PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. 富士フイルム、軽量・コンパクトなシネマカメラ用ズームレンズ広角モデル「FUJINON Premista 19-45mm T2.9」開発発表
News

富士フイルム、軽量・コンパクトなシネマカメラ用ズームレンズ広角モデル「FUJINON Premista 19-45mm T2.9」開発発表

#FUJIFILM #FUJINON #富士フイルム #Premista

2020-09-02 掲載

富士フイルム株式会社は、同社のシネマカメラ用ズームレンズ「Premista」シリーズの第三弾として、焦点距離19-45mmの広角ズームレンズ「Premista19-45mmT2.9」(以下:Premista19-45mm)を開発発表した。2021年初めに発売予定。

Premista19-45mmは、19-45mmの焦点距離をカバーし、T2.9の明るさを持つ広角ズームレンズ。大口径非球面レンズと独自のズーム方式を採用し、映像の中心部から周辺部まで圧倒的な解像力を発揮するとしている。さらに、広角側の焦点距離での撮影で生じやすいディストーションを効果的に抑制し、ズーム全域で歪みの少ない自然な描写が可能。

また、長年培ったシミュレーション技術による機械設計と、ミクロンオーダーで加工した部品を高精度に組み立てる生産技術により、全長230mm・質量3.3kgのコンパクト設計を実現。ステディカムを利用した手持ち撮影や、クレーンを使用したハイアングル撮影が可能。このほかにも、標準・望遠ズームタイプと同様に、撮影時のレンズメタデータの記録が可能な「ZEISS eXtended Data」」に対応し、撮影後の動画編集の負担などを大幅に軽減でき、効率的な映像制作をサポートするとしている。主な特長は以下の通り。

(以下、プレスリリースより引用)

(1)ラージフォーマットセンサーに対応し、圧倒的な解像力や自然で美しいボケ味、豊かな階調を実現

  • 超精密加工を施した大口径非球面レンズと独自のズーム方式により、色収差などを効果的に補正することで、圧倒的な解像力を発揮。シャープでクリアな映像を提供します。
  • 広角側の焦点距離での撮影で生じやすいディストーションを効果的に抑制。被写体との距離やズームポジションによらず、ズーム全域で歪みの少ない自然な描写が可能です。
  • 13枚絞り羽根を採用することで、円形に近い絞り形状を実現。ラージフォーマットセンサーの特長である浅い被写界深度との組み合わせで、自然で美しいボケ味による映像表現が可能です。
  • 最先端の光学設計を採用し、独自のコーティング処理を施すことで、フレアやゴーストを効果的に抑制しており、HDRを活かした豊かな階調の映像を撮影できます。

(2)焦点距離19-45mmをカバーする広角ズームを実現

  • 19-45mの焦点距離、T2.9の明るさを持つ広角ズームレンズです。1本で単焦点レンズ5本分※6の焦点距離をカバーできるため、レンズ交換の手間が少なく短時間で効率的に映像を撮影できます。
※6 ラージフォーマットセンサーに対応し、21mm、25mm、29mm、35mm、40mmの焦点距離を持つシネマカメラ用単焦点レンズ5本。

(3)コンパクト設計と優れた堅牢性を両立

  • 長年培ったシミュレーション技術による機械設計と、ミクロンオーダーで加工した部品を高精度に組み立てる生産技術により、コンパクト設計とプロの過酷な撮影環境に耐えられる優れた堅牢性を両立「Premista」シリーズの標準・望遠ズームタイプと比べて、全長25mm・質量500gの小型軽量化を実現しました。

(4)高い運用性と快適な操作性を実現

  • レンズ前枠径、フォーカス、ズーム、アイリス(絞り)の操作リングのギア位置などを「Premista」シリーズの標準・望遠ズームタイプと統一。フレア・ゴーストなどの発生を抑制するマットボックスや正確かつスムーズなフォーカシングを可能にするフォローフォーカスなどのアクセサリーを共用でき、レンズ交換時にアクセサリーの位置を再調整する必要もないため、効率的な運用が可能です。
  • 「フランジバック調整機構」※7を搭載。撮影現場での急激な温度変化などによりフランジバックが変動した場合でも、レンズ鏡筒のリングを回すだけで簡単に調整可能です。
  • ※7 カメラのフランジバック(レンズの取付基準面からイメージセンサーまでの距離)に合わせ、レンズの結像面を最適な位置に調整可能。
  • フォーカスリングの回転角を幅広い280度に設計。リングを回す際の滑らかなトルク感も備え、精緻なフォーカシングを可能にします。また、フォーカス、ズーム、アイリス指標には蓄光塗料を採用しているため、夜間や暗い室内でもはっきりと指標を確認することが可能。フォーカス指標の表記は、フィート/メートルの2種類からお選びいただけます。

(5)「ZEISS eXtended Data(ツァイス・エクステンデッド・データ)」に対応※8

  • カールツァイス社が通信プロトコル「/i® Technology※9」に準拠して開発した「ZEISS eXtended Data(ツァイス・エクステンデッド・データ)」に対応。撮影時のレンズメタデータの記録をはじめ、歪曲収差や周辺光量の補正が可能です※10。これにより、撮影後の動画編集の負担が大幅に軽減できるため、効率的な映像制作をサポートします。
※8 ファームウエアアップデートによる対応予定。
※9 /iはCooke Optics Limitedの商標、または登録商標。
※10 使用するカメラによっては、別途対応機器が必要。
Premistaシリーズの標準・望遠ズームタイプと比べて、全長25mm・質量500gの小型軽量化を実現

[ Category : ]
[ DATE : 2020-09-02 ]
[ TAG : ]

関連する記事

富士フイルム、「FUJIFILM X-T3」最新ファームウェアVer. 4.0を発表

富士フイルム株式会社は、「FUJIFILM X-T3」(以下:X-T3)の最新ファームウェアVer. 4.0を2020年10月28日から無償提供する。 同ファームウェアは、X... 続きを読む

富士フイルム、超広角ズームレンズ「フジノンレンズ XF10-24mmF4 R OIS WR」を発売

富士フイルム株式会社は、同社のミラーレスデジタルカメラ「Xシリーズ」用交換レンズ「XFレンズ」のラインアップとして、超広角ズームレンズ「フジノンレンズ XF10-24mmF4 R ... 続きを読む

富士フイルム、小型軽量で手ブレ補正機能、高速・高精度AFを搭載したミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-S10」発売

富士フイルム株式会社は、独自の色再現技術による画質と小型軽量を実現する「Xシリーズ」の最新モデルとして、ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-S10」を2020年11月1... 続きを読む

富士フイルム、大口径中望遠単焦点レンズ「フジノンレンズ XF50mmF1.0 R WR」を発売

富士フイルム株式会社は、デジタルカメラ「Xシリーズ」用交換レンズのラインアップとして、開放F値1.0の明るさを実現し、オートフォーカス(AF)機能を搭載した「フジノンレンズ XF5... 続きを読む

富士フイルム、高輝度8000ルーメン、クラス最小・最軽量を実現した超短焦点プロジェクター「FUJIFILM PROJECTOR Z8000」を開発発表

富士フイルム株式会社は、屈曲型二軸回転機構レンズを搭載した超短焦点プロジェクター「Zシリーズ」の新たなラインアップとして、高輝度8000ルーメン(lm)の映像とクラス最小・最軽量を... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. 富士フイルム、軽量・コンパクトなシネマカメラ用ズームレンズ広角モデル「FUJINON Premista 19-45mm T2.9」開発発表