PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. ソニー、3DCG映像を裸眼で見ることが可能な空間再現ディスプレイ「ELF-SR1」を発売
News

ソニー、3DCG映像を裸眼で見ることが可能な空間再現ディスプレイ「ELF-SR1」を発売

#SONY #3DCG

2020-10-16 掲載

ソニーは、高精細の3DCG映像を裸眼で見ることができる空間再現(SR)ディスプレイ「ELF-SR1」を2020年10月31日に発売する。希望小売価格はオープン。市場想定価格は税別500,000円前後。

ELF-SR1は、その場に実物があるかのような立体的な空間映像を再現し、特別なメガネやヘッドセットなどを使わず裸眼で見ることができるディスプレイ。高速ビジョンセンサーと視線認識技術により、見る人の目の位置を常に正しく検出し、水平や垂直方向のみならず、奥行方向に関しても左右の目それぞれの位置をリアルタイムに把握する。

また、ユーザーの目の位置情報をもとに、実際にディスプレイパネルから出す光源映像をリアルタイムに生成し、常に両目に正しい視点画像が提示されるため、実際に空間や物体がそこにあるかのように感じることができるという。リアルタイムに生成した映像を左右の目に届けるための独自のマイクロオプティカルレンズをパネル全面に超高精度に貼り付けることにより、自然な裸眼立体視を可能にしている。

ELF-SR1向けのコンテンツ制作を容易に行える専用SDK(ソフトウェアディベロップメントキット)を開発者向けサイトにて無償提供し、制作活動をサポートする。同SDKは、ゲームやVR、建築、車のデザインといった様々な業界のインタラクティブなアプリ開発の定番ツールであるUnityとUnreal Engine 4に対応しているため、クリエイターは既存の3DコンテンツをELF-SR1に表示することができる。


[ Category : ]
[ DATE : 2020-10-16 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ソニー大口径広角単焦点レンズ Gマスター「FE 35mm F1.4 GM」

ソニー、焦点距離35mmフルサイズ対応の大口径広角単焦点レンズGマスター「FE 35mm F1.4 GM」発売

ソニーは、35mmフルサイズ対応α(Alpha) Eマウントレンズとして、焦点距離35mmの大口径広角単焦点レンズ Gマスター「FE 35mm F1.4 GM」を2021年2月12... 続きを読む

メイン写真

ソニー、CES 2021にてドローンプロジェクト「Airpeak」の機体デザインを初披露

ソニー会長兼社長CEOの吉田憲一郎氏 ソニーは、オンラインによるイベントとして開催中のIT家電ショー「CES 2021」にて、同社のドローンプロジェクト「Airpeak」の機... 続きを読む

Sony 360 Reality Audio

ソニー、立体的な音場を実現する新たな音楽体験「360 Reality Audio」のエコシステム拡充

ソニーは、昨年より欧米を皮切りに展開している、没入感のある立体的な音場を実現する立体音響技術を活用した音楽体験「360 Reality Audio」の新たな取り組みとして、立体的な... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. ソニー、3DCG映像を裸眼で見ることが可能な空間再現ディスプレイ「ELF-SR1」を発売