PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. [再現:InterBEE2020]Matrox、SMPTE ST 2110信号発生・診断装置「Matrox VERO」を開発発表
News

[再現:InterBEE2020]Matrox、SMPTE ST 2110信号発生・診断装置「Matrox VERO」を開発発表

#Matrox #ジャパンマテリアル #Inter BEE 2020 #再現Inter BEE 2020

2020-11-17 掲載

ジャパンマテリアル株式会社は、同社が取り扱うMatrox社が新製品SMPTE ST 2110信号発生・診断装置「Matrox VERO」を開発したことを発表した。

Matrox VEROは、ST 2110信号の診断や確認に必要な機能や装置(EBU LIST、多彩な調整ができる信号発生器、PCAPレコーダー)をコンパクトにまとめた製品。放送局や、映像制作に関連するシステムインテグレーター、映像機器メーカー等、ST 2110を取り扱う企業様向けに開発されたという。

Matrox VEROには、調整可能なST 2110リファレンス信号の出力機能が装備されており、様々な状況を想定した確認が行え、通常の状況での受信診断はもとより、復旧が必要な緊急事態においても役立つツールだという。パケットのタイミングは、「narrow」「narrow linear」「wide」などの設定が可能。また、ユーザー定義のRTPタイムスタンプオフセットによりネットワーク遅延の調整ができるため、遅延を想定した受信機の診断が可能。

ST 2110ネットワークを診断するには、高帯域幅イーサネットのRAWデータをPCAP形式でキャプチャする機能が必要だが、ネットワーク経由ではRAWデータのディスクへのキャプチャは難しく、特にUHD映像ではタイミングエラーやパケットロス等、深刻な状況に陥る可能性があるという。Matrox VEROでは、ハードウェアベースのタイムスタンプとアクセラレーターを装備しているため、適切にST 2110診断用のPCAPファイルを取得できる。


[ Category : ]
[ DATE : 2020-11-17 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[PRN Magazine]issue 14 “hello! 2021”をPDFにて配布中!

PRN MagazineをPDF配布中! おなじみ「PRN Magazine」最新号issue14をダウンロードで配布いたします。お手持ちのPCやスマートフォンでお楽しみください... 続きを読む

ジャパンマテリアル、4入力2出力に対応するマルチビュープロセッサー「MUX-SH500446」発売

ジャパンマテリアル株式会社は、同社が取り扱うMuxLab社の新製品「HDMI2.0クワッドビュープロセッサー(MUX-SH500446)」を2021年1月6日に発売する。市場想定価... 続きを読む

[再現InterBEE2020]まとめ:エーディテクノ編

動画レポート ■MV1330 ■LCD1730 ■SE1217 製品レポート MV1330 ... 続きを読む

[再現InterBEE2020]まとめ:平和精機工業編

ブースレポート 新製品レポート 関連記事 NX-100C/MCNX-300C/MC ... 続きを読む

[再現InterBEE2020]まとめ:富士フイルム編

製品レポート FUJINON Premista19-45mmT2.9 関連記事 Premist... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. [再現:InterBEE2020]Matrox、SMPTE ST 2110信号発生・診断装置「Matrox VERO」を開発発表