PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. Leitz、ライカSL2-S用に新設計されたディレクタービューファインダー「HENRI」を発表
News

Leitz、ライカSL2-S用に新設計されたディレクタービューファインダー「HENRI」を発表

2020-12-11 掲載

Ernst Leitz Wetzlar GmbH(Leitz)は、ライカSL2-Sの映画撮影用レンズサポートシステムと融合させたディレクタービューファインダー「HENRI」を発表した。HENRIのリリース時期や価格を明らかにしていない。

HENRIは、ライカSL2-S用に新設計されたサポートシステムで構成されており、SL2-S用と統合されたカメラコントロールを含むピボットハンドルを備えている。ピボットハンドルを後ろ向きにすれば、システムはどんな一眼レフや三脚にも簡単に取り付け可能。

モジュラーシステムにより、カメラを簡単にオンとオフなど操作も可能。マウントはL-PLとL-PLLの2種類から選択でき、カメラを含めたシステム全体の重量は、カーボンファイバーとアルミニウムの軽量素材を使用しているため、1850g(4.07ポンド)と軽量化されている。

HENRIは、「Ernst Leitz Optische Werke Wetzlar」のマネージングディレクターであるアンリ・デュムール博士にちなんで名付けられた。60年間の献身的な仕事とライツへのサポートと、ライツの中で非常に尊敬されている人物でもある。


[ Category : ]
[ DATE : 2020-12-11 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[再現NAB2020:Leitz]イメージサークル46.5mm、フルサイズおよびビスタビジョンのセンサーまでカバーするズームレンズ「Leitz Zoom」

他のレンズシリーズとのマッチングもよい「Leitz Zoom」 LeitzがNAB2020で展示予定だった「Leitz Zoom」は、25mm-75mmと50mm-1... 続きを読む

[再現NAB2020:Leitz]フルサイズおよびビスタビジョンのセンサーまでカバーする単焦点シネマレンズ「Leitz Prime」

柔らかな表現が特徴「Leitz Prime」 LeitzがNAB2020で展示予定だった「Leitz Prime」は、18mm〜180mm(18、21、25、29、3... 続きを読む

三友、「Leitz Zoom内覧会」を開催

三友株式会社は、国内初披露となる「Leitz Zoomレンズ」の内覧会を2019年12月12日に開催する。会場は東京・東五反田にある三友株式会社の会議室。 同内覧会では、Le... 続きを読む

[NAB2019:Leitz Cine]フルフレーム/ VistaVisionに対応するプライムレンズとズームレンズの新製品を展示

Leitz Cineブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版G... 続きを読む

[NAB2019]ナブブラリVol.02(動画)

NAB2019の会場で気になったところをぶらぶらしながらレポートするコーナー。Sonyブース、Tokinaブース、ARRIブース、Leitzブース、SHARPブースからお届けします... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. Leitz、ライカSL2-S用に新設計されたディレクタービューファインダー「HENRI」を発表