PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. Blackmagic Design製品事例:Laurel Canyon Liveライブ配信施設の場合
News

Blackmagic Design製品事例:Laurel Canyon Liveライブ配信施設の場合

2021-01-25 掲載

記事のタイトル

Blackmagic Designの発表によると、Laurel Canyon LiveがBlackmagic Design機材を使用して、最新鋭のライブ配信施設を構築中だという。同施設に導入された機器には、Ultimatte 12合成プロセッサー、ATEM Constellation 8Kライブプロダクションスイッチャー、URSA Mini Pro 4.6K G2デジタルカメラなどが含まれる。

完成後のLaurel Canyon Liveでは、アーティスト、コンテンツクリエイター、メディアおよびエンターテイメント会社などが、ダイナミックなバーチャルの背景を使用して、リアルタイムで演奏やイベントの配信が行えるようになる。

Laurel Canyon Liveは、カリフォルニア州ローレル・キャニオンに所在している。社長のジョン・ロス氏は、DaVinci Resolve Studioをパイプラインに使用したポストプロダクションスタジオであるRoss424 Inc.に、Blackmagic Design機器を備えた大小のパフォーマンススペースを先日追加した。

Laurel Canyon Liveではパフォーマンスのライブ配信が可能になっただけでなく、必要に応じてポストプロダクションやミキシングを一箇所で扱えるようになり、世界中のファンが、極めて高いプロダクションバリューの個性あふれるバーチャルコンサートを楽しめるようになる。

Blackmagic Design

大ホールのメインステージにはグリーンバックが設置されており、2台のUltimatte 12合成プロセッサーおよびUltimatte Smart Remote 4が装備されている。UltimatteはUnreal Engineと共に使用されており、ナビゲーションとキーのコントロール両方にすばやくアクセスできるため、ライブパフォーマンス中にリアルタイムで合成の調節や微調整が行えるという。

ロス氏:アーティストのためにUnreal Engineで息を呑むような美しいグラフィックを弊社で作成し、Ultimatte 12でそれらに命を吹き込む予定です。雄大な風景や事前に構築したバーチャルステージなど、アーティストの要望に合わせて背景を自在に選ぶことができます。ライブ配信が行えるだけでなく、イマーシブなバックグラウンドを追加できるので、パフォーマンスをさらに一歩上のレベルにすることが可能です。

メインステージの6台のURSA Mini Pro 4.6K G2は、Blackmagic Camera Fiber ConverterおよびBlackmagic Studio Fiber Converterを介して機械室に接続されている。加えて、8台のBlackmagic Micro Studio Camera 4Kが異なるアングルを得るために天井などの様々な場所に設置されており、その一部はATEM Camera Control Panelでコントロールされる予定だ。また、すべてのライブスイッチングにはATEM Constellation 8KおよびATEM 4 M/E Advanced Panelが使用される見込み。

アーティストの演奏中に、空気感を伝え、視聴者を引き込むために、様々なアングルのショットを得ることは極めて重要です。非常に優れたダイナミックレンジに対応していながら、コンパクトなサイズで、リモート操作が可能なことから、これらのカメラを選びました。

弊社では、スタッフが社会的距離を保ちながら、機材を完全にコントロールできるようにすることをゴールとしています。アーティストがパフォーマンスに集中できる空間を提供したいと考えており、弊社ではパフォーマンスの躍動感を保ちながら制作をオートメーション化することが可能です。

ATEM Constellation 8Kを選んだ理由は、極めてパワフルな性能を搭載しているからです。4K HDRの全機材がBlackmagic Design製なので、統合に問題が生じることは全くありません。

Blackmagic Design

ポストプロダクション部門においては、DaVinci Resolve Studioが必要に応じてカラーグレーディングと編集に使用されており、多数のTeranex Mini SDI to HDMI 8K HDRを用いて、SDIフィードをHDMIに変換している。また、Teranex AVスタンダードコンバーターも数台設置されており、その他のフォーマットの変換に使用されている。

すべてのビデオは、数枚のDeckLink 8K Proキャプチャー・再生カードを介して、Laurel Canyon Liveのコンピューターシステムで送受信されている。これには、4つのUnreal Engineサーバーとインジェストシステムが含まれ、Unreal Engineで作成されたイメージ、Zoomのバーチャル視聴者、簡単な編集および全てのオフライン作業に使用するための再生ビデオコンテンツなどの各ビデオフィードをキャプチャーしている。これらは、すべてDavinci Resolve Studioで行われている。

コンサートを配信する際は、完全にライブになるまでに若干の遅延が生じることがあります。DaVinci Resolve Studioで、あらゆるカラーグレーディングと編集を行うつもりなので、インパクトのある映像を作成でき、番組のレベルを向上させることができます。Blackmagic Designの製品を制作の核として使用し、Laurel Canyon Liveを公式に立ち上げ、これまでにない優れた番組を作成できることを非常に喜ばしく思っています。


[ Category : ]
[ DATE : 2021-01-25 ]
[ TAG : ]

関連記事

MOZAAir2Sメイン写真

Gudsen Technology、Airシリーズの新製品「MOZA Air 2S」発表。動きを正確に制御できるスマートマイクロハンドホイールを搭載

Gudsen Technologyは、MOZA Air 2の後継機種となる新製品「MOZA Air 2S」を発表した。予約注文を開始しており、米国での小売希望価格は499ドル。 ... 続きを読む

ZEISS、175年の歴史を迎える。未来に向けた革新の力とは?

2021年に創業175周年を迎えるZEISSは、歴史を振り返る特設サイトを公開した。 特設サイトでは、顕微鏡、月面着陸、ノーベル賞、EUVリソグラフィなどは、ZEISSが歴史に名... 続きを読む

Sony

ソニー、「Camera Remote SDK」Version 1.04提供開始。複数台撮影の対応、有線LAN接続が可能に

ソニーは、リモートからソニー製デジタルカメラの操作・設定変更が可能なソフトウェア開発キット「Camera Remote SDK」の新バージョン(Version 1.04)を、202... 続きを読む

Tokina Cinema 25-75mm T2.9メイン写真

Tokina Cinema、シネマズームレンズ「25-75mm T2.9」のプレオーダー開始

Tokina Cinemaは、シネマズームレンズ「25-75mm T2.9」をプレオーダーを開始した。以前、2021年春に発売予定としていたもの。出荷開始は2021年7月予定。米国... 続きを読む

BenQ

BenQ、プロクリエイター向けモニター「PD2725U」発売。4K UHD解像度、VESA Display HDR400対応

ベンキュージャパン株式会社は、AQCOLORシリーズの新製品として、4K UHD解像度、VESA Display HDR400に対応し、Thunderbolt 3端子付きの27イン... 続きを読む

Xceed

Blackmagic URSA Mini Pro 12K事例:起亜自動車Xceed新CMの場合

Blackmagic Designの発表によると、ザルツブルグに拠点を置くコンテンツ制作会社freystilが、起亜自動車オーストリアの最新広告キャンペーンをBlackmagic ... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. Blackmagic Design製品事例:Laurel Canyon Liveライブ配信施設の場合