株式会社エーディテクノは、MATRIX ELECTRONIC TECHNOLOGY社(AVMATRIX)のスケーラー搭載4入力HDMIビデオスイッチャー「HVS0402U」を2021年4月16日に発売する。希望小売価格は税込88,000円。

HVS0402Uは、スケーラー機能搭載のHDMI入力端子4系統と、プログラム、マルチビュー、USBウェブカムの各出力端子を搭載したシームレスHDMIビデオスイッチャー。映像入力する4系統のHDMI入力には、1080iまたは1080pの任意フォーマットにスケーリング変換するアップ/ダウンスケーリング機能を搭載、カメラ、メディアプレイヤー、PC、スマートフォンなどの異なるフォーマットのHDMI信号を入力した場合でもシームレスな切替えができる。

映像出力系統には、プログラム用とマルチビュー用の各1系統HDMI出力端子とUSBウェブカム出力(USB Type-C)端子を搭載する。USBウェブカム出力端子では、プログラム出力の映像・音声をUVC/UACフォーマットにてPC接続でき、OBS等のライブ配信ソフトウェアとの連携を容易とする。

音声入力にはHDMI入力4系統での音声以外にライン入力端子を2系統搭載しており、最大6chまでのオーディオミックスが可能。また、オーディオディレイ機能を搭載し最大500msまで音声遅延を調節できる。音声出力にはステレオイヤホン等の接続用に3.5mmイヤホンジャックを搭載し各入力音声選択でのモニタリングが可能。

映像合成機能として、クロマキー機能、ルマキー機能、最大2窓まで同時表示できるPinP(ピクチャー・イン・ピクチャー)機能、テロップ合成などでよく使われるDSK(ダウンストリームキー)機能、ロゴ表示機能を有しており、テレビのニュース番組などで背景合成やテロップ、小窓表示などの合成映像を容易に作り出すことが可能だという。

本体ストレージに静止画保存できるメディアライブラリーには、プログラム映像のキャプチャ機能や外部USBメモリーからの静止画保存機能を有し、最大16個の静止画ファイルを保存できる。メディアライブラリーに保存された静止画は、ロゴ表示機能などの各種機能で使用することができる。

また、本体設定パラメータは任意ファイル名で外部USBメモリーに保存できる。使用シーンに応じた各種設定を保存し、用途に合わせて呼び出し設定変更が可能。熱による機材トラブルのリスクを最大限軽減するようにコンパクトな筐体には排熱性に優れたメタル筐体が採用された他、"AUTO/ON/OFF"の選択が可能な冷却ファンを内蔵する。また底面に搭載された1/4インチネジ穴を活用すれば市販の三脚などに設置することができる。HVS0402Uの主な特長は以下の通り。

(以下、プレスリリースより引用)

  • スケーラー搭載HDMI入力端子4系統
  • プログラム出力端子とマルチビュー出力端子 各1系統
  • USBウェブカム出力端子搭載
  • USK(アップストリームキー)&DSK(ダウンストリームキー)機能
  • 豊富なトランジションエフェクト
  • 最大2窓までのPIP機能
  • ロゴ表示機能
  • メディアライブラリー機能
  • 2系統ライン入力端子
  • オーディオディレイ対応6chオーディオミキサー機能
  • 3.5mmイヤホンジャック端子
  • 本体底面1/4インチネジ穴搭載
  • スケーラー搭載HDMI入力端子4系統とプログラム&マルチビュー出力端子各1系統搭載