PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. ソニー、ネイティブ4K SXRDパネルを搭載したレーザー光源プロジェクター「VPL-GTZ380」を発表
News

ソニー、ネイティブ4K SXRDパネルを搭載したレーザー光源プロジェクター「VPL-GTZ380」を発表

#SONY

2020-08-24 掲載

ソニービジネスソリューション株式会社は、ネイティブ4K(4,096×2,160ピクセル)SXRDパネルを搭載したレーザー光源プロジェクターのフラッグシップモデル「VPL-GTZ380」を2021年1月に発売する。希望小売価格はオープン、市場想定価格は税別8,500,000円前後。

VPL-GTZ380は、新開発の0.74インチ4K SXRDパネルを搭載した光学エンジンにより、16,000:1の高コントラストで深みのある黒と明るく繊細な映像を映し出すことができる。また、パネルに新たな液晶素材を採用することでパネルの耐光性を向上させ、10,000lmの高輝度を実現している。デジタルシネマの規格であるDCI-P3やHDRに対応した広色域に加え、高精細な4K映像を忠実に再現する4Kの解像度に対応し、さまざまな距離や明るさの視聴環境でも没入感のある映像表現が可能。

「VPL-GTZ380」のレーザー光源の光学構造

また、ソニーのテレビ、ブラビアの高付加価値モデルに搭載されている高画質プロセッサー「X1 Ultimate」をプロジェクター用に最適化した「X1 Ultimate for projector」により、リアルタイム信号処理の速度が上がり画質が向上している。X1 Ultimate for projectorにはプロジェクター向けの新機能として、ダイナミックレンジを高めるダイナミックHDRエンハンサーや、より深みのある黒を実現するデジタルコントラストオプティマイザーも搭載している。

新開発の高耐光性小型0.74インチ4K SXRDパネルの採用に加え、特許を取得したソニー独自の新しい冷却機構を搭載したことで、ネイティブ4Kかつ10,000lmレーザープロジェクターとしては業界最小の筐体サイズで51kgと軽量。パネルの液冷機構や蛍光体ホイールの回転を利用して効率的に熱排出を行うことができると同時に、効率的なエアフローを導入して、39dBの静音設計も実現している。


[ Category : ]
[ DATE : 2020-08-24 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ソニー、三者対話ライブ「trialog vol.10-クリエイターと社会のディスタンス-」を開催

ソニーは、黒鳥社のコンテンツ・ディレクター若林恵氏と次世代のクリエイターの育成を推進する「Sony Creators Gate」の取り組みとして、ニューノーマル時代に新たな価値を生... 続きを読む

ソニー、デジタル一眼カメラα Eマウント用レンズ「FE 28-60mm F4-5.6」を発表

ソニーは、デジタル一眼カメラα Eマウント用レンズ「FE 28-60mm F4-5.6」を2021年春に発売する。希望小売価格は税別60,000円。 同レンズは、... 続きを読む

ソニー、小型・軽量ボディのフルサイズミラーレス一眼カメラ「α7C」を発売

ソニー、小型・軽量システムを実現するフルサイズミラーレス一眼カメラ「α7C」を2020年10月23日に発売する。希望小売価格はオープン。市場想定価格はボディのみが税別21万円前後、... 続きを読む

ソニー、FX9の機能向上と修正を盛り込んだファームウエアVer.2.00提供開始

ソニーは、同社のラージセンサーカメラ「FX9」を対象に、以下の機能向上と修正を盛り込んだアップデートファームウェアVer.2.00を公開した。同社Webサイトよりダウンロード可能。... 続きを読む

ソニー、放送・映像制作の最新リモートソリューションを発表。制作業務の効率化・省人化に貢献

ソニーは、同社が取り組む放送・映像制作の最新リモートソリューションについて発表した。 放送・番組制作の現場では、放送局内に限らず自宅などの離れた環境から撮影・収録・編集・配信... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. ソニー、ネイティブ4K SXRDパネルを搭載したレーザー光源プロジェクター「VPL-GTZ380」を発表