シグマは、光学性能とオートフォーカスと小型化を実現したLマウントまたはソニーEマウント対応フルサイズミラーレス用レンズ「SIGMA 35mm F1.4 DG DN | Art」を2021年5月14日に発売する。希望小売価格は税込115,500円。

35mm F1.4 DG DN | Artは、光学性能最優先というArtラインのコンセプトを35mmの焦点距離で実現。11群15枚のレンズには、SLD2枚、ELD1枚、FLD1枚、非球面レンズ2枚を採用し、カメラ側の機能で補正できない軸上色収差を中心に補正を行う。特にF1.4の大口径ながらサジタルコマフレアを抑制する。長年のレンズ開発におけるシミュレーションと実写検証で培われたフレア、ゴーストへの対策技術により、高い逆光性能も実現しているという。

フォーカス駆動系にはステッピングモーターを採用。フォーカスレンズを1枚構成と軽量にすることで、ステッピングモーターの長所を活かした素早いピント合わせと動体追従性の高いオートフォーカスを可能にしている。ショートフランジバックに最適化された専用の光学設計と、カメラボディ側の収差補正機能を活用することで、F1.4の大口径はそのままに、レンズボディも一眼レフ用機から小型軽量化を実現。光学性能最優先というArtのコンセプトとAF性能、そしてコンパクトさによる利便性、いずれも損なうことなく高いレベルでまとめ上げているとしている。

35mm F1.4 DG DN | Art説明写真

レンズボディにはフォーカスモード切換えスイッチ、カメラから任意の機能を割り当てられるAFLボタンを実装。絞りリングにはクリックのON/OFFを切り換え可能な絞りリングクリックスイッチと、意図しない操作を防ぐ絞りリングロックスイッチを搭載。また、付属の花形フードには脱落防止のロック機構、把握部分にはラバーパーツが採用され、撮影中も快適に着脱可能。

ボディは高精度の加工技術により高いビルドクオリティを実現。パーツ同士の結合部やボタン部分をシーリングした防塵防滴機構や最前面のレンズに施された撥水防汚コートにより、厳しい撮影環境下にも使用できるという。