PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. Blackmagic Design事例製品:フィルムの修復やポストプロダクションを専門とするDigital Sprocketsの場合
News

Blackmagic Design事例製品:フィルムの修復やポストプロダクションを専門とするDigital Sprocketsの場合

#BlackmagicDesign #DaVinci Resolve Studio

2020-08-07 掲載

Blackmagic Designの発表によると、フィルムの修復やポストプロダクションを専門とするDigital Sprocketsが、1940、50年代から1980年代に制作された35mmの多くのメキシコ映画の修復に、Cintel ScannerおよびDaVinci Resolve Studioを使用しているという。

Digital Sprocketsは、ベンジャミン・フェルナンデス・ロドリゲス・マリボナ氏により1994年に設立された。メキシコシティとロサンゼルスに拠点を置くDigital Sprocketsは、35mmフィルムの4K RAWおよびHDRでのスキャン、16mm/S16mmフィルムの2K RAWおよびHDRでのスキャン、フィルム修復、カラーグレーディング、ポストプロダクション、マスタリング、DCP品質管理などのサービスを提供している。

Digital Sprocketsが最近手がけた大きなプロジェクトは、国内最大手のビデオオンデマンド(VOD)プラットフォーム用に行なった4Kでのフィルム修復、そしてメキシコのコメディジャンルである「Ficheras」シリーズの修復である。

これらのフィルムを修復するにあたり、フェルナンデス氏は、フィルムが完全かどうかを最初に確認した。古いフィルムでは、たびたびシーンが欠けていることがある。各フィルムロールを年代順に印づけした後、フェルナンデス氏はそれらをCintel Scannerにマウントしてネガのスキャンを開始した。

フェルナンデス氏:私は何年もCintel Scannerを使ってきました。Cintel Scannerは、他社製のスキャナーと比較すると信頼性と費用効果が非常に高く、電力消費も抑えられます。使い方もとてもシンプルです。大規模なプロジェクトでも、効率的に作業をこなすことができるんです。

Cintel Scannerを使用することで、Digital Sprocketsは平均で1週間に2本の映画を4Kで修復可能だという。

4Kでの復元を自動的に行えることは、大きな利点です。最初にすべてのイメージとサウンドをスキャンし、次の日に同期の処理を行います。Cintel ScannerにはDaVinci Resolve Studioが同梱されており、これにはリバイバルツールなどの優れた機能が搭載されています。古いフィルムには、ダスト、ライン、シミなどがある場合が多いのですが、リバイバルツールを使用することで、これらを除去できます。あらゆる面で簡単に作業できます。

フィルムのクリーンアップが完了した後、フェルナンデス氏はDaVinci Resolve Studioを使って、カラーグレーディング、編集、オーディオノイズの除去などを行うという。

DaVinci Resolve Studioは非常に優れたツールです。使い方はとても簡単で、ポスプロのすべての作業をひとつのアプリケーションで実行できます。各シーンを編集してスムーズに繋ぎ合わせることはもちろん、ブラックとホワイトのカラーグレーディングもこれまでにないほど簡単に実行できます。さらに、Fairlightオーディオページのパワフルなツールを使用することで、バックグラウンドのノイズを除去したり、ラウドネスを調整することもできます。

Cintel Scannerは、Digital Sprocketsが行うすべてのジョブにとって、必要不可欠なツールです。プロジェクトを迅速かつ効率的に進める上で必要なあらゆる機能を装備しています。それと同時に、より多くのプロジェクトを引き受けられるようになり、ここ数年でビジネスが大きく成長しました。


[ Category : ]
[ DATE : 2020-08-07 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ATEM Mini Pro事例:テレビ番組「ガジェットショー」の場合

Blackmagic Designの発表によると、「ガジェットショー」の最新シリーズにATEM Mini Proが使用されたという。同番組は、バーミンガムのNorth One Te... 続きを読む

神成、ATEM 1 M/E Advanced Panel専用プラダンケース「KSP-AT01」発売

神成は、Blackmagic Design社の「ATEM 1 M/E Advanced Panel」を収納・運搬するプラダンケース「KSP-AT01」を、2020年10月8日に発売... 続きを読む

Blackmagic Design製品事例:ニュース番組「Fox News at Nine」気象予報コーナーの場合

Blackmagic Designの発表によると、KABB Fox San Antonioのチーフ気象学者であるアレックス・ガルシア氏が、毎晩放送されるニュース番組「Fox New... 続きを読む

Blackmagic Design製品事例:コリア・アニメーション・ハイスクール放送スタジオの場合

Blackmagic Designの発表によると、コリア・アニメーション・ハイスクールが、複数のURSA Broadcast、ATEM 4 M/E Broadcast Studio... 続きを読む

ブラックマジックデザイン、第2回教育関係者向けオンライン無償セミナー「オンライン教育に変革をもたらすATEM Mini」を開催

ブラックマジックデザインは、2020年9月26日~27日の2日間にわたり、全国の教育関係者を対象に、最新の「オンライン教育」事情について、具体的な活用事例および活用術を紹介するオン... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. Blackmagic Design事例製品:フィルムの修復やポストプロダクションを専門とするDigital Sprocketsの場合