Blackmagic Designの発表によると、インディーズの音楽レーベルであるScruff of the Neckが、ATEM Mini ExtremeおよびBlackmagic Pocket Cinema Camera 6Kを使用したマルチカム・セットアップで、Twitchとの公式提携の一環としてライブ放送を行っているという。

イギリスに拠点を置くScruff of the Neck TVは、新しいミュージック・ディスカバリーのプラットフォーム。3時間に渡って配信される各ライブは、BBC Radioのアビー・マッカーシーとRadio Xのジャック・ウッドが司会を務め、バンドのインタビューやライブパフォーマンスが繰り広げられる。

これまでに90時間以上のコンテンツが制作され、450万回以上再生されている。Yonaka、The Slow Readers Club、Bad Boy Chiller Crew、Lottery Winners、Larkinsらのアーティストが、このチャンネルで取り上げられている。Scruff of the Neckのライブ配信部長であるクリス・ブレアリー氏は次のようにコメントしている。

高品質で、無償アクセスできるライブパフォーマンスと番組制作を提供することで、アーティストたちがファンと再び繋がりを持てることを非常に嬉しく思っています。私たちは、新しいミュージック・ディスカバリーの場を作る一方で、ギグの体験に没頭したり、才能あふれるエキサイティングなミュージシャンたちとの会話に参加したい人たちのためにオンラインコミュニティを構築しています。

ブレアリー氏によると、今回のプロジェクトでは、多用途性と使い勝手の良さが最も重要な要素であったという。

それぞれのショーで4~6台のカメラを使ったマルチカムフィード、そして追加ソースのVTコンテンツを扱っています。ATEM Miniの使い勝手の良さは、このフォーマットを構築する上で非常に重要でした。

またこのチャンネルでは、Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K、Blackmagic URSA Mini Pro 4.6K G2、Blackmagic Micro Studio Camera 4Kなど、Blackmagic Designの他のカメラも使用されている。さらに、SDIカメラとATEMハードウェアの接続にはBlackmagic DesignのMicro Converterシリーズが使用され、ATEM Mini Extremeのマルチビュー出力はSmartView 4Kでモニタリングされている。

私たちは高度な制作価値の番組を制作しています。視聴者が参加しているように感じられる、リアルなライブコンサートに近づけることを目標にしています。2台の移動カメラでパフォーマンスの中に入り込んで映像に動きを持たせる一方、複数の固定カメラをセットの周囲に配置することで、視聴者がより良い位置からパフォーマンスを見られるようにしています。

スタジオ配信の機能を構築する上で最も困難だったのは、新型コロナウイルスによる規制を守りつつ運営を行うことであった。一部屋で作業できる人数が常に限られていたため、少人数の制作チームで作業する必要があった。

幸いなことに、使用していたハードウェアの機能や性能が優れていたため、予想していたよりもスムーズに事が運びました。政府が定めたガイドラインの下で、毎週安全に放送することができました。品質に妥協することもありませんでしたね。

このプロジェクトはコロナ禍がきっかけで始まったものであるが、ブレアリー氏は、再びギグができるようになっても、この放送フォーマットは廃れないと考えている。

リアルなコンサートができるようになっても、このフォーマットを会場に組み入れることで、さらに進化を続けてこの番組に目的を与えていきたいですね。ATEM Mini Extreme ISOは、まだ多くの可能性を秘めています。そこにまだまだ成長や進化の余地があると思います。