフィング、ワイプトランジションなど、目に見えないVFXを数多く作成しました。視聴者がこれらに気づくことはありませんし、気づかれるべきではありません。

ホームズ氏は現在シラキュース大学でVFXを教えている。彼が率いるFlying Turtle Postチームのメンバーの多くは、ポストプロダクション業界でのキャリアを選択した元生徒たちだ。ホームズ氏は指導に重点を置き、Flying Turtle Postがリモートで運営されている間は自宅勤務している若手アーティストたちと連携している。例えば「Looks That Kill」では、Fusion Studioを使用してストックフッテージにアナモフィックレンズ歪曲収差を追加してルックに一貫性を持たせる方法など、ホームズ氏は制作チームの若手アーティストたちにアナモフィックアスペクト比の使用方法を教えた。


[ Category : ]
[ DATE : 2020-07-29 ]
[ TAG : ]

関連する記事

Blackmagic Design製品事例:クリス・コンリー氏短編映画「Quarantime」の場合

Blackmagic Designの発表によると、NFLのフットボールチーム、ジャクソンビル・ジャガーズのワイドレシーバーであるクリス・コンリー氏は、隔離期間中に、Blackmag... 続きを読む

ブラックマジックデザイン、DaVinci Resolve 16.3ベータ2やBlackmagic RAW 2.0ベータ2のアップデートを公開

ブラックマジックデザインは、DaVinci Resolve 16.3ベータ2およびDaVinci Resolve Studio 16.3ベータ2、Blackmagic RAW 2.... 続きを読む

Blackmagic Design事例製品:フィルムの修復やポストプロダクションを専門とするDigital Sprocketsの場合

Blackmagic Designの発表によると、フィルムの修復やポストプロダクションを専門とするDigital Sprocketsが、1940、50年代から1980年代に制作され... 続きを読む

Blackmagic Design製品事例:UCバークレーのMinecraft上バーチャル卒業式の場合

Blackmagic Designの発表によると、OS Studiosが同社の製品を使用して、“Blockeley University”内で行われたカリフォルニア大学バークレー校... 続きを読む

DaVinci Resolve Studio事例:YouTubeパーソナリティー/クリエイターのチェリー・ウォーリス氏の場合

Blackmagic Designの発表によると、YouTubeパーソナリティー/クリエイターのチェリー・ウォーリス氏が、「ハリー・ポッター」の魔法ワールドをテーマとした彼女のチャ... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. Blackmagic Design製品事例:Flying Turtle Postの新作コメディー映画 「Looks That Kill」の場合