シャープは、ライカカメラ社監修のカメラと、1Hz-240Hzで駆動するOLEDディスプレイ「Pro IGZO OLED」を搭載した5G対応スマートフォンのフラッグシップモデル「AQUOS R6」を2021年夏モデルとして商品化する。

シャープは、カメラの歴史を築いてきたライカとスマートフォンのカメラの開発・設計において、2020年3月より協業を開始。同機は、第一弾として、センサー・レンズの設計、画質の調整まで含めたカメラシステムの開発をライカと共同で行ったという。

スマートフォンとして大型の1インチセンサーとライカのレンズ「ズミクロン」の称号を得たF値1.9/焦点距離19mmの7枚構成レンズの採用により、集光量で暗い場所でも高感度、広角から望遠までひずみを抑えた撮影を可能としている。

さらに、スマートフォンが得意とするコンピュテーショナルフォトグラフィー(デジタル画像処理技術)を融合。デジタルズーム時にも細部の輪郭まで再現できるほか、夜景撮影時にはノイズを抑えたダイナミックレンジの広い描写を可能としている。

ディスプレイには、1Hz-240Hzで駆動するOLEDディスプレイ「Pro IGZO OLED」を搭載。表示コンテンツに応じて、駆動速度を自動で切り替え、高い省エネ性能と、滑らかで残像を抑えたクリアな表示を両立。10億色の色彩階調と2,000万:1の高コントラスト、2,000nit(cd/m2)の高いピーク輝度により、HDRコンテンツを明るく立体的な映像で表示可能。

加えて、Qualcomm Snapdragon TM 888 5G Mobile Platformと、指紋認証を実現するQualcomm 3D Sonic Max、5,000mAhの大容量バッテリーを採用しているという。