PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. 富士フイルム、超広角ズームレンズ「フジノンレンズ XF10-24mmF4 R OIS WR」を発売
News

富士フイルム、超広角ズームレンズ「フジノンレンズ XF10-24mmF4 R OIS WR」を発売

#FUJIFILM #FUJINON #富士フイルム

2020-10-16 掲載

富士フイルム株式会社は、同社のミラーレスデジタルカメラ「Xシリーズ」用交換レンズ「XFレンズ」のラインアップとして、超広角ズームレンズ「フジノンレンズ XF10-24mmF4 R OIS WR」を2020年11月下旬に発売する。希望小売価格は税別131,000円。

ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-S10」装着時

XF10-24mmF4 R OIS WRは、従来モデル「フジノンレンズ XF10-24mmF4 R OIS」から開放F値4.0(ズーム全域)の明るさや高い解像性能はそのままに、防塵・防滴・-10℃の耐低温構造を新たに採用したコンパクトなレンズ。高性能なジャイロセンサーを搭載したことで、従来モデルより手ブレ補正機能を1.0段分向上させ、3.5段の補正効果を実現。また、ボディ内手ブレ補正機能を搭載したミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T4」との組み合わせでは、5軸・最大6.5段の補正効果を発揮する。絞りリングにA(オート)ポジションロックを新たに搭載するなど操作性も向上させている。

非球面レンズ4枚、EDレンズ4枚を含む10群14枚のレンズ構成を採用。球面収差や色収差などを効果的に補正し、画像中心部から周辺部まで高い解像力を発揮する。超広角10mm-広角24mm(35mm判換算:15mm-36mm相当)の焦点距離をカバーし、超広角の画角により遠近感を強調した風景撮影や最短撮影距離24cmを生かしたマクロ撮影が可能。小型軽量なフォーカスレンズをリニアモーターにより駆動させるインナーフォーカス方式を採用し、高速かつ静音なAFを実現している。


[ Category : ]
[ DATE : 2020-10-16 ]
[ TAG : ]

関連する記事

富士フイルム、「FUJIFILM X-T3」最新ファームウェアVer. 4.0を発表

富士フイルム株式会社は、「FUJIFILM X-T3」(以下:X-T3)の最新ファームウェアVer. 4.0を2020年10月28日から無償提供する。 同ファームウェアは、X... 続きを読む

富士フイルム、小型軽量で手ブレ補正機能、高速・高精度AFを搭載したミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-S10」発売

富士フイルム株式会社は、独自の色再現技術による画質と小型軽量を実現する「Xシリーズ」の最新モデルとして、ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-S10」を2020年11月1... 続きを読む

富士フイルム、大口径中望遠単焦点レンズ「フジノンレンズ XF50mmF1.0 R WR」を発売

富士フイルム株式会社は、デジタルカメラ「Xシリーズ」用交換レンズのラインアップとして、開放F値1.0の明るさを実現し、オートフォーカス(AF)機能を搭載した「フジノンレンズ XF5... 続きを読む

富士フイルム、軽量・コンパクトなシネマカメラ用ズームレンズ広角モデル「FUJINON Premista 19-45mm T2.9」開発発表

富士フイルム株式会社は、同社のシネマカメラ用ズームレンズ「Premista」シリーズの第三弾として、焦点距離19-45mmの広角ズームレンズ「Premista19-45mmT2.9... 続きを読む

富士フイルム、高輝度8000ルーメン、クラス最小・最軽量を実現した超短焦点プロジェクター「FUJIFILM PROJECTOR Z8000」を開発発表

富士フイルム株式会社は、屈曲型二軸回転機構レンズを搭載した超短焦点プロジェクター「Zシリーズ」の新たなラインアップとして、高輝度8000ルーメン(lm)の映像とクラス最小・最軽量を... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. 富士フイルム、超広角ズームレンズ「フジノンレンズ XF10-24mmF4 R OIS WR」を発売