PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. DaVinci Resolve事例:映画「ミナリ」の場合
News

DaVinci Resolve事例:映画「ミナリ」の場合

2021-04-23 掲載

Photo by Josh Ethan Johnson, Courtesy of A24

Blackmagic Designの発表によると、アカデミー賞ノミネート作品「ミナリ」が、FotoKemのシニアカラリストであるデイビッド・コール氏によりDaVinci Resolve Studioでカラーグレーディングされたという。

監督はリー・アイザック・チョン氏、撮影監督はACSおよびNZCSのラクラン・ミルン氏が務めた「ミナリ」は、韓国系アメリカ人一家が、アメリカンドリームを追い求めてアーカンソー州の農場に移り住む姿を描いた作品。特異で起伏の多いオザーク高原で新しく始めた生活は困難に満ちていたが、一家は苦境に負けない強さと家族の大切さを学ぶ、というストーリー。

コール氏:「モンスターズ」と「ミナリ」の作業をしながら、ラクランが他のプロジェクトを撮影しているのと同じ施設で、立て続けに私が最終的なカラーグレーディングを行えたことは、ラクランにとって大きな助けとなりました。FotoKemは、ラクランのために遠隔から作業できるワークフローを構築したので、共同で作業を行えました。

Photo by Josh Ethan Johnson, Courtesy of A24

密接に連携を重ね、コール氏とミルン氏はDaVinci Resolveを使用して、プロダクション用のルックを作成した。

作品のビジョンを綿密に話し合った後、DaVinci ResolveでラクランのデイリーLUTを微調整し、作品全体を通して使用できる、より力強いルックを作成しました。DaVinci ResolveではCUBEファイルを描き出せるので、LUTの作成に非常に便利です。こういったLUTをラクランに渡すことで、様々な状況でどのように機能するかを確認できました。

一家の苦闘を描いた同作の物語と登場人物は、一家の暮らす一帯の風景を中心に展開し、その風景は一家の将来に対する希望を表現している。コール氏はそのアプローチを尊重して作業を行い、監督と撮影監督もそれに追随した。

その感覚を伝えるために、ラクランとアイザックはリアルでありながら、理想的な雰囲気のルックを求めていました。また、二人共、1980年代を背景にした作品であることを、わざとらしくならないように伝えたいとの意向も示していました。そこで、DaVinci ResolveでLUTをさらに調整して、1980年代のアメリカ中西部の雰囲気を大袈裟にならないようにしながら作成しました。

これは、「ストレンジャー・シングス」や「ワンダーウーマン」の影響で、現在とても人気のあるジャンルなのですが、「ミナリ」ではその種のレトロなカラースペースを使用したくありませんでした。DaVinci Resolveのツールのおかげで、ビジュアル面における意向を反映する上でアーティスティックに作業できました。

Photo by Josh Ethan Johnson, Courtesy of A24

同作の自然で牧歌的なスタイルは、全てカメラからのみで得られた訳ではない。さり気なく、かつ効果的なルックを作成するにあたって、コール氏はPower Windowやキーなど、DaVinci Resolveの様々なツールを使用した。

本作では、草原を青々と見せ、空と雲に深みを加えることで、登場人物が思い描く理想の世界を表現するために、広範囲に渡ってキーを使用しました。これにより、困難の真っ只中でも、いつか夢を叶えられると信じている様子を表現しました。

本作は父役のジェイコブ(スティーヴン・ユァン)と母役のモニカ(ハン・イェリ)についての映画ですが、物語は息子であるデヴィッド(アラン・キム)の視点から語られています。トレーラーハウス内でのシーンでは、親密感が得られ、温かみがあるようにしました。特に、デヴィッドが祖母と部屋を共有している場面では、それを強調しました。

そういったシーンは夜間の場面なのですが、夜であることを表現しつつ、登場人物がきちんと見えるようにし、また表情を引き出すようにしました。同作のカラーグレーディングは、常に登場人物の場面ごとの感情を強調することを心がけて行いました。

コール氏は、本作のグレーディングにDaVinci Resolveの様々なツールを使用し、シンプルなシーンでも撮影監督の意図を反映するように作業したという。

ジェイコブとデヴィッドが農場で使う水源を探し、穴を掘るショットがあるのですが、ラクランは素晴らしい構図の鳥瞰ショットを撮影してくれました。グレーディングではシェイプを使用して、草と土の山にゴーボー効果を加えることで深みを加えました。このショットが撮影されたアングルではシャドウがあまりなく、日中に撮影されたので、遠近感に欠けていました。DaVinci Resolveのシェイプのおかげで、シーンにコントラストを追加できたため、面白みのある映像となりました。

別のシーンでは、デヴィッドが引き出しを引っ張り出して、足に切ってしまうのですが、これも頭上からのショットで、またデヴィッドの足と床に血をVFXで追加しました。グレーディングでは、アイザックとエディターのハリー・ユーンと共に、デヴィッドの足の下に追加する血の量を決めました。レイヤリングとロトスコープを使用して、必要な要素を選択し、微調整を加え、ショットを通して血が出てくる様子をアニメートしました。VFXショットは沢山の血が出たショット、クリーンプレートは最小限の血が出たショットを作成し、この2つの間で最適な量を表現しました。


[ Category : ]
[ DATE : 2021-04-23 ]
[ TAG : ]

関連記事

Blackmagic Design

Blackmagic Design製品事例:Joot Inc.およびアパレル会社DotDot DreamのCM撮影の場合

Blackmagic Designの発表によると、Uphill CinemaがJoot Inc.およびアパレル会社であるDotDot Dreamの2社のCM撮影に、URSA Min... 続きを読む

富士フイルムメイン写真

富士フイルム、フジカラーPRO400Hの120サイズを2021年6月出荷終了。予想以上の注文で大幅に前倒しへ

富士フイルムイメージングシステムズは、「フジカラーPRO400Hプロフェッショナル12枚撮5本パック」の120サイズを2021年6月に出荷終了すると発表した。以前、「2022年3月... 続きを読む

ARRI、ARRIseプログラムの募集開始。自分の作品でARRI機材が自由に使えるかも!

ARRIのISP(国際支援プログラム)の拡大延長版として、ARRIse(ARRI Support and Education)プログラムをリリースした。この新しいプログラムは、東ア... 続きを読む

ソニーアップデートメイン写真

ソニー、XDCAMショルダーカムコーダー「PXW-Z750」「PXW-Z450」「PXW-X400」最新ファームウェアを公開

ソニーは、XDCAMショルダーカムコーダー「PXW-Z750」「PXW-Z450」「PXW-X400」の最新ファームウェアを公開した。同社Webサイトよりダウンロード可能。各機種の... 続きを読む

AQUOS R6メイン写真

シャープ、5G対応スマートフォン「AQUOS R6」を商品化。1インチセンサーとライカのズミクロンの称号を得たF値1.9/19mmのレンズ採用

シャープは、ライカカメラ社監修のカメラと、1Hz-240Hzで駆動するOLEDディスプレイ「Pro IGZO OLED」を搭載した5G対応スマートフォンのフラッグシップモデル「AQ... 続きを読む

[週刊アクセスランキングTOP10]2021年5月10日~5月16日

こんにちは!PRONEWS編集部です。 毎週月曜日に前週に人気だった記事TOP10を発表する「週刊アクセスランキング」!今回は2021年5月10日~5月16日のランキングを発... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. DaVinci Resolve事例:映画「ミナリ」の場合