Z 7II

ニコンは、同社のミラーレスカメラ「Z 7II」「Z 6II」用ファームウェアVer.1.10を2月25日15時に公開する。

ファームウェアVer. 1.10では、Z 6IIの動画撮影において、4K UHD/60pに対応。さらに、Z 7II/Z 6IIの瞳AFでは、瞳検出の性能が向上する。従来よりも人物の顔が小さいときでも瞳検出が可能となり、安定した撮影をサポートするという。

また、Z 7II/Z 6IIにおいて、Blackmagic Design社製の外部レコーダー「Blackmagic Video Assist 5″ 12G HDR」「Blackmagic Video Assist 7″ 12G HDR」へのRAW動画出力に有償で対応予定。

Atomos社製の外部レコーダー「NINJA V」で記録したProRes RAW動画について、アップルのFinal Cut Proバージョン10.4.9以降で追加されたISO設定、色温度の調整に対応。

なお、既に有償設定サービスを実施したカメラは、ファームウェアVer.1.10へのバージョンアップのみでBlackmagic Design社製の外部レコーダーへのRAW動画出力機能が有効になるという