パナソニック株式会社は、新開発のマイクロフォーサーズ・イメージセンサーと画像処理プロセッサーを搭載した、ミラーレス一眼カメラ「GH6」の開発を発表した。ミラーレス一眼「LUMIX G」シリーズのフラッグシップモデルとして2021年内を目処に製品化し、グローバル市場に導入予定。

GH6は、ミラーレス一眼カメラが持つ機動性と多彩な映像表現力の両立を目指した「LUMIX G」シリーズのフラッグシップモデル。高速読み出しを実現するマイクロフォーサーズ・イメージセンサーと画像処理プロセッサー「ヴィーナスエンジン」を共に新開発し、卓越した映像表現を可能にするとしている。

4:2:2 10bit Cinema4K60pの動画記録に対応し、推奨動作温度内において動画記録時間無制限を実現。また、高解像なスローモーションやクイックモーション撮影・編集が可能な、10bit 4K120pのハイフレームレート(HFR)や、バリアブルフレームレート(VFR)記録にも対応。さらに、新開発マイクロフォーサーズ・イメージセンサーの特長を最大限に活かした、10bit 5.7K60pの高解像動画記録にも対応する。

その他、写真・動画のハイブリッド撮影が可能となる豊富な動画記録モードや撮影アシスト機能を装備し、映画やミュージックビデオ、ドキュメンタリー動画、SNS動画など、様々な用途でクリエイターが求める、独創性の溢れる映像表現のニーズに応えるとしている。