KDDIは、Idein株式会社との共同開発により、カメラで撮影した映像データをカメラ内でAI解析し、必要な情報だけを収集可能なKDDI IoTクラウドStandard「エッジAIカメラパッケージ」を2021年6月9日に提供開始した。

同パッケージは、カメラ側でAI解析を行い、必要なテキストデータだけをクラウドに送るため、通信量を抑えることができるほか、画像データはカメラ内で削除されるため、大学や病院などでプライバシーに配慮しながら、公共空間での安全確保やセキュリティの向上に活用することができるという。

また、SIM内蔵の解析サーバー一体型の小型カメラとクラウドをセットで提供するため、設置場所や導入コストを抑えることができる。複数店舗や施設の来店状況、利用者の年代、性別情報など、ニーズに合わせた解析が可能なため、ユーザーの属性に応じた広告の検討や、従業員のシフトの見直し、施設のレイアウト改善が可能。同パッケージの主な特長は以下の通り。

(以下、プレスリリースより引用)

  • デバイスの中でAI解析を行うエッジコンピューティング技術を採用
  • 必要な情報のみをクラウドに送信するため、通信量の低減が可能
  • 汎用AI4種類をラインアップ
  • デバイスはカメラ、エッジ解析AIサーバー、通信機器が1体型の小型デバイス