PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [再現InterBEE2020:アツデン]映像と音像をマッチングできる新マイク「SMX-30V」
Special

[再現InterBEE2020:アツデン]映像と音像をマッチングできる新マイク「SMX-30V」

2020-11-24 掲載

ステレオとモノラルふたつのマイクが一体型となった「SMX-30V」

SMX-30V」は、“映像と音像をマッチングできる新しいマイク”をコンセプトに、ステレオとモノラルふたつのマイクが一体型となり、さらにそのふたつの音の割合を可変式に調整できるマイク。ファインダーで映像を見ながらヘッドフォンで音を聞き、マイクのボリュームツマミを回して、映像に合った音を直感的に探ることができ、“音作り”が楽しめるマイクだ。

「ステレオとモノラル、ふたつの音をミックスできる」ことがSMX-30の最も大きな特長だろう。さらに、カメラにマイクを固定した状態でマイク本体を左右に約30°動かすことができる“首振り機構”もポイントだ。

撮影シーンにおいて音を捉えるべき被写体は必ずしもマイクの正面に来るとは限らず、例えばイベント撮影で現場の臨場感を伝えるために被写体となるレポーターは、画角の右端に位置し、左側の大きな空間には会場全体を映し出すことが多くある。この場合、三脚に搭載されたカメラに取り付けられたマイクは正面を向いているため、被写体の音を芯でとらえることが難しい状況だ。このような時にSMX-30Vはマイクを振って被写体の正面に向けることで、芯のある音を確実に収音することが可能だ。

また、ステレオモノラルミックス機能の開発過程における回路構成の改良によって、電池2本での連続駆動は従来機の24時間から約100時間へと飛躍的な改善がなされている。

“映像と音像をマッチングさせる新しいマイク”という商品コンセプトを実現する過程で、例えばステレオとモノラルそのふたつの音をボリュームツマミでミックスする際のスムーズな音の可変とその音量を常に一定に保つこと、さらにその音質や音の画角など複数の異なる要素や課題に対して、何度も試作を作りながら実際に動画を撮影し検証を行い、常にこの商品コンセプトからぶれずに改良を重ねたという。

一人のクリエイターやカメラマンが、撮影現場で映像を見ながら音を聞き、マイクのボリュームツマミを回しながら音を作りこんでいくような撮影シーンに適しているだろう。

ステレオとモノラルの音をミックスするには、現場でミキサーを使用する、もしくはそれぞれの音を別録して編集するというのが一般的だが、撮影の現場や過程で人手や機材を必要とし、手間もかかる。SMX-30Vは、撮影現場でマイク本体のボリュームツマミひとつで、ステレオとモノラルの音をミックスさせながら直感的に音を作ることができるシンプルかつクリエイティブなマイクといえるだろう。


[ Category : , , ]
[ DATE : 2020-11-24 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CP+2021]Vol.03 シグマ、山木社長が語る28-70mm F2.8 DG DNのContemporary版とArt版の違いとは?

txt・構成:編集部 山木社長がオンラインプレゼンテーションでContemporary版とArt版の違いを解説 シグマは2月24日、ミラーレス専用フルサイズ標準ズー... 続きを読む

[CP+2021]Vol.00 オンラインで開催されるCP+はいかに?

オンライン開催はいかに CP+の季節がやってきた。残念ながらは昨年のCP+2020は開催中止となったが、今年は、オンラインのみでCP+2021 ONLINEとして、2021年2月... 続きを読む

ソニーFX3メイン写真

[CP+2021]Vol.02 ソニー、小型シネマカメラ「FX3」発売。トップハンドルや冷却ファン、タリーランプなど動画専用機としての操作性や拡張性が魅力

txt・構成:編集部 ソニーは、フルサイズイメージセンサー搭載のCinema Lineの映像制作用カメラ「FX3」を2021年3月12日に発売する。受注開始は3月2日10時よ... 続きを読む

CP2021ズームレンズメイン

[CP+2021]Vol.01 パナソニック、焦点距離300mmでマクロ撮影が可能な望遠ズームレンズ「LUMIX S 70-300mm F4.5-5.6 O.I.S.」発売

txt・構成:編集部 小型化と軽量化を実現した望遠ズームレンズ登場 パナソニックは、フルサイズミラーレス一眼カメラLマウントシステム用交換レンズ「LUMIX S 70-... 続きを読む

CES2021_06

[CES2021]Vol.06 ALL DIGITALのCES2021で感じたこれからのビジネスコンベンションの行方

txt:江口靖二 構成:編集部 「CES2021 IS ALL DIGITAL」ということで、CES2021は紆余曲折を経て最終的に完全オンライン開催となった。こうした環境下... 続きを読む

[CES2021]Vol.05 インフラとしての責任を表明したTechGiantsとテクノロジーの未来とは

txt:平野陽子(大広) 構成:編集部 CES2021は全てオンラインで開催したことは周知の通りだ。そのテクノロジーパートナーとしてて支えたのがMicrosoftだ。そう今回... 続きを読む

CES2021_04_LG_top

[CES2021]Vol.04 元気になる「LG Future Talk」がオススメ!

txt:江口靖二 構成:編集部 LGがイメージするニューノーマルの世界観とは CES2020において、LGはプレスカンファレンスに加えてCES Spotlight Se... 続きを読む

Verizon_CES_keynote

[CES2021]Vol.03 5Gが映像業界を後押し、最高のエンターテインメントを生む

txt:平野陽子(大広) 構成:編集部 オール・デジタルで始まったCES2021 その年の重要なテクノロジートレンドを体現する企業が務めるKeynoteトップバッタ... 続きを読む

[CES2021]Vol.02 今年のテックトレンドとは?〜CTA’s 2021 Tech Trends to Watch解剖

txt:西村真里子 構成:編集部 手探りのCES2021はどうなるのか? オール・デジタルのCESが開幕した。CESツイッターアカウントもこのデジタル化の波を楽しむかの... 続きを読む

特集記事

ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [再現InterBEE2020:アツデン]映像と音像をマッチングできる新マイク「SMX-30V」