株式会社ニコンの子会社、株式会社ニコンイメージングジャパンは、「ニコン Z マウント」を採用したフルサイズミラーレスカメラ対応の中望遠マイクロレンズ「NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S」を2021年6月25日に発売する。希望小売価格は税込144,320円。

NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR Sは、NIKKOR Z レンズの「S-Line」が実現する高い解像性能と、色にじみや色づきを抑えた美しいボケが特徴。同日発表の「NIKKOR Z MC 50mm f/2.8」と同様、NIKKOR Zレンズ初のマイクロレンズだ。最短撮影距離は0.29m、最大撮影倍率は1.0倍で、等倍撮影から、中望遠の焦点距離を活かした風景やポートレートの撮影まで、幅広い撮影シーンに対応するなど、中望遠マイクロレンズに求められる高い性能を有しているという。

大口径でたくさんの光を取り込める「Z マウント」の採用により、同じ焦点距離とF値の従来製品であるNIKKOR Fレンズ「AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED」を上回る高い光学性能を実現。非球面レンズ1枚、EDレンズ3枚を採用した効果的なレンズ構成と、「マルチフォーカス方式」は、近距離から遠距離まで色収差を抑制可能だとしている。