PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. [再現:InterBEE2020]Matrox、SMPTE ST 2110信号発生・診断装置「Matrox VERO」を開発発表
News

[再現:InterBEE2020]Matrox、SMPTE ST 2110信号発生・診断装置「Matrox VERO」を開発発表

2020-11-17 掲載

ジャパンマテリアル株式会社は、同社が取り扱うMatrox社が新製品SMPTE ST 2110信号発生・診断装置「Matrox VERO」を開発したことを発表した。

Matrox VEROは、ST 2110信号の診断や確認に必要な機能や装置(EBU LIST、多彩な調整ができる信号発生器、PCAPレコーダー)をコンパクトにまとめた製品。放送局や、映像制作に関連するシステムインテグレーター、映像機器メーカー等、ST 2110を取り扱う企業様向けに開発されたという。

Matrox VEROには、調整可能なST 2110リファレンス信号の出力機能が装備されており、様々な状況を想定した確認が行え、通常の状況での受信診断はもとより、復旧が必要な緊急事態においても役立つツールだという。パケットのタイミングは、「narrow」「narrow linear」「wide」などの設定が可能。また、ユーザー定義のRTPタイムスタンプオフセットによりネットワーク遅延の調整ができるため、遅延を想定した受信機の診断が可能。

ST 2110ネットワークを診断するには、高帯域幅イーサネットのRAWデータをPCAP形式でキャプチャする機能が必要だが、ネットワーク経由ではRAWデータのディスクへのキャプチャは難しく、特にUHD映像ではタイミングエラーやパケットロス等、深刻な状況に陥る可能性があるという。Matrox VEROでは、ハードウェアベースのタイムスタンプとアクセラレーターを装備しているため、適切にST 2110診断用のPCAPファイルを取得できる。


[ Category : ]
[ DATE : 2020-11-17 ]
[ TAG : ]

関連する記事

DSJ2021

ジャパンマテリアル、「デジタルサイネージジャパン2021」出展概要発表

ジャパンマテリアルは、2021年4月14日~16日の期間中に千葉・幕張メッセで開催されるデジタルサイネージにフォーカスしたイベント「デジタルサイネージジャパン(DSJ)2021」に... 続きを読む

Apantac_CVHDM-DP-UHD

ジャパンマテリアル、ApantacのHDMI→DisplayPort 2分配変換器「CVHDM-DP-UHD」発売

ジャパンマテリアル株式会社は、同社が取り扱うApantac社のHDMI→DisplayPort 2分配変換器「CVHDM-DP-UHD」を2021年3月12日に発売する。希望小売価... 続きを読む

LUMIX GINZAが移転メイン写真

[CP+2021]パナソニック、LUMIXブランドの新コンセプト拠点をリニューアルオープン

写真は現在常設中のギャラリー&ショールーム「LUMIX GINZA TOKYO」 パナソニックの発表によると、デジタルカメラ「LUMIX」を体感できる新たなコンセプトの拠点を... 続きを読む

28-70mm F2.8 DG DN F2.8 DG DN | Contemporaryメイン写真

[CP+2021] シグマ、軽量コンパクトで大口径ズームを常用できるミラーレス対応ズームレンズ「28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary」発売

シグマは、軽量さとコンパクトさの両立を実現したLマウントまたはソニーEマウント対応フルサイズミラーレス用レンズ「28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary」... 続きを読む

FX3メイン写真

[CP+2021]ソニー、Cinema Lineシリーズ最小最軽量のフルサイズセンサー搭載カメラ「FX3」発売

ソニーは、映像制作用カメラ商品群Cinema Lineで最小最軽量となる、フルサイズイメージセンサー搭載レンズ交換式カメラ「FX3」を3月12日に発売する。希望小売価格は税別459... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. [再現:InterBEE2020]Matrox、SMPTE ST 2110信号発生・診断装置「Matrox VERO」を開発発表