PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [再現InterBEE2020:カールツァイス]新たに40mm T1.5が仲間入りした「ZEISS Supreme Primeレンズシリーズ」
News

[再現InterBEE2020:カールツァイス]新たに40mm T1.5が仲間入りした「ZEISS Supreme Primeレンズシリーズ」

#carl zeiss #Zeiss #Supreme Prime #Inter BEE 2020 #再現Inter BEE 2020 #再現:Inter BEE 2020展示レポート

2020-11-18 掲載

2020年9月、本編映画の撮影現場でSupreme Prime 200mmを使う佐光朗J.S.C.。林の中を動く演者たちを200mmの望遠圧縮効果で、しかも絞りを開けて捉えることによって、「従来には見られなかった映像表現に繋げられる」と話す

60seconds Shoots

「Supreme Prime 40mm T1.5」が新たに仲間入り

映像制作現場へのデリバリーがはじまったZEISS Supreme Prime 40mm T1.5(左)、同200mm T2.2(中)、同18mm T1.5(右)

ZEISS Supreme Primeレンズシリーズ「Supreme Prime 18mm T1.5」と「Supreme Prime 200mm T2.2」の出荷が開始され、またシリーズ発表時にはラインナップに含まれていなかった「Supreme Prime 40mm T1.5」が発表と同時に出荷が開始された(2020年9月より出荷開始、メーカー希望小売価格は税別2,025,000円)。

ZEISS Supreme Primeレンズシリーズ発表後、多くの現場から寄せられた「35mmと50mmの間を埋めたい」との要望に応えるべく、新たに開発されたレンズ。

35mmフルフレーム・シネマカメラにおいて、35mmレンズは水平画角55°、50mmレンズは39°。このギャップは従来、狭いスタジオセットのなかでレンズ選択に頭を悩ませる一因となっていた。ここに新たに水平画角47.4°の40mmレンズという選択肢が加わることによって、撮影部は三脚でフィックスしたカメラ位置を変えることなく、撮影対象との距離感とパースペクティブをより適切にコントロール可能となった。

40mmレンズを設計するにあたり、35mmと50mmの間なので50mmからガラスを1枚抜けばOK、というような簡単なことではなく、新規で設計をやり直す必要があったという。また、プライムレンズシリーズとして広角から望遠までの「揃い」のなかに自然に収まるような、他焦点距離との整合性も重要で、このあたりの味付けにもカールツァイス永年のレンズ作りのノウハウが詰まっている。同じシリーズで先に発売された65mmも同様で、50mmと85mmとを繋ぐ、シネレンズならではの焦点距離だという。

同レンズは劇場公開映画をはじめ、TVドラマやCM現場で「サンゴー(35mm)より一歩前に出たい」ときに重宝されると想定される。すでに9月上旬の日本導入開始直後から、映画の現場へのレンタルが開始している。

2018年からデリバリーが始まったZEISS Supreme Primeも、来春デリバリー予定の15mmを残してコンプリートとなった。日本国内でも複数の映画やドラマがSupreme Primeで撮影中されており、ラージフォーマットの映像の可能性がますます拡がっているだろう。


[ Category : , , ]
[ DATE : 2020-11-18 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[PRN Magazine]issue 14 “hello! 2021”をPDFにて配布中!

PRN MagazineをPDF配布中! おなじみ「PRN Magazine」最新号issue14をダウンロードで配布いたします。お手持ちのPCやスマートフォンでお楽しみください... 続きを読む

[再現InterBEE2020]「X-CINEMA」~JSC、JSL全面協力。映画、ドラマ、CM制作トークショー発信

txt:石川幸宏(X-CINEMAプロデューサー/モデレーター) Inter BEE 2020新企画「X-CINEMA」とは? 11月18~20日に、今年はオンライン開... 続きを読む

[再現InterBEE2020]まとめ:エーディテクノ編

動画レポート ■MV1330 ■LCD1730 ■SE1217 製品レポート MV1330 ... 続きを読む

[再現InterBEE2020]まとめ:平和精機工業編

ブースレポート 新製品レポート 関連記事 NX-100C/MCNX-300C/MC ... 続きを読む

[再現InterBEE2020]まとめ:富士フイルム編

製品レポート FUJINON Premista19-45mmT2.9 関連記事 Premist... 続きを読む

[再現InterBEE2020]まとめ:ソニー編

動画レポート ■FX6開発者インタビュー ■PVM-X2400/X1800 製品レポート FX6 ... 続きを読む

[再現InterBEE2020]まとめ:Blackmagic Design編

動画レポート ■ATEM Streaming Bridge ■DaVinci Resolve 17 ■URSA Mini Pro 12K ... 続きを読む

[再現InterBEE2020]まとめ:ローランド編

動画レポート ■ノダタケオ氏の「V-1HD+」ファーストインプレッション 製品レポート UVC-01 VC-1... 続きを読む

[再現InterBEE2020]まとめ:パナソニック(ビジネス)編

動画レポート ■KAIROS ■AK-UC3300 ■AW-UE100W/K 製品レポート KAIROS ... 続きを読む

特集記事

映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [再現InterBEE2020:カールツァイス]新たに40mm T1.5が仲間入りした「ZEISS Supreme Primeレンズシリーズ」